FC2ブログ
歯の矯正 あとは上だけ
先月の歯の矯正の check up 時、

「次回、下の歯のブラケット取るからね。」

といわれており、ほんとにそうなのかなあと疑いながら、
迎えた今月の check up 。

予定通り、下の歯だけブラケット取れました。


まず、下の前歯6本の裏側にリテイナーワイヤーを糊付け。

その後、「ピザカッターの小さいの」みたいな道具で、
下の歯に糊付けされていたブラケットを削り取るように取り外す。

以前歯科矯正したことがある子供たちから聞いていた情報だと、
「ブラケットを取り外すとき歯が抜けるかと思えるくらいものすごく引っ張られて痛いよ。」
と聞いていたので、覚悟していた。

でも、

虫歯を削る時のキーンという嫌な音はあったけど、痛みはほとんどなく、
歯を研磨されているような感じで終わった。

すごい拍子抜け。
「えっ?これでおわり?ほんとに終わったの?」
みたいな。

矯正歯科医自体が、子供たちとは違う先生だから、
方法が違ってもおかしくはないが。

それとも、最近は、この方法でブラケット取るのかな?

とはいえ、1年と5か月ぶりに下の歯スッキリ。
やっぱり、障害物がないのはいいねぇ。

あとは、上の前歯を内側に倒していくのみ。

年末までに上の歯もブラケット取れるといいなぁ。
frozen shoulder(凍結肩)(2)
3月中旬に凍結肩の診断をもらって、
5月初めからフィジカルセラピーに通い始めました。

参考)06/08/20 frozen shoulder(凍結肩)

フィジカルセラピー、日本で言うところの「整体」にあたるのでしょうか。

週2回ペースで通っていましたが、
6月末にプレスクリプション(処方箋)が切れるとのことで、
その時は、セラピストがかかりつけの医者に直接連絡して
新しい処方箋をもらい、7月もセラピーを継続していたのですが、
それも7月末に切れるとこのと。

で、今回は、

「凍結肩は、治るのに時間かかるよ。また処方箋をもらってセラピーを続けるか、
今まで教えたエクササイズを家で続けるだけにするか、どっちがいい?」

と聞かれ、

「じゃあ、家で頑張ってみます。」と返答。

「痛みがひどくなるようなら、またドクターに処方箋もらってセラピー受けに来てね。」

ということで、フィジカルセラピーは7月いっぱいで終了。
その後、自宅でセルフケアの毎日。

かなり重症だったのが肩の高さまで腕が上がるようになったので、
多少の改善はしてきているのだろうけれど、
まだまだ動作に制限があるので、不便なことに変わりはない。

左肩をかばうので、右肩に余計に負担がかかって、
最近は、右肩もちょっと痛い。右肩まで上がらなくなったら
すごく困るので、気を付けてはいるが・・・。

毎朝起きた直後は、腕や肩周りがこわばって痛いので、
朝の1~2時間は、体ほぐしの時間。
日中もずっと違和感あるし、動かせば痛い。

一向によくならないような気がするけど、
一体いつまでこの痛みは続くのか。

この2~3年、必ず体のどこかに痛みがある。
気が遠くなりそうだ。

痛みがなくなる日がいつか来るのだろーか・・・。

迷う日々
月日の経つのは早いものだ。

もうこのブログはすっかり月ペース(それ以上?)で書いている。
気が付けば、ひと月以上たっていることもしばしば。

この一か月、何していたのか?

マスク作りの後は、

家の中の眠っているあまり布で布草履の試作
ふんどしパンツの試作
リタイア後のための資産考察
介護保険や医療補助保険などの情報収集
youtube 動画見まくり

などなど、タティングとはほぼ関係ないものばかり。
まー、コロナ禍で対面レッスンができないので仕方ない。

そもそもこのブログは、タティングレース教室RKTattingに
興味を持ってくれた人のために、教室の講師(つまり私)
の事を知ってもらえればと思って書いている。

どこの誰ともわからない人にいきなり連絡して教えてもらう
というのも気が引けるだろうから、どんな人なんだろうなと
ちょっとでも知っておいてもらえれば良いかな・・・と。

まー、でも、コロナ禍のこの数か月間で、
「いつなにが起こってもおかしくない世の中だな」
と、まざまざと思い知らされたような気がして、
今後どうするか、よく考えるいい機会でもあったよーな気がする。

プライベート系の事は割愛するとして、
タティング関連であれば、

このブログどうーする?
RKTatting のサイトはいつまで続ける?
RKTatting のFace book page は、どーする?
動画レッスンやメールレッスンはいつまで続ける?

などなど考えておかなければならないことはあるけれど、
それをいつ、どんな形で終わらせるかは、まだ未定。

といろいろな事が頭の中をかけめぐって、
老化で処理能力が落ちてきている脳みそが
パンク寸前。

さて、どうしよう。

まあ、このブログは、しばらくはどうでもいいことを
つらつらと書いていくことでしょう。

マスク作りにせいを出す
先週末からフェーズ4に移ったイリノイ州。

まだ制限はあるけれど、だいぶ規制が緩くなってきた。
このまま以前と同じ状態に戻ればいいけれど。

他の州では、制限解除で一気に人が町中にあふれ、
再度シャットダウンに後退しているところもあり・・・。

3月末にStay home order がでてからすぐに
外出時のマスク着用がほぼ必須になったので、
家にこもっていたこともあって、しばらくの間マスク制作に没頭する日々。
(我が家の最新版マスクの写真は、この記事の一番下)

なんせ、3か月前のその時は、使い捨てマスクを売っているところは少ないし、
売ってたとしても売り切れで買えない。

マスク無しでは、買い出しにも行けない。

ストックしておいた使い捨てのマスクも数に限りがあるので、
これは、作るしかない!!

幸い、家にはあまり布もあるし。

で、最初にいろんな生地で数種類のマスクの形を試作。

立体型はどうも顔にフィットしないので、
プリーツ型で作ることにし、プリーツの折り方をいろいろ試作。

マスクの生地も色々調べてみると、
キルト用の目の細かい木綿
目の細かい枕カバー
マイクロファイバー生地
フランネル
などがおすすめということだったので、

ノーズワイヤー出し入れ可、フィルターポケットありのプリーツマスクを
私用に、普通の木綿やフランネルを表生地、さらしを口布生地で、
旦那用に、フランネルや使い古しの枕カバーを表生地、さらしを口布生地で
いくつか作ってみた。
mask-1


フランネルマスクは使っているうちに毛羽立ちや生地の摩耗が気になってくる。
普通の木綿生地マスクだと、目が粗いのがちょっと気になる。
キルト用生地マスクは割と目も細かくて、生地にもハリがあるので型崩れしにくいかも。
さらしはもうすぐ在庫がなくなってしまう・・・。

旦那用の枕カバーマスクは、旦那の加齢臭が染みついていたので、
旦那本人が数回使ってギブアップ。まあ、作っている最中に
なんだか匂ってたので、そうなる予感はあったが・・・。

で、新品の枕カバーで作り直すことに。

枕カバーは、コロナ渦でも開店していたWalmartに買いに行ってみると、
見事に枕カバーもほぼ売り切れ状態。

手芸店は店舗は閉まっててonline only だし、
メディアでも枕カバーやシーツを材料にすることを言っていたから、
「WalmartやTargetで枕カバー買おう」と、考えることは皆同じなのだろう。

かろうじていくつか残っていた
400 thread countの枕カバーを買ってみた。
色も、サージカルマスクの色に近い水色。

ちなみに、糸は全部売り切れで、買えなかった・・・。

家に糸のストックがあったからよかったものの、危ないところだった。

で、さらし、枕カバー、フランネル、木綿のマスクを
いくつか作って使っていたのが、4月、5月の事。

マスクの形や大きさなどは動画を参考にさせてもらっていたのだけれど、
5月になってくると、AIRism を使ったマスクや大臣風マスクなどの動画が増えてきた。

やっぱり蒸れには立体マスクのほうがいいのかな~?
というのもあって、しばらく大臣風マスクを試作してみた。

結果、マスクの生地が固めのものだといいかもしれないけれど、
枕カバーやフランネル生地だと、大臣風マスクは型崩れしてかっこ悪いなと。

結局、プリーツマスクに回帰。

古くなった AIRism を口布にして試作してみたものは、付け心地はいいけれど、
口に張り付く、生地が薄いから縫いづらい、
新品は通販でしか買えないし、Tシャツ1枚 $15 と、
お値段もそこそこかかるなど、いくつか問題が。

そう思っていた矢先に、たまたま Costco で
「AIRism もどき Tシャツ」が3枚 $8.99 でセールしていたので、
とりあえず、それで試作してみた。

AIRism には程遠いが、さらしよりはいいかも。
マスクゴムとしても使えるし。切りっぱなしでもほつれない。

一番の問題は、口に張り付くこと。

で、それは、口布の裏側に縦にバイアステープを縫い付けて、
ワイヤーを入れて形をキープすることに。

バイアステープ1本というのが動画で紹介されていたので試してみたけれど、
鼻の頭にワイヤーがあたってむず痒い。

で、手間は多少かかるけれど、2本のバイアステープを縫い付けてみた。
これは完全オリジナルで正解。
mask-2


ついでに Costco でマイクロファイバーの枕カバー、シーツセットを売ってたので、
それもお買い上げして表布として試作。


最終的に、我が家の手作りマスクの完成形は、

300~400 thread countの枕カバー生地(水色or紫)と
マイクロファイバー枕カバー生地(グレー)の2枚重ねの表布、
「AIRism もどき Tシャツ(白)」の口布とマスクゴム、
マイクロファイバー生地で作ったバイアステープを
2本口布に縫い付けてノーズワイヤー2本で立体形をキープ、
マスク上部にノーズワイヤー出し入れ可能。
フィルターも入れようと思えば下側から入れられる。

そんなゴリゴリに凝った3枚重ねのプリーツマスクとなりました。
mask-3

まだしばらくはマスク必須だから、まあいいか。

一体、試作でどんだけマスクを作ったんだろーか・・・。

frozen shoulder(凍結肩)

実は、年末に左肩を痛めてしまい、1月初めに激痛で腕が上がらなくなってしまいました。

心当たりがあるのは、左腕のストレッチのし過ぎに加えて、左腕の使い過ぎ。

で、運転できないから旦那に病院に連れて行ってもらい、
urgent care で見てもらったのですが、その時は、

「1か月後にまだ痛いようなら、かかりつけの医者に
フィジカルセラピーの紹介状を出してもらってね。」
ということで痛み止めを1か月出されただけ。

2月初旬。

まだ痛いし、腕も上がらないけど、
イリノイ州で最初のcovid-19の感染者が退院した頃で、
ウイルス感染が不安で、外出する気にならず。
数年前に右肩を痛めたときのフィジカルセラピーのエクササイズや
動画に投稿されている情報などを参考にして、毎日をやり過ごす。

3月中旬。

痛いし、腕も上がらないし、手を後ろにも回せないし、夜間痛もひどい。

コロナが蔓延し始めたようで、これ以上待ったら危険かもと思い、
自分で運転できるくらいまでになったので、病院に行く。

frozen shoulder(凍結肩)の診断を出されて、
フィジカルセラピーの紹介状をもらったけれど、
数日後、stay at home order が出て、
家にこもる。

歯医者がキャンセルされたくらいだし、
そのころちょうど、リハビリセンターでの感染例が多かったので、
不安でフィジカルセラピーの予約を入れそびれていた。

4月。

自宅でエクササイズをやってみるものの、効果が出ず、
動かすと痛いし、腕も上がらないし、手を後ろに回せないし、
夜間痛もひどくて不眠。

動作も制限されて、何をするにも時間がかかって不便。
痛いので、何をするのも億劫になる。

でも、できれば早く治したいから、
どこでフィジカルセラピー受けようかと
施設を探していた。


そして5月7日。フィジカルセラピー開始。
それからは週二日、フィジカルセラピーに通っている。

最初に5分ほど腕漕ぎ運動で肩回りの血流を良くし、
次に20分ほどマッサージと縮こまって短くなった筋肉や腱を伸ばす手技を受け、
最後にエクササイズを20~30分、終わったら、10分間アイシングで冷やす。
(もちろん、ずっとマスクつけたまま。)

というのが、毎回のフィジカルセラピーの流れ。
エクササイズは、家でも毎日続けてる。

約1か月ほど通ったことになるけれど、劇的な変化は見られない。、
でも、夜間痛がマシになったのは、よかったかも。

左肩がうまく使えない分、右腕、右肩に負担がかかって、
右肩も痛くなってきた。右肩まで上がらなくなったら困るので、
できるだけ注意しながら毎日をすごす今日この頃。

復活までには、まだまだ時間がかかりそう。

3か月ぶりの歯の矯正
最後に歯の矯正の check up に言ったのが3月初旬。

そして、covid-19 の影響で 4月、5月の歯の矯正の予約がキャンセルに。

5月中旬ごろに矯正歯医者から
「業務再開できるようになったので予約いつにする?」
と電話があり、やっと歯の矯正を再開できることになって、
先週の6月5日(金)に3か月ぶりにワイヤーを交換しました。

予約を入れるときに、
* 駐車場に着いたら、歯医者のオフィスに電話する事
* covid-19用のフォーム2枚を印刷、サインして持ってくる事
を、事前に言われてました。

で、駐車場について電話すると、予約の時間ぎりぎりまで駐車場で待機するよう指示あり。

時間になってオフィスに行くと、まず、体温計測。
その後、口腔洗浄液で口をゆすぎ、シートへ案内されました。

受付にもウインドシールドが張ってあるし、
ドクターも歯科技工士も受付の人もサージカルマスクで武装。
同時間帯にオフィスに来ている患者も最低限の人数。

そして、滞りなくワイヤー交換終了。

で、痛くて噛めないので、
いつものごとく、数日間ペーストご飯。

順調に1か月後に check up だといいな。


3か月経過して・・・
3月中旬から5月末まで、毎日ニュースはcovid-19関連ばかり。

はじめは、毎日感染者の数が増えていることや感染予防策など、
「これからどうなるんだという不安ばかりが膨らむ」ような、
どちらかというと暗めの内容が多かった。

次第に、医療従事者や生活必需品を用意
してくれる人たちなどへの感謝のメッセージになり、

さらには、自宅でこもっている間、少しでも楽しく過ごそうと
試みている内容が紹介されたりして、
少しずつ、明るい話題に変化していった。

それが今では、発砲や暴行、盗難などの
物騒なニュースに変わってきている。


マスクに関しては、以前は「一般人はマスクをするな」とあれほど言っていたのに、
手のひら返しのような対応で「ソーシャルディスタンスを保てないならマスク必須」と一転。
今では、外出すればマスク姿の人が多い。

ウイルス透過度の低いN95などのマスクは、医療従事者などが優先的に使うべき物なので、
一般人向けのマスクは、鼻や口元をカバーすればいい簡易な物で、
ウイルス感染予防というよりは、自分がウイルスなどをまき散らさないためのものなので、
気休めに近いかもしれない。

予防のためにマスクをする人は、N95のフィルター機能に近い性能のマスクを
作ったり、買ったりと、工夫する。

マスクに慣れていないマスク嫌いな人の中には、マスクはしてても鼻は出してるとか、
同じマスクをしょっちゅう触ったり、つけたり、はずしたりして、
「意味ないじゃん」状態の人も多い。


ここ3か月、イリノイ州だけに言及していえば・・・。

3月下旬からstay at home orderが出て引きこもり。

5月終わりごろにstay at home orderが
解除されてフェーズ3に移行し、少しづつ以前の生活に戻ろうとしている。

コロナの感染者数は、症状が出てなくて検査を受けていない人は対象外なので、
死者数だけをずっと見続けてきた。

4月に入って毎日、倍々に死者数が増えていき、4月末には80人前後、
5月に入ると120人前後の人たちが毎日亡くなっていた。

5月下旬からようやくその数が減り始め、
6月に入った今現在、40~140人の間で
毎日その数には差があるものの、以前に比べればずいぶん減ってきた。

減ってきたとは言え、亡くなる人の数は、4月初めの頃より多い。

他の州でも同じような傾向がみられる。

減っているのは、この2か月の間に自宅待機して、
感染が抑えられたからだと思われる。

だから、自宅待機が解除されて人が密集し始め、
パンデミックの第2波が来るであろうことは十分あり得る。

感染がこのままおさまっていく事もあるかもしれないが、
それは断言できない。

ウイルスが進化するのは普通だし、
それに対抗する人間の免疫システムが進化しても不思議ではない。
ワクチンができたり、薬が開発されれば、それもまた生き延びるための進化の一つ。

進化したものが生き残る自然の摂理に任せるしかないのだろう。

感染者や死者数が減ったからと言って、
気を抜いてはいけない。

ウイルス騒動は、まだ終わっていない。

非常事態の余波
うちでの暮らしは、特に変わったことはない。

しいて言えば、朝、7:00AMから見ていたTVのニュースを
6:00AMから見るようになったことかな。

洗面所にいたときに、旦那がニュースを見て噴き出し笑いしていたので、
何事かと思って見に行くと、ニュースキャスターが、
人ひとり分離れて座っている映像。

ちなみに、今朝のローカルニュースのキャスターは、
2人分くらい離れて座ってた。

6フィート(約 180cm)離れるようにというガイダンスに沿って、
離れて座っているらしい。

一緒に出演していた他の2人が、
ウイルス検査で陽性が出て自宅待機しているらしい。
2人とも元気みたいだけど。

ネット上で出ているニュースは、しかるべきところから出されている情報と、
名の通った新聞社などが出しているニュースなどを主にチェック。

時々、科学的根拠がないグレーな記事も見かけるので、
そういう記事は、さらっと流すようにチェック。

アメリカといっても広いので、
全土のニュースと、ローカルのニュースとでは、
気を付ける点が多少違う。

3月17日の時点で、イリノイ州内の対応は、
学校閉鎖、レストランなどはテイクアウトのみ、
お店によっては、しばらく閉店とか、営業時間短縮
などなど、いろんなところに影響が出ている。

長女は、中学校の教師をしていて、来週から春休みだったのが
1週間繰り上がって2週間の休みになった。

大学生の次女は、今週から大学の春休みで週末に帰宅していたけれど、
春休みが終わったら、自宅待機でオンライン授業に切り替わるそうだ。

大学からの昨日の連絡では、学期末までオンライン授業、
Final Examもオンラインになるらしく、
おまけに、大学の寮も速やかに出るようにとのことで、
急遽、今週から来週にかけて、move-out しなければならなくなった。

大学があるカウンティで感染者が見つかったらしく、
その感染者は、学生や大学関係者ではないけれど、
念には念を入れての措置のようだ。

留学生は、帰国できる人たちはそうするようだけれど、
できない人たちは、寮の一部に残っていいらしい。


感染拡大を阻止するための色々な努力なのだけれど・・・、

今回のパンデミックには、
最初の頃からずっと、
なんか違和感を感じてきた。

ウイルスによる被害そのものよりも、
政府の対応の方法や、メディアやネットで不安をあおられ、踊らされて、
気の病で健康な人までも病んでしまう健康被害のほうが
多くなってしまうのではないだろーか。

買い物制限
先週金曜日に、非常事態宣言が出されてから、
いろんなことに一気に制限がかけられている。

我が家は、週末に1週間分の食料などを買い出しに行くのが常。

トイレットペーパーなどのストック品は、
常に、2週間分くらいは確保してあるので、
今すぐに買い足す必要が無い。

心配性なので、常々、災害時対策のストックを
いつも、少し余分に保管している。
それが、今回は役に立った。


で、いつものように、週末の食料品の買い物に出かけてみた。
念のため、いつもよりも早めに家を出たつもりだった。

でも、

土曜日の朝、Costcoの開店時間(10:00AM)に行ってみると、
すでにレジには長蛇の列。いったい何時に開店したの?

どんなものがなくなっているのか観察してみると、
もちろんトイレットペーパーは無い。
いつもある場所がすっからかんだった。

水のボトルは、一人1ケースまで。

レジに並んでいる人のカートは、山盛りになっている。

2週間引きこもりできるように、
皆、買いあさっているようだ。

我が家は、いつも買っている、リンゴ、バナナ、アボカド、
ビーツ、ブロッコリー、豆乳、卵、ボトル入りの水1ケース、
に加えて、サーモンをひとパック。
豚ヒレ肉が欲しかったのだけれど、あいにく無かったので。


一度帰宅して、11:30AM くらいに近所の
Jewel Osco(スーパーマーケットみたいなお店)に行ってみると、
まー、面白いくらいに棚の一部がすっからかん。

雑貨では、石鹸、ハンドサニタイザー、お掃除洗剤、トイレットペーパー、
ペーパータオル、などが、きれいさっぱり売り切れ状態。TVのニュースで
言っていたものがなくなっている。

食品では、
人参、ホウレンソウ、玉ねぎ、ジャガイモ、牛乳、
チーズ(シュレディッド)、バター、冷凍ピザなどが売り切れ。

対面でお肉やお魚などが売られている冷蔵ケースからは、
お肉が消え、パック売りのみになっている。

なぜか、エビ、カニ、魚類は、いつものように冷蔵ケースに入ってる。

鶏肉は、パックも売り切れ。牛肉、豚肉もいつもの1/4くらいしか残っていない。

いつも買っているものなどが手に入らなかったので、
日曜、月曜と、散歩がてらお店に行ってみると、
若干、品物のストックはあるけれど、それでも品薄のようだ。

まあ、あと最低1週間くらいは、こんな状況が続くのではないかと思われる。

後手後手のウイルス対応
今日(2020年3月9日)から
日本でのウイルス検査は保険適用となったらしい。

では、それで解決なのか?

違うでしょ。

大事なのは、検査で陽性が出た後の処置。

「陽性ですよ、自主的に自宅待機してね。」では
ダメだとわかっているのか?インフルじゃないんだから。

陽性が出た時点で、即座に隔離治療に
切り替えるべきだと、わかっているのか?

隔離治療できる場所はちゃんとあるのか?
対応スタッフは?
市町村や行政の対応は?

ウイルス検査は万能ではない。
感染者すべてが陽性になるわけではない。


現時点で、「あなたは陽性ですよ」と宣告されたら、
「あなたは、もしかしたら死んじゃうかもしれませんよ」と
宣告されたような感じではないだろーか。

検査は、あくまで、陽性反応が出た人に対して
どう対処するかがしっかりできていればこそのもの。

それができていないのに検査だけしても、かえって、混乱をまねくだけ。

なぜ、それがわからない。
認知能力不足の政治家達よ・・・。

陽性患者をいまさら隔離しても無駄だと思っているのかね?


久しぶりにツボったCM
今朝、なにげなくテレビを見ていると、
釘付けになったCMがあった。

一度しか見ていないCMなのだけれど、
また見たくなったので、紙おむつの名前でCMを探し出して、
何度も見てしまった。


おしりのポケットに、紙おむつが一枚ささっている。

すらっとしたイケメンな育メン父ちゃんが、
背中に一人、むね側に一人子供を背負い、
手に子供用自転車をぶら下げてお散歩中。

公園の一部のような並木道を散歩している。
いい天気で緑が生えるいい景色。

どこからか飛んできたボールも
子供に当たらないように
さりげなく手ではたき落とす。

背中に背負っていた3歳くらいの女の子をおろして
手を引いて歩きだす。

女の子が水たまりを飛び越えようとしたときに、
軽く腕を引き上げてかわいいモンキー状態。

道に設置してあるベンチでは、
新米お父さんらしきお兄ちゃんが、
赤ちゃんのおむつ替えをしようとしていた。

紙おむつの質に困っていたお兄ちゃんを見かねたのかどうかは定かではないが、

イケメン父ちゃんは、おしりのポケットからスッと紙おむつを抜きっとって、
無言で差し出す。

    「まるで、バーでカクテルを差し出すみたいにさりげなく。」

    「紙おむつなんだけど、かっこぇぇ~。」

女の子が子供用自転車にまたがる時に
スカートがふわっとめくれて、女の子のおしりに
紙おむつのメーカー名がちらりと見える。


情景、状況が脳みそに焼き付いて離れない。

見終わった後、「秀逸、すげぇ~」
と思った子供用紙おむつのコマーシャル。

Luvs TV Commercial, 'Parenting Pro'でした。


コロナウイルスと、その対応でわかること
今朝、日本在住の妹から

「コロナウイルスの影響で学校が休校になる」

「首相は休校、厚生労働省は保育園と学童保育は
 開所とか言ってて、矛盾してる」

とLINEメッセージが届いた。
妹は、小学生の子供がいるので、直接かかわってくる事。

アメリカの朝のニュースでもほんの少しだけれど、
日本の学校が休校になるということを言っていた。

共働きの家庭は、大変だろう。

首相の対応は、「いまさら感」満載。

学校を休校にしたところで、ウイルス感染は防げない。
感染源は、むしろ大人のいる環境に多いだろうに。

外で大人が感染して、家庭内で子供が2次感染してしまえば、
学校を休んでも意味がない。

学校は、休校にするよりも通常どおりに開校して、
うがい手洗いなどの予防を徹底させることを
しっかり教えることのほうが大事ではないだろーか。

インフルエンザと同じように、
感染者が出たら学級閉鎖などは必要だけど。

「風邪」っていうのは、熱、咳、鼻水、痰などの症状であり、
特効薬が無くて、万病のもとでもある。

肺炎も最初は風邪の諸症状がみられる。

その定義であれば、コロナウイルスもインフルエンザも「風邪」の一部なのである。

特定のウイルスなどが確認されれば、
それは、「風邪」から分離されているようだけれど、
結局は、「ちょっと変わった風邪」なのではないだろーか。

だから、コロナウイルスも、インフルエンザも
名前がついてないウイルス性の病気も、

うがい、手洗いのような基本的な予防が
一番効果的なのである。


日本のニュース記事などを読んでいると、
発熱---来院---自宅待機---再度来院---検査---感染確認
と発熱後に最初に来院してから感染確認まで7日前後かかっている。
しかも、一度家に帰されることがほとんどだ。

感染確認までの間は自宅待機らしいが、
それまでに公共機関をつかっていたりとか、
家族内で2次感染している可能性も否めない。

つまり、感染が確認されるまでの7日間で、
あちこちにウイルスを置いてきている可能性もある。

「高熱が出た患者には即時に検査を実施する」

これを徹底していれば、どれだけ感染拡大を防げたことか。

この検査費用を国が負担すればよかったのでは?

でもいまだに、「公的保険適用対象へ調整」だのと
討論が始まったばかりで、実施までには程遠い様子。

そういうことこそ、審議なんかすっ飛ばして、鶴の一声で実施するべきでは?

休校は鶴の一声OKで、検査費用はNGだなんて。


ところで、冬の風物詩とでもいえそうなインフルエンザ。

アメリカ疾病対策センター(CDC)の推計によると、
アメリカ国内では、19年10月以降の今シーズンで2月1日までに
合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、
来院は1000万~1500万件、
入院件数は21万~37万人、
死亡者は1万2000~3万人となったと推定している。
数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、
罹病ケースを完全に監視することは不可能なため」らしい。
この死亡者の数字は、インフルエンザから他の病気に移行して
死亡したケースなど関連死を含むそうだ。

一方、日本でインフルエンザはどうなっているのかというと。

厚生労働省の人口動態統計によると2018年にインフルエンザで
亡くなった人は3325人。2019年もデータが公表されている9月までに
インフルエンザ死亡者数は3000人を超えている。


じゃあ、2019年11月あたりから発生したコロナウイルスはというと、
2020年2月27日の時点で・・・、

中国では、7万8000人以上の感染を確認、2740人以上が死亡。

日本では、189人の感染、死者2名。

アメリカでは、60人の感染を確認。死者は無し。
risk は Low 。


あくまで数値上の話ではあるが、
コロナウイルスよりもインフルエンザのほうが
よほど怖い存在だといってもいいくらいではないだろーか。

でも、インフルエンザは単なる「流行かぜ」としてしかうけとめられない。
インフルエンザにかかったとわかっても、「自宅待機しとけよ」くらいである。

一方、コロナウイルスは1人でも感染者がみつかれば「パンデミックだ」と大騒ぎ。

なんだろう。
この違和感。

ワクチンが「ある」か「ない」かだけの話じゃないか。

インフルだって、かかってしまえば、死亡リスクはある。
薬があるといっても24時間以内に飲まなければ、
その効果は期待できない。


インフルも、コロナウイルスも、どっちも特効薬は無いだろう。

じゃあ、どうするか?

「うがい手洗いで予防に徹して、免疫力を上げる」

これに尽きる。


で、ここからは私見なのだけれど。

このウイルスパンデミック騒動は、見方を変えれば、
万が一、ウイルステロのようなものが起こった時の
国の取り組み方の度合いを測れる
最高の機会なのではないだろーか。

そういう意味では、日本なんて、ゆるゆるの政府の対応。
世界でうごめくテロリストたちの格好の的である。

「危機感」足りなさすぎ。

出所もわからないようなフェイクニュースを平気で拡散してしまう、
SNSでのんきな写真をアップする、などなど、
仕事してませんよアピール全開の政治家たちにしか見えないのだけれど・・・。

末端で働いている人たちは、きっと頑張っているのだろうけれど・・・。

しょうもない答弁を繰り返したり、対策本部と称して
ただの時間稼ぎするだけでなく、いち早くスペシャリストを
収集するくらいの事をしてくれないものだろうか。

国として、本当に機能しているのだろうか。

今後、日本国内で国際的な集会などがあった場合、
目も当てられない状況が想像できてしまう。

とても怖いことだ。

サイバーアタックなんておきたら、
政治家なんて「早くしろ、なんとかしろ」としか言えないのではなかろーか。

有事にちゃんと指示できる人が、一体どれくらいいるのだろう。

事態が起きた時の早急な情報収集、対策、対応ができる政治ができるように、
今一度、見直していただくことを願うばかりだ。


働き方改革の弊害?
2018年6月に「働き方改革関連法」が成立し、
2019年4月1日から適用開始。

さて、これがちゃんと機能しているのか?

スムーズに導入できた企業もある。
でも、それは、以前からそういう体制で会社が対策していただけではないだろうか。

で、そういう会社ばかりに脚光をあびせ、あたかも働き方改革が
機能しているように見せかけているのではないか。

実際は、できていない企業のほうが多いのではないだろーか。

無理やり定時に帰らされることにより、
仕事が終わらないから、タイムカード上では帰ったことにして、サービス残業。
定時で部屋の電気を消されるから、デスクランプなどで作業。
無理やりとった休暇のために、仕事のしわ寄せの影響が他へ向かう。
などなど、現場で働く人たちにとっては、迷惑なことのほうが多いようだ。

残業しまくって休まずに働けと言っているのではない。

「時間に縛られず、残業をしなくてもゆとりを持って働ける環境」
を作る事こそが「改革」だと思う。

「定時で退社する」とか「一日8時間労働にする」とか、
「有給休暇取得の義務化」というのは、
あたりまえのことだからね。

そのあたりまえのことができてないから法にするしかない。

改革でも何でもない。
それは、数字だけで満足する人たちに
言い訳する材料でしかない。

有給休暇を取りたくても取れない状況にある環境、
残業せざるを得ない環境、仕事の進め方を変えなければ、
根本的な解決にはならない。

で、どこを変えるか。

上層部や管理職の意識改革、& 管理能力の向上。

これに尽きると私は思う。

部下に「やれ」と言って、自分は何もしない
(または、仕事した気になっている)のは、管理ではない。
そういうのは、
  「高度成長期&バブリーな頃の感覚で今も仕事ができる」
と思っている人たちの勘違いである。

世の中は動いている。

世界には、マネージメントに関する教育機関があるにもかかわらず、
そういう勉強をして管理職についている人たちが、
今の企業にどれほどいるのだろう。

「グローバル化」とか「IT化」なんて横文字を羅列している人たちの中で、
本当にその意味を理解し勉強して会社を動かしている人は、
一体どれくらいいるのだろう。

実際に、仕事をしているのは、現場の人たち。
その人たちの能力を最大限に生かして、適材適所に配置し、
「無理のない工期」で実行させる。

もし、問題が起こったら、軌道修正する案をしっかり提示して、
できるだけ現場の人たちが動きやすいように配慮する。

それが本当の管理、マネージメント。
(ではなかろーか。)

管理能力ってぇのは、部下に
「やれ!頑張れ!」とはっぱをかけることだけではない。

でも現実は、「無理な工期」を現場に押し付けて、
工期が遅れたときの解決策もないままに仕事させている。

原因究明より先に、現状回避という逃げに徹する。
だから、いろいろと問題が起こる。

仕事の効率化の方法のひとつに、
「メールチェックの時間を減らす。」
というのがある。

これは大いに効果はある。
ただし、何でもかんでも減らせばいいということではない。

「無駄なメール」のチェックの時間を減らし、
仕事の優先順位を決めることで効率を上げるためである。

プライオリティの高い問題内容を含むメールまで
チェックする時間を減らしてしまっては、元も子もない。
かえって、効率を悪くしているだけである。

そこをわかっていない「効率化」をはき違えている管理職の人たちは、
「メールチェックは一日一回」などと、どこかのだれかが推奨したやり方を
馬鹿の一つ覚えのようにそのまま適用しようとしたりする。

現場にあわせてアレンジできないバカ上司である。

すべての管理職の方々にお願いしたい。

自分が指示しようとしている事が、
かえって効率を悪くすることにならないか、
事態を悪化させてしまわないか、
部下に指示する前に、一度、熟考すべきである。

「一介の主婦がえらそーな口きいて」

と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、
主婦が考えられるようなことを、なんで、
高額な給料もらっている管理職が考えられないのか。

そのほうがおかしくないかい?

数字の帳尻合わせだけでは、ダメなんだよ。


新型ウイルスとフェイクニュース
昨日、アメリカ国内で新型コロナウイルスの
6人目の感染者が出たというニュースがあった。

アメリカ国内で人から人への感染が認められた初めてのケース。

2020年1月31日現在、シカゴ(近郊)では、
2人の感染者がいることがわかっている。

一人は女性で親戚の世話のために中国を訪問していた時に感染したようだ。
2人目は、女性のご主人。この男性が、6人目の感染者。

二人とも、同じ病院で隔離治療されていて、容体は安定している。

ローカルの新聞社やマスコミがアップデートしている速報は大事だけれど、
それで不安を増大させる必要はない。

感染に関する事は、しかるべきところが発表している内容を
客観的に見聞きするのが確実。あえて情報が欲しいなら、

Chicago Department of Public Health
CDC(Centers for Disease Control and Prevention)
DuPage County public health officials

などからの発表内容は、要チェックだろう。

このような機関が、感染者と接触のあった人達を
追跡、調査&経過観察しているから、万が一
また感染者が出たとしても、最小限に食い止められることは想像できる。


隔離治療しているその病院は、
うちから車で15分のところにある大きな総合病院。
マモグラフィー、CTやMRIなどの検査で
何度も行ったことのあるなじみの病院である。

「シカゴ」とニュースで言っていたから、もっとダウンタウンよりだと思っていたけれど、
実は、「シカゴ近郊」で、かなり近くだった。

でも、恐れることはない。
ちゃんと、予防していれば、大丈夫。
一般市民への感染リスクは、低い。


一部では、
「感染者が、日系の食品店で買い物していた」とかいう
ほんとかどうかわからないような情報が出回っているようだ。

いったいどこからその話は出てきたのだろーか。

こういう出所がわからないような不確実な情報は、
信じるべきではない。スルーするに限る。

このウイルスに対抗するワクチンや特効薬は今のところない。
だから、必要以上に心配する人がいるのだろう。

でも、感染、発症のリスクは、インフルエンザでも
他のウイルス性の病気でも同じなのではないだろうか。


中途半端な、参照元もわからないような

いい加減な伝言ゲームが

まことしやかに繰り広げられないように願う。

血液検査とダイエットと歯の矯正

11月中旬に、毎年恒例の健康診断をうけました。

そして、今回の血液検査で、なんと、
コレステロール値、A1C値の両方にひっかかってしまった!!!

やばい。

主治医の子ぎつね先生からは、
「薬飲む?それともダイエット(食事療法)で様子見る?」
と聞かれたので、

「では、まずはダイエットで。」と即答。

ついでに
「pasta, rice, potato とかの炭水化物は、量を減らしてね。」
とダメ出しの一言がつけくわえられ・・・


そして、現在、メニューに悪戦苦闘。
なぜかというと、歯の矯正中で食べにくいから。

歯の矯正が始まってから、ちゃんと噛めないので、
今までのように食べられなくなって食べる量が減り、

xx年前に2人目を生んだ後、おちるどころか上昇傾向にあった体重は、
6か月の間に5キロほど落ちて現在48キロ(身長156センチ)をキープ中。

xx年前の新婚当時のちょうどいい状態まで
自然にゆっくり体重が減ったので、ラッキーと思ってた。

でも、

*固いものが食べられない。
*クリスピー系のものが食べられない。

ということで、生野菜や、固ゆで野菜や炒めた野菜などが
噛みにくいために食べられなくなって、全体的に野菜摂取量が
減ってしまった。お肉系も減ったかな。

そして、体重維持のためにカロリーを取らねばと思い、
食べやすいやわらかいもの、つまり、

ご飯、麺、芋類

などが増え、食後のデザートと称して、
アイスクリームをほぼ毎日食べるという状況。

よくよく考えてみると、おもいっきり偏ってる食事内容。
これじゃあ、血液検査ひっかかるわな・・・。


で、現在、コレステロール対策としては、

*キャノーラ油をオリーブ油に変えてみる。
*油の摂取量を減らす。
*バター、生クリーム摂取量を減らす。
*卵は1日1個くらいまで。

A1C値対策としては、

*砂糖の代わりにメープルシロップ、アガベシロップを使ってみる。
*砂糖を使う量を減らす。
*米、パスタ、小麦粉、芋など、淡水化物系の摂取量を減らす。

という部分を軸にして、なるだけ野菜とタンパク質をとれるような
毎日の献立を試行錯誤中。

甘いものもちょっとは欲しいし、
1回の食事の量が少ないから小腹がすくので、
3時のおやつもホームメード。

私はやわらかいものしか食べられないけど、
旦那は固いものを食べたがる。

でも、いまのところ、基本的には同じものを食べてもらってる。
なにせ、旦那も年明けに健康診断を受ける予定。

旦那は去年、コレステロール値引っ掛かって、3か月ほど投薬してたから。
検診前に出張続きで、食事が不規則だったり脂っこいものが多かったり、
帰ってきたら尿道炎になったりと悪条件が重なってたせいもあるけれど。

投薬後は、正常値に戻ったので、その後は、食事療法に切り替え。

今の食事内容で、旦那のコレステロール値は改善されているのか、否か。
今月は2週間ほど出張で外食してたからなぁ・・・。

ま、そんなわけで、年明けの旦那の血液検査の結果によっては、
またまた、献立を考え直さないといけないかも・・・。

歯の矯正9か月目
3月末からはじめた歯の矯正も9か月目。

ここ数か月は、上の前歯を収めるためのスペース作り、
つまり歯を削るための歯の移動のようだった。

上の前歯4本は結構大き目で、
私が子供の頃受けた日本の矯正技術では、
ガタついた歯を並べるには出っ歯に
なりますよと言われていた前歯。

これをきれいに並べる現在のアメリカの矯正技術では、
それを収納するスペースが必要で、コンサルティングの時に
聞いていた矯正歯医者のDr.クマの矯正プランでは、
「上の左犬歯の隣にあるクラウンを削れば、歯を抜く必要がない。」
ということだった。

で、10月の検診のときにやったことが、
クラウン削り&前歯の一部を削ること。

前歯削るなんて聞いてないよ!!。
まあ、でも歯を抜くよりかいいか。
てか、削らないといけないなら、そうするしかないし。

前歯を削るといっても、ほんとにちょっと。「ヤスリかけた?」って感じ。

クラウンと前歯を削った後、いつものように、
細いゴム紐でブラケットまわりが締め付けられて、
そのあとでワイヤー取り付け。

「これから前歯を内側に倒していくからね。」とDr.クマ。

ワイヤー交換後、「いつもよりすごく痛いぞ」と思っていたら、
数日後、上の前歯一本が、知覚過敏になってしまった。

冷たい水も、熱いお湯もすごくしみるので、
Dr.クマのオフィスに電話して、緊急アポとり。

で、やってもらったことは、ブラケットまわりのゴム紐を切っただけ。
ワイヤーを取り付けてくれた技師さんが言うには、

「今回は、いつもよりも一度にたくさんのことをやったからね。
 知覚過敏になってる歯で噛まないように気を付けてね。
 痛みはちょっとずつ引いてくるからね。」

ということだった。
それから、本当にちょっとずつだけど
知覚過敏もましになってきて一安心。
でも、11月の検診日までに完全には治らなかった。

で、11月の検診日。
上の歯のワイヤーの交換は無し。

やったことは、下の歯のワイヤーの交換と顎関節用プレートの調整。
でも、一番きついワイヤーだったらしく、
「今回のワイヤー交換は、下の歯は今までで一番痛いからね。」
と言われ、そのとおり数日間痛かった。
でも、知覚過敏にはならなかったので、良しとしよう。


そして一か月後の12月の検診日。先週の金曜日。

上の歯の微妙な知覚過敏は、まだほんの少し残っているけれど、
今回やったことは、
上の前歯をちょっと削る、
上ゴム紐取り付け&ワイヤーの交換、
下ゴム紐取り付け&ワイヤーの交換。
顎関節用プレート削り。

それから数日、いまのところ、順調にワイヤー交換後の痛みも
減ってきているし、知覚過敏のほうも無さそう。ちょっと安心。

でも、かみ合わせがすごく悪くて
ちゃんと噛めていないので、ほとんどグルのみ状態。
(かみ合わせをよくするための矯正なのにな~)

固いものや、生野菜、痛めた野菜などは、
ちゃんと噛めないから食べられない。

おいしく食事できるようになるまでには、
まだまだ遠い道のり・・・。

ストリートピアノ
2か月ほど前に、
youtube でピアノの動画を見まくっていた時に、
ほんとにたまたまなのだけれど、
みつけてしまったピアニスト達。

注目株が、3人。


正統派クラシックの「反田恭平」くん。

即興アレンジ超絶技巧の「菊池亮太」くん。

パッと見怪しいけど奏でる音はすばらしい「ござ」くん。


私からすれば、一回り以上(二回り弱?)も年下の男の子達だ。

他にも、「かてぃん」「けいちゃん」などなど、うまい子たくさんいるけれど、
あえて、この3人。

今の一押しは、「菊池亮太」くん。
クラッシックからアニメ、J-popまで、どんな曲でも即興アレンジできてしまう。
しかも、その仕上がりがとんでもなくすばらしい。
こんなことできる人が、他にどれだけいるのだろーか。

きっといるのかもしれないけれど、
そういう未知の才能を表に出せる動画投稿って、
やっぱりすごい。

youtube で、名前で検索すればでてくるから、
ぜひ、聞いてみるべし。

いつが main SALE?
サンクスギビング後のブラックフライデーが終わり、
一応、今年の買い物予定は終了。

今年は、10インチのタブレット(Wifi Only, 128Gb, 3GbRAM)を買ってみた。
スマホで調べ物をするのはPCよりも手軽でいいのだけれど、
なんせ画面が小さいから見づらい。

ということで、まあまあ大きい画面でサクサク検索できる10インチタブレット。
用途は主に、ネット検索、YouTube、Netflix、脳トレゲーム。

PCみたいに、画面の前に張り付く必要がないので、割と便利。
買ってよかったかもと思える一品。

ちなみに、去年は、Keurig Mini。
こちらもこの一年間、結構便利に使ってる。味見してみたい
コーヒー豆を、新鮮な状態でお試し感覚で飲める気軽さがちょうどよし。

タブレットもKeurig Miniも、どちらも底値で買ったから、なお良し。
一昨年買ったクロックポット(2qt)もよく使うので、こちらも便利で良し。
BF2019

ここ数年、サンクスギビング後のセールで買った品物は、
我が家(私only?)にとっては使えるものだったので、
コストパフォーマンスは抜群かも。


さて、アメリカ生活が始まってからずっと見てきたけれど、
年々、クリスマス前セールの日が早まったり増えたりしている。

初めの頃は、サンクスギビング後の

「Black Friday ブラックフライデー」

だけだったのが、朝4時、5時とかの早朝スタートになり、
それから、週明けの

「Cyber Monday サイバーマンデー」

が増え、そのうち、ブラックフライデーが前倒しとなって
木曜日の夕方からセール開始。

最近は、ブラックフライデーの1~2週間前から
ちょっと早めのセールがはじまり、

「Pre Black Friday プレブラックフライデー」、

そして、今朝、テレビでニュースを見ていると、サイバーマンデー後の

「Green Monday グリーンマンデー」

と、どんどんセールの日が増えてくる。

売る店側にとってはかき入れ時のクリスマス前セール。
いったい、どんだけセールの日が増えるのか・・・。

これだけ増えると、いったいどの時期に買うのが
一番お得なのか考え物。

とはいえ、物は増やさないのが一番いいのだけれど・・・。

減らさなきゃいけないのに、増やしてどーする!!!

寒い秋
ハロウィーンの初雪は、次の日にはすっかり溶けてなくなってしまった。

でも、この週末の日曜日の夜中から月曜日の午後まで、
この冬(まだ秋?)2度目の雪が降り積もり、
外気温は、月曜日の朝は22 °F(-5℃)、火曜日は、8 °F(-13℃)、
日中の最高気温は、32前後°F(0℃)。
気温が低くて雪がとけず、辺り一面真っ白。でも、木の葉っぱは紅葉で赤いまま。

そして今日は、朝は8 °F(-13℃)、
日中は最高でも25 °F(-4℃)らしい。
ヒーターも加湿器もフル稼働。

まだ11月というのに、例年の1月頃の気候だとか。

冬が早すぎる。

寒すぎる。

秋はどこ行った???

気温が低いせいか、体温も低めで先週から冬眠モード。
最近、低体温で調子悪くて困る・・・。

11/01/19 ホワイトハロウィーン
昨日は、恒例のハロウィーン。

& 初雪

ハロウィーンに雪が降り積もったのは、ここに引っ越してきてから初めてかも。
朝から降り始めて午後3時くらいまで吹雪。そして、辺り一面雪景色。

103119-1

(網戸越しだからちょっと見にくいかも)
103119-2


市の規制で、Trick or Treatやっていいのは3pmから7pmとなっている。

歩道にも雪がつもっているから、今年はあんまり
来ないかなあと思っていたけど、ポチポチやってきた。

3歳前後の小さい子の仮装は、何着せてもかわいい。
怪獣とかになってると、手まで怪獣の爪になってるから、
キャンディーつかむのに一苦労。

薄暗くなってきた5:30くらいだったかな。

ピンポーンとドアベルが鳴って、ドアを開けると、
そこには、ドアに張り付くように立っているニワトリが!!!

いや~いや~ちょっとこわい~。
でも、おもしろい~。

正確に言うと、ニワトリのマスクをかぶった男の子。
そのニワトリ、目がぎょろっとしてて、怖い。

本物のニワトリをそのまま人間大に大きくしたような感じ。
ま、頭だけなのだけど・・・。

キャンディーをもらった後、そのニワトリは、おもむろにマスクを半分はずしてニッコリ。
中から出てきたのは、小学校高学年くらいのかわいらしい男の子。
しかも、美少年系。

ギャップが・・・。

今年ピカいちで秀逸だった、ニワトリ君。
写真撮れなかったのは残念だった。

雪のせいで、用意していたお菓子が半分以上余ってしまった。
これ、旦那がおやつに食べまくるんだろうな。

123456マイル
8月24日、次女が大学の寮に戻りました。

毎年、年度の初めと終わりに寮の荷物を出し入れしなければならなくて、
入寮、出寮のたびにミニバンで引っ越しの手伝いをするのですが、
その帰り道、奇跡的な数字を記録。

走行距離が123456マイル。(197529.6km)
123456-1


2002年モデルの17歳のシエナです。

古い車なので、ナビは別付け。
このナビも、かれこれ8年以上使ってるかな・・・。
123456-2


17年も使ってるので、あちこちガタがきてるけれど、
まあ、なんとか走ってるから助かる。

ミニバンは引っ越し荷物を運ぶのに便利だから、
あと3年くらいは頑張ってほしいなあ。
「マツコ炎上の火種」について思うこと
なんだか、最近、マツコ・デラックスに思わぬ逆風が吹いているらしい。ここからは、
マツコに関係する発言や伝聞記事に対する私個人の主観による意見。
(以下、敬称略)

>参院選の結果をめぐり、マツコが「5時夢」で「NHKから国民を守る党」について
>「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」などと発言したことについて
>N国党の立花代表は13日の会見で「MXが謝罪するまで毎週お邪魔する」
>と突撃デモの継続を宣言した。

 →政治家なら、もっと他の事しようよ。税金で給料もらってやることが、
  テレビ局への謝罪の要求?仮に謝罪要求できるとしたら、N国党に
  本気で票を入れた人であって、それは党首がすることではない。
  有名人がそういう発言をするたびに、この党首は謝罪を求めに
  行くのだろーか。相手が有名人ならだれでもいいんだよ。きっと。
  「NHKから国民を守る」という事は、政治ではないだろうよ。
  「ふざけてる」と思われてもしかたがないし、そう思っているのは
  他にもたくさんいるはず。


>「SMAPだから使われていたわけで、
> SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか」
 →もともとのSMAPファンは、SMAPでなくなってもそれぞれに魅力を感じている
 けれど、ファンではない一般の人からすれば、一人のタレントにすぎないし、
 特別の魅力を感じているわけではない。

>「あの三人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから」
 →SMAPファンではない一般人である私も、それは一理あると思う。

>「もちろん忖度もあっただろうけど、どの業界だってあるわよ」
 →  一般企業なら、もっとひどい忖度たくさんあるんじゃない?
  というか、日本の気風自体が忖度文化だし。
   「忖度」という言葉が悪い意味で独り歩きしている気がする。

>ネット上では“すっかり体制側の人間”“ジャニーズに忖度(そんたく)する、
>マツコにはがっかり”と批判の声が殺到したのだ。
  →いったい何人の人がそういう批判の声をあげたのか?どこからその数を
  ひっぱってきたのだろーか。実際の数字を見てみたいものだ。
  分母を日本全国の人口数にして、パーセンテージで表現してほしいもんだね。
  「マツコにはがっかり」というけれど、いったいマツコに何を求めていた?

>「5時夢」に、2017年10月17日、稲垣が生出演したことがあった。
>稲垣登場で、同番組のサイトにはアクセスが殺到し、一時はダウン
>するほど反響があった。
  →サイトがダウンしたのは、SMAPファンのアクセスが一時的に殺到
  したからであって、ファン以外の一般人からのアクセスは少ないと思われる。

>同局は、稲垣に月イチでの出演を打診したが、マツコの所属事務所は
>「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れ、この企画は流れたのだとある。
  →伝聞だけど、いったい誰が話したの?ほんとに信用できる人?
  今頃1年半以上前の話を持ち出してくる?
  単発出演なら数字をとれるかもしれないけれど、定期的なレギュラー出演
  となると、番組のカラーにあってないから、どうだろう? というか、
  稲垣本人がこの番組のレギュラーになりたいか?
  ファンは、久しぶりに民放テレビ局で見られたから喜んでいるのであって、
  この番組に出続けてほしいと本当に願っているか?


>「マツコは『xx夜ふかし』で、関ジャニの村上信五と共演して以来、
>ジャニーズ事務所のメリー氏と交流を深めています。
>つまりは、Jサイドの人ということですよ。
  →「Jサイド」って、あなたの主観でしょ。
 仕事をすれば、その相手と交流を深めるのなんてあたりまえ。


>最近は自身の冠番組などで、ゲストの一般人やスタッフに対する
>“オマエ”呼ばわりが失礼という声も聞かれ始めました。
  →もともとそういう言い方をする人だったのに、今更それを言い出すか?
   マツコの売りは、歯にもの着せぬ物言いだったのでは?
   一体誰の声なのか?それこそ、この文章を書いた人は、
   その声の主に「忖度」してないか?

マツコは批判はしても、マツコ自身の言葉で他人をつぶすことは、
そうはない(と思う)。それこそ、「テレビの絵」的に、暴言を吐いている
こともあるだろうし、それを求めている番組や視聴者にこたえているだけ
かもしれない。まあ、人間なので好き嫌いはあるだろうから、嫌いな人に
対してはバッサリいくかもしれないけどね。

マツコには、「言葉尻をとる重箱の隅をつつくような攻撃」には負けないでほしいね。

さて・・・。

伝聞の記事なんて、話の内容が信用できる可能性は、かなり低い。
顔も出さない名乗らない人の話を、いったいどれだけ信用しろというのか?

噂話にしてもそうだけど、伝聞内容をそのままうのみにして、
自分でその内容の信用性を確かめない人は、その人自身が所詮その程度。

確かめるすべがないのなら、話半分で聞き流しておくもんだ。


発言が文字におこされ、証拠として使われる。

発言が文字に起こされる時点で、本人の本意がゆがめられる場合があることも。

そしてその内容は、それを読んだ人の受け取り方次第。
それは、受け取った人の主観によるものだから。

意味が全く違うものとしてとらえられると、
その内容は、ほとんど伝言ゲーム。

言葉って難しい。


「出る杭は徹底的に打たれる。」

もう、これは、最近の日本の社会そのものではないでせうか。
(昔から?)

名前を出さない顔を出さないどこのだれかわからない奴らが、
自分たちが気に入らないやつを、つぶしにかかる。

陰湿な公開いじめに近い。

最近の日本のメディア、SNSなどの雰囲気って、正直いってすごく悪い。
(すべてじゃないけどね。)

もっと、情報や言葉を発信する側の意識を、変えてほしいものである。

歯の矯正中の食事
先日、上の歯にブラケットをつけて下の歯はワイヤーを締め直してから、
やっと痛みがおさまってきたので、
ちょっとずつ固形の物を食べられるようになってきました。

歯が動いているときは、食べるときに歯にあたると痛いので、
食事にいろいろ気をつかう・・・。

「食べたいけれど、噛めなくて食べられない」というジレンマの末、
工夫することいろいろ。

ハンドブレンダーやフードプロセッサーなどが大活躍中。


最近の朝食のメニューはお決まりの「抹茶豆乳&黒ごまバナナ」
072619-01

抹茶豆乳を作る時は、ミルクフォーマーが便利。
072619-02

黒ごまは、フードプロセッサーで細かく粉砕。

最初は、黒ごまを抹茶豆乳に入れて飲んでいたけど
最後のほうで残ってしまうしブラケットにも引っ掛かりやすいので、
バナナをつぶしながらごまを混ぜ込むようにして一緒に食べるようになった。

見た目はあまりよくないけれど、
栄養的には抜群ではなかろーかと自画自賛。

果物類は、歯茎でかみつぶせる硬さが基本なので、
メロンとかスイカなどは、小さいサイコロ状に切り刻んで
つつきながら食べている。リンゴは、すりおろしオンリー。

最近チェリーが安くなっているので買ってくるのだけれど、
矯正中はすごく食べにくい。口の中で種を出すのが一苦労。

で、食べる前に種をあらかじめ出しておくことにした。

使うのは、割りばしと、ペットボトルの飲み口部分を切り取ったこれ。
切り口をチャッカマンであぶって滑らかにしてある。
072619-03

お皿の上にこれを置いて、飲み口部分にサクランボを置く。
枝の付け根を真下にしておくとGood。
072619-04

それから、割りばしを真上から突き刺す。
すると、種がポトンと出てくるしくみ。

失敗することもあるけれど、一発で種が出てきた時の気持ちよさ。
これが、結構はまってしまって、食べるのそっちのけで
種出しに夢中になってしまうこともあり。
072619-05

そして、穴のあいたサクランボが皿の上にズラッと並ぶのでした。
赤い画面
日本のニュースは、MSN Japanで
記事を読むことが多いのですが、

2~3日前から、時々、記事が表示される
ウインドウが勝手に赤い画面に切り替わって、
「Google Chrome Critical error!」メッセージが
表示されることがおこりました。

こんなの。
赤画面

今日は、同じような内容のメッセージで、
表示されている電話番号が違うものが2回。
偽サイトでしょう。

念のため、ブラウザで電話番号を検索してみると、
その電話番号は「NOT SAFE」と出てくる。

そもそも、Google Chrome で出ているエラーを
なんで、Microsoft がサポートするんだ!

銀行のサイトに不正ログインされようとしているなら、
銀行のサイトでまずブロックがかかるだろうし、
不正な操作がされているかを確認するなら、
銀行に電話するのが確実。

今のところ、他のサイトを見ているときにはおこらないので、
MSNのサイト内に何かあるのかな?
エラーがでた記事(画面)は、削除されているようだけど。
きっと、いたちごっこなのかも。


画面が赤いし、エラーって表示されてるから一瞬ビビるけど、
冷静に対処しましょう。

この手の赤い画面は、PCだけじゃなくて
スマホのブラウザでもおこるらしいから、
気を付けませう。

この赤い画面が出たときは、とりあえずスクリーンキャプチャしてから、
ウインドウをいったん閉じた後で、念のためにブラウザの履歴や
クッキーなど全削除してますが、はっきり言って、うっとおしい。


以前、

「こちらマイクロソフトですが、あなたの家のPCが
ウイルスに感染している危険があります。チェックしてあげるから、
今すぐ、今から言うサイトにアクセスしてみてください。」

という電話がかかってきたことがある。
とにかく、サイトにアクセスしろとうるさい。

そのときどういう対応したかというと、
「なんでうちのPCが危険ってわかるの?」
「マイクロソフトに電話番号登録した覚えないけど、
 なんで、うちの電話番号知ってるの?」
「セキュリティソフト入れてるし、うちの旦那は、
 ソフトウエアエンジニアだからそんなサービス必要ないよ」
などと言い返してみた。

相手の英語がすごくなまってて聞き取りにくかったので、
「なんて言ってるかわからない、もう一度言い直して」
などとしつこく聞きなおしていると、

相手はしまいに、
「英語がわからないなら自分の国に帰れ」
などと、暴言を吐き始めたので、

「I do not need your service.」と言って、
受話器を置きました。

英語の練習だと思って相手してたけど、不愉快。

こういううっとうしい輩がいるので、
日ごろから気を付けてます。

歯の矯正4か月目
3月末から始めた歯の矯正。
昨日で、約4か月。

それまでは、下の歯のみブラケットをつけてました。
出っ歯になってる上の歯を内側に入れるためのスペースを作るために、
まず、下の歯だけ内側に入れる期間。


2回目、3回目のチェックアップの時は、ワイヤーを変えるだけだったので、
痛みは数時間でおさまって、食事も翌日にはある程度噛めてたけれど、

昨日の4回目のチェックアップで、上の歯全部にブラケットをつけました。
下の歯もワイヤーを締めなおしたので、口の中が痛いのなんの。

初回にブラケットをつけたときみたいに痛みが続くし、
噛めないのでほぼ流動食。

昨日の晩御飯は、噛めないことを考えて卵丼。
自分の分は、ご飯をおかゆにして卵丼の具も一緒に煮込んで
やわらかくしたつもりだったけど、それでも、痛くて噛めない。

で、これ(アメリカ版バーミックスみたいなの)を使って、
卵丼を卵丼ペーストにして実食。
grinder

味は・・・、うん・・・、卵丼。
味の濃い離乳食。

子供たちからは、「なにそれ」と変な目でみられ・・・。

でも、痛いから仕方ないんだとひらきなおり、
デザートにヨーグルトとアイスクリーム。

固形物一切なし。

今朝の朝ご飯は、
抹茶豆乳、マッシュドバナナ。

昼ご飯は、残っていたカレーと別に作ったおかゆを一緒に煮込んで、
これまたバーミックスでドロドロに。

味は・・・、うん・・・、カレー。
ま、とりあえず、おなかは満たされた。

さて、今夜の晩御飯はどうしよう。

今回は、痛みが長引いて噛めない。

いつまで続く離乳食・・・。


ところで、上の歯にもブラケットを付けたので、
今まで使っていたこのナイトガードが使えなくなりました。
nightgard

下の前歯にあたるところを盛り上げて細工して、
下の前歯だけがナイトガードに接触して、
奥歯が接触しないようにしてあった代物。

で、新しくもらったのがこのプレート。
歯がついてない入れ歯みたいだ。
plate

上の歯の裏側にくっつけるように装着して、
下の前歯がこのプレートに接触するため、奥歯どおしが接触しないので、
今まで使っていたナイトガードのように、顎関節症予防になるらしい。
下の前歯を下に沈めるように動かす作用もあるのかな?

ま、歯が動くにつれてこのプレートも微調整するらしいので、
チェックアップの時に毎回持ってくるようにとのこと。

そして、いつものように、ブラケット用歯ブラシと、
痛み軽減ワックスをもらって帰るのでした。

ブラケットつけた直後から、もう取り外したい衝動に駆られてしまう。
でもあと最低14か月の我慢。
歯の矯正はじめて2か月
年末年始にかけて、知覚過敏と顎関節症に悩まされて数か月。

1か月おきに矯正歯科医のDr.クマのところへ通い、経過観察してきました。

そして3月末に、そのDr.クマから、矯正スタートOKの判断が出て、
早速、歯の矯正を始めることに。

そして、この2か月。
矯正の痛みと食事制限に振り回される毎日。


なぜ今になって歯の矯正を?

実は、子供の頃、下の前歯1本が上の前歯にかぶさっているという
歯並びの悪さで、歯の矯正をうけたことがありました。

でも、そのころの矯正歯科医の技術では、
「前歯はきれいに並べられるけど、出っ歯になりますよ」
とのこと。

その後、数十年、特に不自由なく暮らしていたので、そのまま放置。

ところがここ数年、夜間の食いしばりや、
度重なる奥歯のクラウンの作り直しなどが続き、
歯並びが悪くなってきたなと感じ始めたころに受けた歯医者のチェックアップで、
「歯の矯正したほうがいい」
と勧められるようになりました。

いろいろと調べてみたところ、このままにしておくと、
上の前歯が押し上げられて、最後には抜けてしまう可能性もあるらしい。

実際、上の前歯はほぼ使っておらず、飾り状態。
トンカツみたいなパン粉の揚げ物などをかじったら、
上の前歯の裏側の歯茎付近が、カリカリのパン粉で傷ついて痛いこともしばしば。
(わかるかなあ、この状況)

費用も安くはないので、今まではタイミングを逃していたけれど、
子供たちの大学費用のめどが立ったので、
そろそろ歯の矯正始めてもいいかなと。

で、去年の年末に、矯正歯科医にコンサルティング受けて、
矯正プランなどを聞いた矢先に、こじらせてしまった
知覚過敏と顎関節症でした。


さて、その矯正プラン。

私の場合、

*左上の犬歯の隣にあるクラウンを削ることでスペースを作るので、
  抜歯は必要なし。
*まず、下の前歯をきれいに並べながら内側に倒して、
  上の前歯を収めるためのスペースを作る。
*次に、上の前歯の矯正をはじめる。
*最後に、奥歯のクラウンを作り直して、奥歯に高さを出す。
  (これはかかりつけの歯医者さんでやってもらうことになる)
*18か月の矯正ブラケット装着。
  その後、2か月間、食事時以外はリテーナーを装着。
  その後は、無期限で夜間のみリテーナー装着。

というものらしい。


3月末に、矯正スタートして、ブラケットを付けたその日にもらったのが、
ブラケットメンテナンス・スターターセットみたいな道具一式。
ortho -031719

入っているものは、
矯正時用のフロス、ブラケット用歯ブラシ、歯間ブラシ、
歯間ピック、携帯用歯ブラシ、シリコンワックス3ケース、などなど。

足りなくなったり、古くなったりしたものは、
毎月の定期健診&ワイヤー調整時に
必要なだけ支給してもらえるので、自分で買う必要はない。

最初の1週間は、ほんとにやわらかいものだけしか食べられず。
おまけに、右上奥歯の一本が知覚過敏っぽいので、
かろうじて噛めるのは、左側奥歯上下4本のみ。

2~3週間目。
右上奥歯の知覚過敏はおさまったものの、
今度は、食べ物を噛む時だけだけれど、神経をとったはずの右下奥歯が痛い。
まだまだやわらかいものだけしか食べられず。

4週間目。
唇の裏側が、ヒリヒリ傷んで、シリコンワックスが手放せない。
食べ物を噛む時だけだけれど、右下奥歯はまだ痛い。
ちょっと固いものを食べられるようになってきた。

バナナ、アボカド、卵、豆腐がほぼ主食。
costco で売ってる個包装のマドレーヌがおやつ。

まるで、離乳食か介護食。
歯茎でつぶせる硬さが基本形。

子供たちは、大学近くの寮とアパートにいたし、
旦那が出張でほぼ家にいなかったので、
食事の用意の手間が省けて、助かった。


そして、1か月目の定期健診のころには、
下の前歯のがたつきはだいぶなくなる。

定期健診では、細いゴム紐みたいなものを結び付けて、
ワイヤーを新しいものに変えた。、
帰りに、シリコンワックスを5ケースと
新しいブラケット用歯ブラシがお土産。
ortho wax etc 042419

次の1か月。
食べ方のコツがわかってきたので、
だいぶいろんな種類のものを食べれるようになってきた。

相変わらずやわらかめのものが多いけど。

今度は、旦那や子供たちが家にいたから、
「固いものが食べたい」とうるさかったので、
歯ごたえのある物もある程度用意しないといけなかったけれど、
そこは、やわらかいのと固いのを半々くらい。

唾液がたくさん出ているときは大丈夫だけれど、
口の中が乾き気味だと、ブラケットの角が唇の裏側に食い込んで、
ヒリヒリ傷んで、シリコンワックスが手放せない。
痛みがましになるという塩水うがいも試すけれど、一時的なもの。

そして、この1か月で、下の前歯が内側に入ってきた。


今日は、2か月目の定期健診の日。
歯の矯正を始めて、すでに2か月経過。

細いゴム紐みたいなものを縛るように取り付け直して、
ワイヤーを新しいものに変える。

「歯ブラシとかいる?ワックスはひとつ?ふたつ?」
と聞かれたので、「Yes」と答えたら、

シリコンワックス3ケース、新しいブラケット用歯ブラシに加えて、
歯間掃除ブラシ、携帯用歯ブラシまでくれた。
ortho wax etc 05221

ファーストフードの持ち帰りケチャップかというくらいのノリで、
これならどうだと言わんばかりにドーンとくれるところは、
太っ腹なのか、特に考えてないのか・・・。

今度は、下の歯の犬歯辺りを内側に動かしていくそうだ。
で、うまくいけば、7月末くらいから、上の前歯の矯正も始めるらしい。

一応、矯正過程の写真は1か月おきくらいに
携帯で写真撮って残してあるけれど、
あまり、お披露目するようなものでもないので、
ブログでは省略。(見たかったらご連絡を)


ワイヤーを取り換えた直後は、じっとしててもじわじわ痛い。

食べてる時に、矯正している歯に、箸、スプーン、フォークなどがあたると、
ビーンと響くように痛い。

食事中は、矯正している歯では、もちろん痛くて噛むことはできないので、
ブラケットをつけていない奥歯で噛んでいるけれど、
噛む位置が悪いと、矯正している歯に食べ物があたったりして痛い事もあり。

不便・・・。

前歯で物を噛めるようになるまでには、
まだまだ、遠い・・・。
長女が大学卒業 graduation 2019
週末の11日、長女の大学の卒業式でした。

graduation 2019-s1

とりあえず、無事、大学を卒業はしたものの、就職先を決めるのはこれから。
major は、Education(Elementary Education)。

卒業したけれど、先生になるためのcertificateは、
まだもらってないらしい。

「やることがありすぎていちいち説明するのが面倒だから、
とれたらちゃんと教えるから」

と長女が言うので、これからどういう手順を踏むのか、
詳細は教えてくれない。

で、デュアルランゲージを教えるような先生の免許をとるためには、
卒業後にオンラインで授業を受けないといけないらしい。

「内容が大学院レベルの難しいものだから、大変だ」と
先日ちらっと言っていたけれど、どう難しいのかも不明。

実は、卒業前に、教育関連とは全く関係ない企業からの就職オファーを
受けたので、とりあえず申し込んだら内定はもらえてた。

給料も、教職に比べればきっとだいぶいいので、
「一年間くらい普通の企業で働いて、お金をためて、経験積んでから
先生になるという手もあるなあ」
と言ってたこともあったけど、結局、そこは断ったらしい。

で、今は、オンライン授業、バイトと並行して、
就職活動をするらしい。

独り立ちできるまでには、まだ遠い?
年末の顎関節症のその後(2)

参考)年末の顎関節症のその後(1)

ナイトガードを作ることになったのはいいけれど、
クリスマスのホリデーシーズンのため、
歯型をとってから手元に届くまで約2週間。

その間、ADVILとホットパックでやりすごす。

薬が効いたのか、だいぶ痛みも減ってきた。
薬の量も、減らしても大丈夫になってきていた。

その間、顎関節症についてネットでいろいろ検索してみる。

結局、わかったことは、
「それが起こる原因は人によっても違うし、
原因も一つとは限らない」
ということだろーか。

で、2週間の間に実践したことといえば、

*できるだけリラックス
*日中、歯を食いしばらない
*血行を良くする

ということかな。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
とはよく言ったもので、

Soft Food Diet と言われていたものの、
痛みがましになってくると、いつもの食事が恋しくなり、
普通の硬さのごはんとか、つい家族と一緒に食べてしまってたりした。

今考えれば、それも良くなかったかもね。

さて、年明けて1月2日。
注文していたナイトガードがやっと到着したとのことで、
取りに行ってはめてみる。おさまりが悪かったので、
ナイトガードをDr.ゼペット爺さんに調整してもらう。

さっそく、その夜からナイトガードを使ってみた。

次の朝、痛い。
その次の朝、やっぱり痛い。
毎日痛みがひどくなってくるようだ。
痛くなかった左顎も心なしか痛い様な・・・。
雑巾を絞るようなギューとした痛み。

痛いので、ADVILの量が増えた。
ADVILなしでは、夜眠れない。

一日中、痛みレベルマックス 10。


これはナイトガードがあっていないのではと思い、
週明けに、Dr.ゼペット爺さんにアポ取って見てもらう。で、

「すぐにDr.クマにアポ取って、ナイトガード見てもらってね。
うちからDr.クマには今の状態を連絡しておくから。
それまでは、ナイトガードを使うのを控えてね。」

ということで、Dr.クマに見てもらう。

Dr.クマの見解は、

「ナイトガードに下の前歯があたる位置が悪くて、
下あごの位置が後ろの方に引っ張られるようになってるために、
筋肉の痛みが増したと思われる。ナイトガードを調整して、
下の前歯があたる位置を前の方にしたので、これで様子を見て。」

とのこと。

*とにかく、リラックスして、筋肉をゆるめること。
*Soft Food Diet。
*ナイトガードは夜だけ使用。
*痛みにはホットパック
*口を大きく開けない

まあ、注意事項は似たようなもんだな。

で、調整後のナイトガードで一晩。 次の朝、痛くない。
すごい、さすが矯正専門医。

でも、痛くないと思ったのは、ほんの一日。

次の日から、また痛み始める。
ADVILが手放せない。

1週間様子を見ながらナイトガードを使ってみたけど、
痛みは変わらず、むしろ、いままで痛くなかった顎関節周りが
痛くなってきたような・・・。

「痛かったら連絡してね」と言われていたので、
ナイトガード調整後4日目に電話してみたところ、
「もう少し様子みて。」と言われる。

ADVILをもう10日以上飲み続けているので、
気になって、それも聞いてみたら、
「飲み続けてもいいよ」ということだった。

もう、すでに、ADVIL依存状態。
ADVILなしでは、夜眠れないほど痛いので。
薬の効能が切れて、痛みで夜中に目が覚めるということもしばしば。
だから、睡眠不足気味。

でも、ADVILの量は、少しずつだけれど減ってきている。
やっぱり、ましになってきてるのか?

約1週間後、ADVILをのむのは、
8時間から12時間置きくらい、1回一錠、一日に1~2錠まで減った。

最初のころに、1日8錠飲んでいたことを考えれば、
随分よくなったのだろう。

でも、ナイトガードを使い始めて1週間後くらいから、
右側のクラウン治療した歯にひどい知覚過敏が発生。

水もお湯もどちらもしみるし、その痛さが半端ないくらいグワァ~と痛み、
そのあとは、ズキズキするような痛さが続く。
おまけに、絞るような痛さも。

ただ、ずっとADVILを飲んでいたので、もしかしたら、
このズキズキする痛みは以前からもあったものかも。

もしかしたら、薬の量が減ったから、
ダイレクトに痛みを感じるようになったのかもしれない。


ある日、調子が良かったので、寝る前、
多少痛みはあったもののそのまま布団に入る。

でも、どんどん痛くなってきて、鎮痛剤を飲むために起きる。

薬が効いてくるまでは、痛すぎてじっとしていられないので、
クマのようにうろウロウロ。ちょっとでも血行を良くしようと
青竹ふみなんかやったりして。

薬が効いてきたのか、痛みが少しましになってきたので、
そのまま布団にもぐりこんだ。

あまりにも痛かったので、その日はナイトガード外して寝た。

次の朝、寝不足で寝起き最悪。
顎の具合は、ナイトガードを外してみても大して変わりない。

念のため知覚過敏用の歯磨き粉に変えて3日目だけど、
その効果はあまり見られない。

知覚過敏があまりにもひどいので、
Dr.クマのオフィスに電話入れると、

「知覚過敏が問題の1本の歯だけなら、
 それは、Dr.ゼペット爺さんに見てもらってね」

ということで、Dr.ゼペット爺さんに会う。で、

「これは、TMJと知覚過敏が一緒におきているね。
 次の段階に進もう。できるだけ早く神経を取った方がいい。
 この痛みは、知覚過敏の歯磨き粉で治るものではないから。
 神経取らないと、この先も痛みは続くよ。」

と、Dr.ゼペット爺さんがおっしゃる。
ついでに、問題の歯にナイトガードが絶対あたらないように、
ナイトガードを若干調整してくれた。

その1週間後、root canal treatment(nerve treatment)。
つまり、歯の神経を取っ払いました。


それからは、あらまあ、
「今までの苦しみは、いったい何だったんだ!!!」
というくらい、痛み激減。

Dr.ゼペット爺さん、ナイスジョブ!

「temporary filling を埋めてるから、これでしばらく様子を見て、
 大丈夫なら、permanennt filling を入れよう。」

ということで、3月初めごろに、予約。


TMJの不快な痛みがまだ、多少残っているけれど、
以前と比べると、断然調子がいいのなんの。

今思えば、過去にも、右側の歯ぐきは絞るような
痛みが続いていたこともあったと思うけれど、
その頃は、それが顎関節症の症状のひとつだとは
思ってもみなかった。


結局、痛みの原因と対策は

*顎関節症(TMJ)
  原因:歯科治療で、長時間、口を開けすぎて、
    もともとあった顎関節症の症状が悪化した?
    作ったナイトガードが、最初のうちはあっていなかった?
    気候、冷え性、年齢のせいで血行が悪くなって、
    必要以上に、体中が緊張してた?

  対策:ナイトガードを使う、ナイトガードの調整、ツボ押し(手、足の裏)

*知覚過敏のひどいの
  原因: クラウンが薄いため、神経まで近くて、
    歯科治療がきっかけで神経が過敏になった?
    問題の歯に、ナイトガードがあたって、知覚過敏が悪化?
  対策:神経を取る、ツボ押し(手、足の裏)

ということでした。

痛み対策で、合谷のツボがとっても効いたのは
「目からうろこ」もの。


約3か月の戦いが、今、終わる。


でも、TMJは、完治しないよ~。
また悪化しないように、気をつけねば。
年末の顎関節症のその後(1)
年末から苦しめられてきた顎周りの痛みは、
結局、結論から言うと、

*顎関節症からくる筋肉の痛み、顎関節周りの痛み
->顎回るの ギューっと絞るような痛み
  顎関節周りの不快な痛み、耳の痛み

*知覚過敏のひどいの
-> ズキズキ、グワーっとくる痛み

の2つが原因でした。

この2つが重なったことで、
順番に原因を究明、解決といった3か月の
スローペースの治療になってしまったようです。


事の起こりは、11月初旬のこと。
右下一番奥の歯のクラウンの一部が欠けたことでした。

硬いおかきを食べてて、ぽろっと。
欠けたのはクラウンの小さなカケラ。

欠けたからと言って、特別痛みはなかったのだけれど、
それをほっておいたらいけないと思い、
歯医者に行ったのが数日後。

クラウンを新しく作り直してもらったのですが、
帰宅して麻酔が切れると、歯茎がギューっと痛いし、
食べ物を噛むと新しいクラウンをかぶせた歯が
ピンポイントで痛い。だから右側で噛めない。

この時は、噛むときだけ痛いという症状。
歯茎のギューは、そこまで深刻ではない。

噛むときだけ、痛みレベル7。

これは、クラウンのかみ合わせがあっていないのだろうなと思い、
歯医者に通ってかみ合わせの微調整。


もともと、奥歯の高さが低く、それにくっつけるクラウンの厚みは
5mmもないくらい薄っぺらい。だから、歯の神経にも近い。

「削りすぎないように、微調整はほんとに少しずつするからね。」

と、シカゴに引っ越してきてからずっと治療してもらっている
かかりつけの歯医者さんがのたまうので、
それから数日、毎日のように、歯医者に通ってかみ合わせの微調整。

余談だけれど、この歯医者さん、見た目が
ディズニーのピノキオに出てくる「ゼペット爺さん」っぽい。

で、ほぼ毎日のように通うものだから、
Dr.ゼペット爺さんが治療室に入ってくると、
「どうしたんだい、まだ調子悪いの?」という顔をする。

通い始めて1週間しても、噛んだ時の痛みがなおらないので、
歯のレントゲンを撮ったりして異常がないか確認してくれるけれど、
見た目は、まったく問題ないらしい。

で、Dr.ゼペット爺さんの見解としては、

*クラウンの接着面が不均一で、噛むたびにクラウンが動くせいで痛むのか?
*レントゲンに異常は見られないから、感染による炎症ではないと思われる。
  でも、神経に近い部分で、なにか炎症が起きているのか?
*クラウン自体が薄いので、神経に直接刺激が伝わっているのか?

というようなことが考えられるらしい。
そこで、提案として、

「もう一回微調整しても痛みが治らなかったら、
神経とか内部に炎症がないかどうか確認するために、
取り付けたクラウンを削り取って、もう一度作り直してみよう。
これは、無料でやるから安心してね。」

ということになり、とりあえず、最後のクラウンの微調整をして、
「これでだめなら、クラウン作り直しのアポを取ってね。happy thanks giving!!!」

と、にこやかに挨拶され、そのままサンクスギビングの休暇に突入。

サンクスギビング中、やっぱり痛いので、休暇明けにすぐにアポの予約を入れるも、
それは、12月の初め頃。

欠けたクラウンの作り直しをした時から、すでに1か月が経過。


で、12月初旬に、また1時間半ほどかけて治療開始。
前のクラウンを削り取って、内部を確認して、新しいクラウンに付け替え。

結局、Dr.ゼペット爺さんは、
「クラウンは、きれいにくっついていたし、神経にも異常はないので、
 クラウン自体に問題はないようだ。」
という説明をくれて、

「大丈夫だと思うけど、つけなおしたクラウンの微調整が必要ならまたおいで」
ということになりました。

で、帰宅して麻酔が切れて、作り直したクラウンの歯で噛んでみるも、
やっぱり痛くて噛めない。

前はピンポイントだった痛みが、
クラウンの歯の表面全体になったかも。
しかも、歯茎のギューは、前よりもひどいかも。

悪化?

数日様子を見てみたけれど、よくなる気配は一向になし。

かみ合わせや食いしばりの問題かなあと思い、
以前自分で作った、お湯につけて歯型を作るタイプの、
食いしばり防止用のシリコンナイトガードを一晩試してみるも、
さらに痛みが増したので、即使うのをやめ。

その後、さらに数日様子を見たけれど、むしろ日々痛みは悪化。

ただ、この数日の間、血行がものすごく悪くなって、体温が低くなり、
体中りきんでこわばってた日が1日だけあったのが気がかり。
それが、この痛みにどれだけかかわっているのか・・・。

あまりにも痛かったけれど、痛み止めの薬はのまず、
その代わりに、Asper Creamという消炎クリームを
使ってみたら、ちょっとだけましになる。

成分的に言うと、サロンパスのにおいをなくして
クリーム状にしたものと思ってもらえればいいかも。
筋肉痛とかに効く無臭の塗り薬。


で、予約を取って、またDr.ゼペット爺さんのオフィスに行くと、
「まだ駄目なの~?原因は何だろうね。」と困った顔の爺さん。

右側は、クラウンを治した奥歯の周りのひどい痛みと腫れ、耳も痛いし。
右側だけだった痛みが、左側の耳の付け根あたりも痛くなってきてた。
痛みの症状を、痛みが出ている場所も含めて細かめに説明。

一日中、痛みレベル8。


Dr.ゼペット爺さんが、「左側も痛いの?ここ痛い?」
と耳の付け根あたりをぐいぐい押しながら聞いてくる。

TMJ(顎関節症)の症状。でも、口を開けることはできる。
だから、すぐにTMJの診断が出せなかったのかもと想像がつく。

医者としては、原因を考慮して、ひとつひとつ
つぶしていくしか方法がないのだろうね。

「クラウンの処置は、問題なかったから、
 かみ合わせや食いしばり、歯ぎしりなどが原因として考えられる。
 歯の神経を取る処置をした方がいい場合もある。
 神経はなるだけ残した方がいいから、まずは、
 ナイトガード(スプリント)を試してみない?」

と、提案してきた。

以前、右側の上の奥歯に痛みが出たとき、
夜間の食いしばりが原因かもということで
ナイトガードを作ることを勧められたけれど、
$500とあまりにも費用が高かったので、

「最初はドラッグストアなどで売ってる安いナイトガードで試してみる?」と提案され、
その時は、自分で成型するシリコンナイトガード($30前後)で
様子を見ることにした。

その時は、そのシリコンナイトガードで
治った(ましになった?)と記憶している。

で、その自分で作ったシリコンナイトガードを使ってみたけど
今回は、逆に痛みが悪化したことを伝えて、それを見せると、

「うまく歯型とれてるねえ。うちで働くかい?」などど冗談をまじえつつ、

「うちで勧めてるのは、ハードタイプのナイトガード。
歯科保健はカバーしないから全額自腹になるよ。
まずはこのハードタイプのナイトガードを使って様子をみるのがいいと思う。
歯の矯正もするつもりなら、この痛みがちゃんと取れてからの方がいいだろうね。
矯正歯科医のDr.クマから聞いているあなたの歯科矯正のプランは、
ちょっと複雑のようなので、Dr.クマにも相談してみるよ。
Dr.クマの意見を聞いた後で電話連絡するから待っててね。」


最近とみに、歯並び全体が悪くなってきているのを感じていたので、
Dr.ゼペット爺さんの勧めで、11月に矯正歯科医にもコンサルを
2回ほど受けていたのでした。

で、その矯正歯科医はクマさんみたいなので、
今後、Dr.クマと呼ぶことにする。


さて、

背に腹は代えられぬ。
この際、高いナイトガードでも仕方ない。

最初の1週間ほどは、痛み止め、腫れ止めのためにADVILを
1回2錠1日4回飲むように処方され、そのあとは、様子を
見ながら薬の量を減らしていこうということになる。

それと並行して、食事は Soft Food Diet。つまり、硬いもの食べちゃダメ。
痛みには、アイスパックかホットパックすると良い。

「AsperCreamは使っても大丈夫?」と聞くと、

「顔(顎付近)に塗るのは湿疹でたりすると良くないから」
とDr.ゼペット爺さんには全否定されてしまった。

cream は表面だけにしか効かないけど、
飲み薬は体の内部から効くから良いということらしい。

でも、TMJ専門医師の中には、このクリームは痛み止めに
使えるよという人もいるみたい。


次の日さっそく連絡があり、
「Dr.クマと話し合った結果、まず、ナイトガードを試すから、
オフィスに歯型を取りに来てね。」
ということになり、歯型を取ったのが12月中旬。

でも、そのあとクリスマスの休暇に入ってしまったので、
ナイトガードが出来上がって、手に入ったのは、
結局年明けの1月2日。

最初にクラウン治療を始めてからここまで来るのに、約2か月。

で、このナイトガードを使い始めたのが運のツキ。

さらにひどい痛みと戦うきっかけとなりました。

続く。
強烈な大寒波
ここのところ、テレビのニュースと気象情報にくぎ付けでした。

27日(日)の夜中、雪が降り続き、
28日(月)の朝は雪だらけ。
5インチ(12センチくらい)ほど積もったらしい。
雪が降るくらいだから、朝はさほど寒くはないけれど、
夕方から気温が下がり始める。

29日(火)の朝8時くらいは、0°F(-17℃)。
正午くらいから気温がどんどん下がり始める。

大寒波の30日(水)の朝はー24°F(-31℃)。
日中でも、最高気温がー15°F(-26℃)
などと、わけわからない数字。

31日(木)の朝もー24°F(-31℃)。
やっと気温が少しづつ上がってきて、
午後2時くらいに最高気温は、-5°F(-20℃)。

大寒波と言われた水曜日は、
過去最低の最高気温の記録を出したらしいです。
最高気温の最低記録?
なんか、文法まちがっているように思えてくる。

うちの表側は雪かきされてるから、道路にそんなに雪はない。
013019-o

でも、うちの裏手は、寒くて解けなかった粉雪が
風で飛ばされてきて、積もりに積もってテーブルやいすが埋まってる。
013919-ura




シカゴダウンタウンのシカゴリバーも
ガチガチに凍ってしまったらしい。

ニュースでちらっと見た映像では、
電車の線路が凍らないように、
ガスコンロみたいに線路から火が出てるし。
rail fire-1

rail fire-2



このあたりの学校は、
*28日(月)は、前の晩の大雪のために閉鎖。
*29日(火)は、普通に授業。
*30日、31日は、気温が低すぎて閉鎖。

風が吹けば体感温度は外気温よりも
さらに低く-30°F(-35℃)くらい。

1月29日午後6時から2月1日正午まで、Wind Chill警報が出てます。
外にいたら30分で凍傷になるから気をつけるようにとのこと。

でも、仕事関係は、寒波だろうが関係なく、
旦那の会社は、普通に出社だったようです。
「来れない、来たくない、なら有給取ってね」だって。
(職種によっては、仕事が休みになるところもあったかも。)

29日午前中の私の病院での検査のために、
旦那は29、30日は有給取って休んでいたので、
タイミング良く(?)と言っていいんだか悪いんだか、
大寒波の中、家でぬくぬくだらだら過ごしていました。

家の中はヒーター全開で動いているので、
暖かいのですが、加湿器3台全稼働しているにもかかわらず、
湿度が35%前後にしかなりません。

夜、加湿器を止めて寝ると、朝方は湿度が27%くらいまで
下がってしまって、あわてて加湿器をつけてます。

今までの一番寒かった時でも、湿度が40%を切ることは
ほとんどなかったのだけれど、ここ数日は、
軒並み30%台の湿度。

今朝、旦那が会社に出かけるときに、玄関のドアを開けると、
あまりの寒さで玄関の入り口付近の空気が一瞬にして凍ったのか、
煙がホワンと入ってきました。外は、強力な冷凍庫です。

ま、29日の午後から一歩も外に出ていない私には、
わからない寒さかも。わかりたくないし。

教育実習のために大学から家に戻ってきている長女は、
今日は学校は閉鎖なので教育実習は無し。
午前11時くらいにバイトに出かけましたが、
外に止めてあった2006年モデルのカローラの
エンジンのかかりの悪いこと。

キュイン キュイン キュイン キュイン キュイン
となんとかエンジンかけた後は、5分(以上)くらい
暖気運転しないとエンジンが温まらず、うなるうなる。

明日金曜日から来週水曜日にかけて、
気温が40°F(5℃)~48°F(8℃)くらいまで上がるようなので、
今度は、雪解けの路面凍結とスリップに
気を付けないといけないでしょう。

と、こんな感じで、わりとのほほんとしてます。

確かに、一部ではニュースで言っているように
深刻なところもあるけれど、アメリカ中西部も広いから。

まあ、なにごともなく無事に過ごせたことが
一番良かったことですね。
検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ