スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカの医療費
アメリカの医療費は、バカ高い。

しかも、請求書が6か月後に来るなんてこともありがちです。

今年に入って、1月に受けた日帰り検査と、日帰り手術、
そして、2月末のフォローアップにかかった費用の請求が
やっと終わりそうです。

最後に支払ったのは、3月末ごろ。

まだ、全部請求書が来ていないかもしれないけれど、
多分、残りは数ドルくらいではなかろうかという予想。

という事で、今回かかった手術費用などについて
ざっと説明してみようかと思います。


その前に・・・。

アメリカの民間医療保険は、
種類で大きく分けると、HMOとPPO。

医療保険のin-networkか、out-of-networkかによって、
費用が違うとか、医療費をHSAで貯めていけるとか、
いろんな要素が絡まっているので、ややこしい。

アメリカでは、医療費の自己負担額は、
自分がどんな医療保険のプランを持っているか
によって、随分変わってきます。

だから、ここで説明する費用は、あくまで私の医療保険の
内容に沿った物となりますので、他の人の場合は、
また違った費用になってきます。

その部分をご理解の上で、参考にしてください。

私の医療保険は、旦那の会社が提供してくれているもので、
  HMO  保険料: $246/month
  PPO  保険料: $363/month
  HDHP 保険料: $220/month
の3種類のうちから選べる中の、HDHP(High Deductible Health Plan)。

HDHP(High Deductible Health Plan)のプラン内容

  保険料: $220/month
Co-pay なし
  Deductible:
    $1500 individual, $3000 family
  Coinsurance:
    90% after deductible
  Medical out of pocket:
    $3000 individual, $6000 family
  Preventive Care:
    100%
  other:
    90% after deductible

というもの。保険料が少し安い代わりに、
Deductibleが高めだけど、HSA(Health saving account)に
医療費を貯金できるから、税金控除の対策にもなる。

健康で病院にかかることが無ければ、お得なプランだけれど、
ひとたび病院通いになると、結構な自己負担額が生じるプラン。


そして、今回かかった費用はというと・・・。


まず、2017年に受けた大腸内視鏡検査は、
全額カバーされたので、無料。
(もし、カバーされない場合のオリジナル請求額は、約5000ドル。)

年明けて、2018年の1月と2月に受けた検査と手術、
それから、術後の経過観察など、全部ひっくるめて、

オリジナル請求額合計は、
  約 55000 ドル
    手術費用、検査費用、麻酔、生検、
    病院の施設費、フォローアップアポ 等々

医療保険のディスカウント&支払い額合計は、
  約 50700 ドル

最終的に自分で払った合計費用は、
  約  4300 ドル

となりました。

すさまじい金額です。

一体どうやったら、こんな金額がはじきだされるのやら・・・。

この金額だけを見てもわかるように、
毎月の保険額だけでも結構高めなのに、
その医療保険が無いと、おちおち病気にもなれないのが
アメリカの医療費用の怖いところ。

小さな1センチくらいの直腸腫瘍を取り除くまでにかかった費用が
こんなにかかるなら、もっと深刻な腫瘍や、難しい手術などであった場合は、
一体、どれくらいの費用になるのか、想像もつきません。

ヘリで運ばれたり、緊急搬送されたりしたら、もっと費用がかかるし。
噂では、家一軒以上買えるくらいの費用がかかるらしい。


会社に雇用されている間は、会社が医療保険を提供してくれて、
掛け金を一部負担してくれてるけど、ひとたび、レイオフされて
仕事が無くなると、それまで使っていた医療保険も自動的に
使えなくなります。

そしたら、どうなるか。

新しく仕事が見つかるまで、医療保険が無いという事。

仕事が見つかるまでの間は、
収入が無いのに、個人的に高い保険料を払って医療保険を契約するか、
はたまた、医療保険無しで病院にかからない健康体でいるしかない。

収入ない時に、病気になったら、どうなるんだよ???

仮に、仕事が見つかって、新しい医療保険に入れたとして、
保険内容は以前とは違うし、保険によっては、
最初の一年間は、既往症の治療や検査に関しては、
その費用がカバーされない事も・・・。

低所得者や障害者、リタイアした人たち向けの
Medicare や Medicade などの公的医療保険があるものの、
それが、どれくらい医療費をカバーしてくれるのか、
さっぱりわからない。


この先、必要になる医療費を考えると、
一体どれくらい貯金しておかないといけないのかな…。

スポンサーサイト
大腸内視鏡検査(8) 術後の検査
1月29日の術後、日帰り手術の執刀医Dr.R に
会ったのが2月8日。腫瘍の生検結果を聞き、
投薬は必要ないだろうという事で、一安心。

でも、経過観察のために血液検査などを
受ける必要があるので、oncology(腫瘍学)専門の
Dr.SK のところに送られることになり、
そのアポが2月21日。

で、21日当日、Dr.SK のオフィスで
大量のペーパーワークを終えて、
普通のチェックアップのような診察の後、結局、

*投薬は、必要なし。
*血液検査を受ける。
*尿検査を受ける。
*CTを6か月後にもう一度撮る。
*CTの結果が出る頃くらいに、Dr.SKのアポを入れる。

という事になりました。


血液検査は、その場で採血して検査結果も
すぐに出たので、特に問題なく終わり、

6か月後のCTと再来院のアポは、
Dr.SK のオフィスで、すでに予約済み。


ところが、尿検査は、ホルモンの値を検査するために、
24時間おしっこ収集しないといけないらしく、
「保存用のボトルをもらって、24時間おしっこ集めた後に、持ってきてね。」
とのこと。


帰りに、その保存用ボトルを、家の近くの別の病院に
取りに行くと、ドーンと渡されたのが、
オレンジ色のボトルとおしっこ集め用の受け皿。
bottle-bowl

これを透明な大きなビニールバッグに突っ込んで、
「はい」っと渡される。

一応、プライバシー配慮のためのオレンジ色???
それとも、飲料水のボトルと間違えないようにするためか???
 
中身は見えなさそうだけど、すごい目立つボトル。
ボトルの外側に刻んである目盛りは3000だから、
最高3リットルまで入れられるらしい。

おしっこ集め用の受け皿は、最初はどうやって使うのかと
思ったけど、洋式便座の上にのせて使うのね。こんなふうに。
bowlonseat

これで、もれなく集められて、
どんだけ出たかもわかる、
けっこう便利な代物。

子供のトイレトレーニングの時の
”おまる”を思い出すのは、私だけ?

ビニールバッグに一緒に入れてあった説明書を読んでみると、
「集めたものは、腐らないように冷蔵庫や冷暗所で保管しておいてね。」

さすがに冷蔵庫におしっこ入れるのは、はばかられるので、
小さいビニール袋に水を入れてきつく縛って氷を作り、
それをボトルの周りに置いてできるだけ冷やすようにして、
トイレやガレージで保存。

かくして、日曜日から月曜日にかけての
24時間おしっこコレクションの後、すぐに、
病院にボトルを持って行ったのでありました。

これでやっと、病院通いが終わる~。



ちなみに、マモグラフィーで引っかかった後の、
2月の左胸のウルトラサウンドの再検査は、
結局、「4mm の何か」は大きくも小さくもならずで、
またまた、6か月後に再再検査。


だから、次は、6ヵ月後に、
*左胸のウルトラサウンドの再検査
*おなかのCT

一段落したけど、まだビミョーに続く・・・。

ということで、次回からは、支払った医療費について。

大腸内視鏡検査(7) そして手術
手術日当日、今回は、チェックイン時には、
何も請求されませんでした。

手術費用は、術後3日目くらいに最終的にかかった
合計金額が出るらしい。

そこから、医療保険のディスカウントで少し安くなり、
さらに、そこから、医療保険がどれくらい費用を
カバーしてくれるかで、自己負担額が決まります。

だから、請求されるのは、多分、2月末以降かな・・・。
一体、どれくらいになるんだか。

それはさておき、

12:30チェックインを済ませ、
Day Surgery のフロアへ向かい、
待合室でしばらく待機。

手術前の仕切られた小部屋に旦那と一緒に案内されて、
手術用の後ろ開きのかっぽう着みたいな手術着に着替えさせられ、
血圧やらなにやら一式測った後、移動式ベッドの上で寝転がって待つ・・・。

この手術着、使い捨てなのでしょうか。
不織布のような生地で、数か所に、掃除機の紙パックの
取り付け口みたいな穴が開いている。

内視鏡とかを差し込む穴かなあ、などと旦那と話してたところ、
しばらくして、ナースがやってきて、

「寒い?これをつけるから、このコントローラーで温度調整してね。」

とおもむろに、ベッドの頭のところについていた
掃除機のホースみたいなのを、
この紙パックの穴に取り付けて、スイッチオン。

手術着が、一瞬にして、温風布団に早変わり。

おなかあたりから膝あたりにかけて、温風でぷっくり膨らんでる。
原理は、布団乾燥機と一緒。

そーかー、そのための穴だったんだ~。
と、ミョーに感心。

点滴針も入れられて、いつでもOKで旦那と一緒に待っていると、

2:00の手術予定時間くらいに、Dr.Rがやってきて、

「僕はいつでも始められるんだけど、前の人の手術が
 長引いてるみたいで手術室が空かなくてできないんだよ。」

と、のたまう。

「まあ、仕方ない。多少は遅れることもあるよね。」

と、待って待って待ち続けて、

旦那は、お昼食べずに一緒に待っていたので、
3:00ごろにカフェテリアへ。そのまま待合室で待機してるよ、と。

私は、前日下剤プラス24時間水分摂取のみ、
当日絶飲食すでに15時間経過。
下剤で疲れてるから、バテてきて半分ふて寝。

4:00ごろに Dr.R がやってきて、

「辛抱してもらってごめんね、今すぐ始めるから」

結局、予定の開始時間よりも2時間ちょっと待たされた。
チェックイン12:30だから、病院についてから約4時間。
もう、待ち疲れ。

それから20分後の4:20pm、やっと手術室に
ベッドごと運ばれて移動。

それからは、検査のときと同じように、

「麻酔入れますよ。」

と言われて、目が覚めたら、もう終わってて、
すでにリカバリールームに移動済み。

時計を見ると5:20pm。
手術は、約1時間で終わったらしい。

麻酔から覚めると同時に、今回は、
麻酔のリアクションで、のどの痛みと
吐き気、寒気に襲われて、しばらく動けず。

その間、吐き気止めの薬を2回打たれて、
結局、病院を出たのは8:30pm くらい。


最初の大腸内視鏡検査から約2か月。

直腸の 1.5cm の四角い腫瘍は、めでたく取り除かれ、

今に至ります。

良かった良かった。

術後2~3日は、のどもおしりも痛かったけど・・・。


腫瘍に関しては、全く自覚症状が無かったので、
今回の検査は、不幸中の幸いと言っていいのでしょうね。

日本在住の友達の話によると、
日本では、検便で血液反応が出ないと、
大腸内視鏡検査はしないようです。
下剤が大変だからと敬遠されがちみたい。

でもね、やっぱり、それなりの歳になったら、
検査しておいた方がいいかも。


ほんとに、自覚症状は無かったので。


そして、これで「終わった~」と思いきや、
2月8日、Dr.R の手術後のフォローアップアポの時、

「腫瘍の病理結果は大丈夫だったから、
 術後に投薬などは必要ないと思うけど、
 血液検査とかやって、術後の経過を見るために、
 oncology(腫瘍学)専門のDr.SK にアポ取ってね。」

と言われ、またまた、別の医者に会う羽目になりました。

これで、スペシャリスト4人目。
どこまで続く・・・。

そして、アポとれたのが、2月21日(水)。

続く

大腸内視鏡検査(6) 3度目の下剤
最初の大腸内視鏡検査から約2か月。

手術日が決まり、また、食事制限と下剤です。

日帰り検査もそうですが、
日帰り手術は、病院でやってくれるのは、
「手術のための処置のみ」って感じで、

手術前にやらなきゃいけないことは、
全部患者自身で済ませるのが普通。

検査後、術後の体調管理は、家で介添え人が手助け。
何かあったら、電話で対応。それがアメリカ式。

検査前後、手術前後の手厚いケアはありません。
(日本の病院は、手厚いケアはあるのかな?)

もちろん、ケアを受けようと思えば受けられるけど、
医療保険がカバーしてくれない限り、高額な費用は自腹。
だから、病院内でのケアは必要最小限。


1月23日、Dr.Rに会ったその日に、手術日が決まり、
その時に、手術前に処理しておく下剤を渡され、
食事制限についての説明も受けました。

それから、手術前に飲んでおく感染防止の
抗生物質を処方され、手術日の前日に飲んでおくようにとのこと。


そして、その次の日、1月24日

「手術する予定の病院で、手術日前までに血液検査を受けて、
手術前に使う special soap をもらってね。」

と電話あり。

翌日、朝から絶食して血液検査を受けに行き、
ついでに、その special soap とやらをもらって帰ってきました。

その帰りに、処方された抗生剤も薬局に取りに行き、
他に用意するものは無いかなと再確認。


全部同時に同じ場所でやってくれれば
何度も行かなくて済むのに、そこは、
アメリカの医療事情。

医者とお話しする所、検査をする所、手術する所、
入院手続きなどをする所、薬局などなど、

「今日はあっち、明日はこっち」

と、みんなバラバラなので、いちいちめんどくさい。

手術日は1月29日(月)と決まってはいるものの、何時から手術が
始まるかは決まっておらず、金曜日までに電話で連絡入れるから、
という事で待っていると、

1月26日(金)のお昼ぐらいに、「9:00にチェックインしてね」との連絡が。

「今回は夕方までには家に帰れそうかな。」と喜んでいた矢先、

夕方にまた電話が入り、時間変更で、
「12:30チェックイン、2:00手術開始予定。」


もう、なんでもいいです。ちゃんと手術してくれれば・・・。


special soap は、どうやら、薬用石鹼のようで、
手術の2日前、1日前、当日の朝に、使うとのこと。

普通に体を洗った後で、この薬用石鹸を、首から下の
体中に塗って、2分ほど放置した後に洗い流すらしい。

調べてみたところ、24時間抗菌作用が持続するとか。

いくら抗菌作用が持続するとはいえ、
手術室に入るまでに、いろんなところを通ってくるから、
菌だらけになってるだろうに・・・。

この衛生感覚、よくわからん。


1月28日、手術日の前日は・・・。

大腸内視鏡検査のときと同じような食事制限で
透明な液体のみOK。

朝8時から下剤の服用開始。

今回は、下剤と水を合わせて3リットルほどを、
お昼までに飲んでしまわないといけない。

毎回下剤の種類が違うというのもめんどくさい。
検査とか手術とかに合わせて、下剤も変えるのだろーか?

午後からは、透明な飲み物だけ。

さすがに夜になるとおなかがすいてくる。

空腹時に飲むチキンブロスの美味しいこと。

そして、処方された抗生剤を、
決まった時間に3回に分けて摂取。

24:00以降は、絶飲食。水もダメ。


そして、1月29日の手術日。

朝から絶飲食で水もダメ。

目の前に食べ物はあるのに、何も口にできないつらさ。
「それももうちょっとで終わりさ」と、やせ我慢。

出かける時間が近づいてきたから、
シャワーを浴びて、薬用せっけんでお清め。

時間が過ぎる分だけおなかもすいてくるけれど、
そこは、我慢。手術が終われば、なんでも食べていいんだから。

そして予定通り、病院に12:30チェックイン。

続く

大腸内視鏡検査(5) 手術日決定
Dr.Kに、四角いのの正体を診断され、
外科医Dr.Rのところに送られることになった私。

でも、CT取る必要があるらしいのに、いちいち医療保険の
証認を受けないとCTの予約もとれないなんて・・・。

ここがアメリカの医療制度の面倒なところ。

医療保険がGoサインを出さないと、高額な費用が
掛かりそうな検査は受けられない。

どの検査もそうですが、保険会社がOK出さなければ、
その費用は全部自腹になりますからね。

保険会社がOK出す。=> 保険会社が費用の一部をカバーする。
=> 自己負担額が減る。

という事。病院側としては、

「費用を払えないなら検査受けさせられないよ。」

ということなのでしょうかね。

だから、アメリカで受ける医療検査は、
担当のドクターが出したオーダーのみ、
必要最小限に抑えられている。


さて、Dr.Kに、

1)医療保険のCT認証を待つ
2)CTの予約を入れて撮る
3)Dr.Rにアポ入れる

この順番で、Dr.Rにアポ入れてねと言われ、
Dr.Kのオフィスからの連絡を待つこと、数日。

5日後、翌週の17日(水)。
土、日を挟んだので、3 business days
といったところでしょうか。

Dr.Rのところから「早くアポとってね」の電話あり。


わかってるよ。早くアポ取りたいんだけどね。


でも、まだ医療保険の証認が下りてないので、
CTもとれないからアポもとれない。

で、Dr.Kのオフィスに電話して、証認が下りたかどうかの確認をすると、

「今日、医療保険から連絡が来るはずだけど、
 ちょっと待ってね、確認するから。」

と調べてくれて、やっと証認されたとのこと。


それからすぐにCTの予約とって、
21日(日)にCTを撮ることに。

そして、Dr.Rのアポを予約。

予約を取った後すぐに、造影剤を病院に取りに行って、
CTの前準備の説明を受ける。

21日当日、家で、できそこないのヨーグルトみたいな
味のバリウムを、1時間おきに2本(1本500mlだから
合計1リットルくらい)飲んで、病院についてすんなりCT終了。


そして、Dr.Rには、23日(火)に会うことになりました。

で、23日のDr.Rのsurgical evaluationで、
直腸の患部の部分切除で、1時間以内に
終わる日帰り手術という事になり、
1月29日(月)に手術日が決定。


25日(木)に、Dr.K(のナース)から、
「CTの結果はOKだったよ。質問があれば電話してね」
と連絡あり。

何がどうOKなのかよくわからないけど、
OKなんだからいいんでしょう。

何を質問すればいいかもよくわからないし。

こうして、「四角い何か」に診断がついてから
2週間ちょっとで手術を受けることになりました。

続く
大腸内視鏡検査(4) 再検査
記録的な外気温 マイナス23℃という
超寒いシカゴの年末年始の中、悶々と過ごした1ヵ月。

なんだかよくわからない状況が続くと、
いろんなネガティブなことが湧いて出てきてしまいます。

「来年の今頃、ここにいるんだろーか」

などと考えちゃったり、プチ終活しちゃったりもしましたが、

そこは、ゲームやったり、ドラマ見たりして気をそらし、
ただただ、ひたすら、ネガティブ思考に陥らないように
毎日を淡々と過ごしておりました。


そして迎えた2018年 1月5日(金)の再検査日。

この日の検査も全身麻酔の日帰り検査。
前回同様、旦那が付き添い。

やっぱり今回も下剤と食事制限がありました。

主に、直腸の検査なので、前回のように
1ガロンの下剤は飲まなくてよかったのですが、

今回は、検査前日の下剤500mlに加えて
水500ml、合計1リットルは、量も少なくて
飲みやすかったからよかったとして、

問題は、検査当日の

「浣腸2回!!!」

検査前に、

  自宅で、

  自分で

  浣腸2回

終わらせて来い って・・・。

自分で ???

どうすりゃいいんだい ???

と、検査前準備のインストラクションを読んだときは
面喰いましたよ。ほんとに。

年末年始は、検査のために
前もって買っておいた浣腸とにらめっこ。

日本だったら、絶対、入院して、
看護婦さんがやってくれるよね・・・。


もう、浣腸を自分でちゃんとできるかどうかの方が、
検査より心配で心配で・・・。


まあ、悪戦苦闘の上、なんとか乗り越えましたが・・・。
そこは、ご想像におまかせするとして。


浣腸を無事に終えた時点で、もう、

「今日の仕事は終了!」

みたいな達成感。

でも、

病院について、受付を済ませるときに、
一部支払いを求められ、その請求金額

$3000に驚愕。

達成どころか、めちゃめちゃ動揺。

一瞬、頭の中が真っ白。

これから検査を受けようとしている患者を
さらに不安にさせるようなことを・・・。

得体のしれない四角い何かの正体よりも、
一体この後いくら請求されるんだろうと
支払いの方が気になってしまうくらい。

検査に気を取られ、医療保険がhigh deductible planで
あることをすっかり忘れていた私。

検査に対してというよりは、支払いに対して
挙動不審になっていた私。

ま、最終的な支払い金額などについては、
のちのちお話しするとして。


この後の検査は、おまけみたいなもんでした。

前回同様、仕切られた小部屋で準備ができたら、
検査室にそのままベッドごと運ばれて、

「麻酔入れますよ。」

と言われて、酸素マスクみたいなのを
かぶせられたところまでは覚えているけれど、
目が覚めたら、もう終わってて、すでに
リカバリールームに移動済み。

その間、約40分あまり。

で、今回は、

「四角いの取り除こうと試みたけど、硬くて接地面が広いから、
無理に取って出血したら危ないので、取らなかった。
生検の結果が出たら知らせるね。」

と、Dr.K。超音波で検査しただけ?

結局、四角いのは残存で前と何も変わらず。

それであの請求額?

一体どうなるんだ???

と、またしても悶々の日々のはじまり。

そして、やっぱりまだふらふらしてたけど、
麻酔から覚めて30分後には、
家路についているのでした。


それから約1週間後の1月12日(金)に、
「四角いの」の生検の結果が出て、
Dr.Kから説明を受けたところ、

「良性の直腸カルチノイド腫瘍でね、まだ
 1.5cmくらいだからそんなに心配しなくていいよ。
 検査のときは無理に切除して出血したらいけないから
 取らなかったけど、surgeon (外科医)に送るから、
 できるだけ早くDr.Rにアポ取って手術を受けてね。
 Dr.Rには、連絡入れておくからね。」

と、ここでやっと診断がつきました。
最初の大腸内視鏡検査からここまで、約1ヵ月半。

そして、
「CT撮ってからDr.Rのアポ入れた方がいいけど、
 医療保険のOKが出ないとCT撮れないから、
 ちょっと待ってね。すぐにオーダー出すから。」
と、Dr.K。


なんですと!!!

CT撮るのにいちいち医療保険の証認を
受けないとCTの予約もとれないなんて・・・。

続く
大腸内視鏡検査(3) 検査結果
さて、2017年11月20日。
初の大腸内視鏡検査の日。

苦しい下剤を乗り越えて、病院にたどり着き、
まずは、受付を済ませて待機。

アメリカで大腸内視鏡検査を受ける場合、
全身麻酔の日帰り検査。

送迎と検査後の面倒をみてくれる介添え人が
必要なので、その日は旦那が有給をとって付き添い。

ちなみに、介添え人がいない場合、
検査は受けさせてもらえません。

タクシーなどの移動手段を使うのもダメ。
アメリカの日帰り検査は、制限が厳しい。

まあ、検査後すぐに、病院を追い出されてしまうので、
当然と言えば当然ですが。


検査の時間になって、付き添いの旦那は、
待合室でそのまま待機。

検査準備室の中に入ると、カーテンで仕切られた小部屋に
移動式のベッドが備えてあり、そこで着替えて、
本人確認やらアレルギー有無の確認やらしながら、
点滴用の静脈確保。

用意ができたらしく、検査室にそのままベッドごと運ばれて、

「麻酔入れますよ。体は横向きにしてくださいね。」

と言われたところまでは覚えているけれど、
目が覚めたら、もう終わってて、
すでにリカバリールームに移動済み。

その間、約40分あまり。


麻酔が覚めて、ぼーっとしつつ、そばに旦那がいる。

しばらくすると、検査をしてくれたDr.Sがやってきて、
検査結果を説明。

麻酔の残りでぼんやりしながら、何とか聞き取れたのが、

「ポリープは取ったけど、とれなかったのがあるから
 別の先生に診てもらってね。なにか質問は?」


「とれなかった???」


麻酔からさめきれない頭で、理解できるのは、最小限。
質問しようにも、何を質問するかさえ考えられない。

旦那がちゃんと聞いてるだろう、あとで、ちゃんと聞きなおそう。

そして、まだふらふらしてたけど、
麻酔から覚めて30分後には、
家路についているのでした。


結局、

「検査中に見つかった小さなポリープ4つは取れたけど、
 1つだけ、直腸の四角い硬いのが取り切れなかった。」
 
という事で、ご丁寧に、4つのポリープと正体不明の
四角いののカラー写真までもらい、生検の結果が1週間くらいで
出るから、それまで連絡待ち。

そして、1週間後。
生検、病理の結果、ポリープは問題なし。

でも、四角いのの組織検査ができず、何かまだ断定できないから、

「なるだけ早く、Dr.Kに ultrasound (超音波)の再検査をしてもらってね。」

ということになり、さっそく予約を取るけれど、
予約とれたのが一番早くて年明け1月5日。

1ヵ月も先じゃあないですか。
よくあるアメリカの医療事情・・・。


そして、その1か月の間、
悶々と日々が過ぎる・・・。

続く

大腸内視鏡検査(2) 下剤
大腸内視鏡検査を受ける前の準備については、
手紙でインストラクションが、送られてきました。

検査の前に家でやっておく事は、食事制限と、
下剤で腸内をきれいにしておくこと。

さっそく処方された下剤を薬局に取りに行くと、

「はい、これね。」

とドーンと渡されたのが、
1ガロン(約4リットル)のでっかいポリ容器。

「この線まで水を加えてよく混ぜてね。
 冷蔵庫で冷やしておくと飲みやすいよ。
 レモンフレーバーもついてるから。」

と、薬局のお姉さんに、にこやかにガロンの
下剤入りボトルを渡され、説明を受ける私。

「これを飲めと・・・」

食事制限の方は、というと、

検査の1週間前くらいから
*サプリメント、ナッツ系、種系、生野菜、
  ポップコーンなどの摂取をやめる事。

検査前日は、
*固形の食べ物はだめ。
*透明な水分のみ
*リンゴジュースなどの透明な色の薄いジュースはOK。
*ジンジャーエールなどの透明な色の薄いソーダ水はOK。
*コーヒー、紅茶はいいけど、クリーマーなどの乳製品は入れてはだめ。
*透明なブロスやブイヨンはOK
*ゼリーは、赤や紫色でなければOK
*乳製品、アルコールは禁止。

もう、プチ断食。

で、検査前日の夕方4~6時に
溶かした下剤の1ガロンの半分、つまり、

8オンス(約コップ1杯250ml)を15~20分かけて、
全部で2リットルほどを飲む。

下剤でおなかいっぱい。

その後、トイレに通ってどっと疲れ。


検査当日は、もちろん絶食。水もダメ。

朝から再度、残りの2リットルの下剤を飲んで、
おなかがパンパン&トイレ通い。

検査をする場所まで行くのに車で20分。

家を出発する時間までに、トイレ通いも
終わってなくちゃならないし。気は焦る。

けど、下剤の最後の1杯が、なかなか飲めなくて苦しかったなぁ・・・。


そして、半分フラフラになりながら、
初めての大腸内視鏡検査に臨んだのでした。

続く
大腸内視鏡検査(1)
10月初め頃に、いつもの健康診断を受けたあと、
まずは、マモグラフィーを受けました。

その結果、再検査。
半世紀も生きれば、ありがちな再検査。

「ultrasound (超音波)の再検査を受けてね」

とのこと。

で、一週間後に再検査を受けた結果、

Dr いわく、

「左胸に4mmの何かがある」

何かって何~~~???

小さいので、まだ様子を見ましょうということになり、
「4か月後の2月くらいに再検査を受けてね。」ということでした。

再検査でその何かが大きくなっているようであれば、
組織検査をするだろうけど、そのまま無くなってる
こともあるかもしれないから、今の時点では、
様子見だけだと。

マモグラフィーにひっかかる。

再検査の再検査を言い渡されて、
不安をあおられ、いろいろとネガティブなことばかり
考えてしまう。


マモグラフィー再検査が出るなら、もしかしたら、
大腸の方も何か出るかも・・・。


そして、来年でもいいかなと思っていた
大腸内視鏡検査を受けることにしました。

検査なんだから、何もなければ大丈夫。
みたいなノリで。半分不安をかかえつつ。

大腸内視鏡検査の予約を入れ、
それを受けられるのが、1ヵ月先の11月末ごろ。

検査を受ける前の準備については、手紙で
送るからとのことで、数日後、送られてきました。

そのインストラクションが・・・。

続く

おしりが痛い
年末からずっとブログをお休みしていました。

というのも、検査に引っかかって、
ずっとグダグダしていたからです。

10月初めに健康診断を受け、いつものように、主治医に
マモグラフィーの検査をすすめられ、今回は、さらに
大腸内視鏡検査をすすめられました。

アメリカでは、50歳過ぎると10年に一度
大腸内視鏡検査を受けられます。

受けられるというより、医療保険が費用をカバーしてくれるから
受けた方がいいよという事なのですが。

私の場合、父方の親せきが皆、何かしらガンになっているので、
遺伝の可能性も考慮して、早いうちに検査を受けてみてはどうかと
主治医に勧められ、11月末に大腸内視鏡検査を受けました。

で、2回の検査を経て、1月の中旬に、
良性の「直腸カルチノイド腫瘍」という診断が出て、
3日前の1月29日に、日帰り手術を受けて今日に至る・・・。

そして、今もおしりが痛い。(部分切除で数針縫ったので)

という事で、検査を受ける前後から、検査の進行の仕方やら、
術後の経過やら、アメリカのバカ高い医療費などについて、
ちょっとずつ、お話していこうかと思います。

RKTatting pattern #8(タティングレース)
オリジナルパターン イヤリング。
(RKTatting pattern #E-003)
E003-el
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

RKTatting レッスンプログラムの
中級レベルのパターンです。

5つのリングの重なりに、ティアドロップとシードビーズを
アクセントに。
RKTatting pattern #7(タティングレース)
オリジナルパターン イヤリング。
(RKTatting pattern #E-004)

E004
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

RKTatting レッスンプログラムの
中級レベルのパターンです。

リングの大きさと使うビーズの大きさのバランスが大事。

なりたくないのにクレーマー
毎年、8月から9月にかけて
いろいろと雑務処理がかさなり、
10月にはぐったり疲れるというサイクルに
陥っているような気がします。

健康診断、車の登録、家の保険、
大学費用の支払い、などなど、
大きな出費が終わったと思ったら、
今度は、いろんな事務処理問題。


今年の問題は・・・


携帯のプランを変更したら、自動引き落としされてる金額が契約額より$10多い。

新車を発注したら、ディーラーの発注ミスで$1000多い。

Equifax の情報漏洩で、旦那のSNSなど大事な情報が流れちゃっている。

マモグラフィーの再検査のオーダーが間違っている。

その他もろもろ・・・。全部書いてたらきりがない。


一度、エラーが見つかると、それを訂正するのがとても大変な
アメリカの事務処理システム。

自分でやらかしたミスならあきらめもつくけれど、
すべて、他人がやらかしたミス。

なのに、それを訂正、修正しないといけないのは、自分。

で、それを訂正するのに、
クレーマーにならなければならない矛盾。

そして、クレーマーになっている自分に嫌気がさして、落ち込み。

「アメリカの事務処理なんてこんなもんさ」

と分ってはいるけれど、

腑に落ちないことが多すぎて、ストレス満載。

新しい相棒 Crosstrek 2018 (SUBARU XV)

最後に車を買ったのは、11年前。

そして、11年ぶり。

1週間前に、SUBARU Crosstrek 2018 を買いました。

左側が0歳のCrosstrek(クロストレック)、右側は15歳のSienna(シエナ)。
crossfront

crossrear

日本では SUBARU XV という名前のようですね。

選定基準は、安全性、4輪駆動、SUV、小さめ。

それにばっちり当てはまって、なおかつ、
フルモデルチェンジで最高の出来栄えになったと
いわれるものに出会って、これはもう、
「買わなきゃ」と言っているようなものでしょう。

サイズもね、ちょうどいい。

最近の車は、アメリカ人の体型に合わせて
いるからなのか、どれもこれもとにかくデカい。
デカいと小回り効かないから、運転しづらい。
顔もなんだか「怒ってる」「イカツイ」って感じ。

でも、Crosstrek は、大きさもいい感じだし、顔も好き。


アメリカのSUBARU Crosstrek 2018 は、

2.0i (MT or CVT)
2.0i Premium (MT or CVT)
2.0i Limited (CVT only)

の3つのグレードがあります。

今回、真ん中のグレード 2.0i Premiumを手に入れました。

日本の標準装備とアメリカのそれは、若干違います。

2.0i Premium は、日本仕様と比較すると
エンジン周りは2.0i-L アイサイト に近くて、
内装は1.6i-L アイサイト みたいな感じ。

日本で2.0i-L に標準装備の次のものは、無い、もしくはアメリカ仕様。
(他にも細かい部分で若干違いがあります。)

 歩行者保護エアバッグ    =>(なし)
 アイドリングストップ      =>(なし)
 SI-DRIVE[2モード(I/S)]  =>(なし)

 電動パーキングブレーキ =>(レバーのサイドブレーキ)
 リヤフォグランプ =>(なし。フロントフォグランプのみ)
 電動格納式リモコンカラードドアミラー =>(電動格納じゃない)

 アイサイト        =>(オプション)
 雨滴感知オートワイパー/オートライト =>(オートライトのみ)
 キーレスアクセス&プッシュスタート   =>(Limited のみ付属)
 リヤシートセンターアームレスト     =>(Limited のみ付属)

そのかわり、アメリカで2.0i Premiumに標準装備なのは、

*ルーフレール
*シャークフィンアンテナ
*オールウェザーパッケージ
ヒーテッドドアミラー
ヒーテッドフロントシート
フロントワイパーデアイサー

スペック比較で、ちょっと気になったのが、2.0i Limited のオプションの
Reverse Automatic Braking(RAB)

これって、発売前の最新バージョンのアイサイト・ツーリングアシストの
機能じゃないか?この機能だけ、アメリカ用フラッグシップオプションに
先行でのせたのかな?

と思ったのですが、うちのは Premium なので関係なし。


うちの Crosstrek は、この 2.0i Premium にディーラーオプションの

CVT
EyeSight
Blind-Spot Detection with Lane Change Assist
  /Rear Cross-Traffic Alert(後側方警戒支援システム)
Steering Responsive Fog Light(SRF)
Power Moonroof   => (ディーラーの発注ミスで付いてきた)

と、アクセサリーの

Splash guard
All-Weather Floor Mats => (Moonroof値段交渉でもらったおまけ)
Wheel Lock Kit => (Moonroof値段交渉でもらったおまけ)

がついてます。

他のアクセサリーは、後日買い足す予定。


7月末に車を発注する時、現物が無かったので、
内装などは確認することができず、それまでに
調べた情報だけを頼りに、最後まで Premium にするか
Limited にするか迷って、結局、Premium にしました。

それから約6週間経過。

実際、手にしてみると・・・

外装は、カッコイイ。
顔もおしりも好みの形。色は、シルバー。
何度見ても、満足。思わず顔がニヤけます。


内装は、安っぽい感じがしてちょっとがっかり。
ミドルグレードなんだから、もう少し何とかならなかったものか…。
ここは、まだまだ頑張ってほしいところ。

でも、シートは、腰をしっかりサポートしてくれそうで、いい感じ。


走りは、とっても良し。
いい仕事しています。

パワー不足だと一部では言われているようだけど、
全然問題なし。

速度制限は、この近辺だと
住宅街は 25mph(時速40km)、
一般道は、35mph(時速56km)、45mph(時速72km)~55mph(時速88km)
ハイウエイ、フリーウエイは、65mph(時速104km)~

「時速100㎞になるまでに何秒かかるか」
なんて比較動画があるけれど、
信号が青に変わったからと言って、
一般道の交差点を時速100㎞で走ることは皆無。
そういうものを求めるなら、他の車を買えばよし。

スポーツカーじゃないんだし,
サーキット走るわけじゃない。

一般道でそんなスピード出したら、ポリスに
つかまって罰金取られるだけだし。

まあ、気にするとすれば、
ハイウエイに入るときの加速くらいかな。

夏から秋にかけて、あちこちで道路工事のために
道がガタガタなのですが、これがいい感じに収まります。

きれいな道なら、スーッと走って、
ほんとに遮音が効いてて、音が静か。
運転もしやすくて、乗り心地最高。

用事もないのに、車に乗りたくなる。
ガソリンの無駄遣いを抑制せねば。

ハイウエイの走行と、アイサイトのクルーズコントロールは
まだ試していないので、使い心地のレポートは、気が向いたらそのうちに。

なんせ、取説は英語だから、読むのに時間がかかる。
取説の厚みだけで、8センチ以上あるかな?

そのまま読み始めたら時間がすごくかかりそうなので、
ダウンロードした日本語の取説で、ある程度内容を把握してから
英語の取説を読んでますが、日本とアメリカでは若干仕様が
違うので、それも混乱のもと。


納車で旦那が試運転したとき、アイサイトの
クルーズコントロールをちょっと試したようです。

一般道でも制限速度が、
45mph(時速72km)~55mph(時速88km)
だからできること。夜8時くらい。あたりはもう暗い。

その時は、取説なんてまだ読んでないから、
適当にいろんなスイッチをピコピコ押してたので、
偶然、機能が作動したらしい。

わざと車線からはみ出すようにハンドルを操作したあとで、

「こいつ、さからいやがった。おもしれ~。」

と、つぶやく旦那。

ハンドルが自然に操作されて、
車線の中央に戻る感覚がわかったらしい。

「車線逸脱抑制」というやつが働いた?

そのうち、スイッチをピコピコ押しすぎて、
知らないうちにクルーズコントロールが
キャンセルされたようで、いつのまにか
ハンドルの修正がされなくなったみたい。

取説読もうよ・・・。

旦那いわく、

「エンジニアは、取説なんて読まん。触ってなんぼや!!」

いやいや、そこはやっぱり、
取説読んでからにしようよ・・・。


<関連記事>
08/09/17 クルマの買い足し :新しい車を買うことになったワケ
09/07/17 納車なんだけど…:納車のときのハプニング
納車なんだけど…
待ちに待った SUBARU 2018 Crosstrek が到着したと、
ディーラーから電話があったのが、2日前。

そして昨日の夕方6時半くらい、旦那と一緒に
ディーラーのオフィスに着くと、とんでもないことが
待ち構えているのでした。

まず、注文していた車がどこに置いてあるかがわからない。

ディーラーの敷地内にたくさんの車がとめてあるにも関わらず、
担当のニックは、車のリモコンキーの施錠ボタンを押して探しているのに、

「ここには置いてないかも。ちょっと離れたところに
保管してあるかもしれないからそっちに行ってみよう。」

で、車で5分移動。
ズラーっと並んだ新車たち。
でも、見つからない。

ニック:「もどってみようか」

で、オフィスに戻ること車で5分。
もう一度、車のリモコンキーの施錠ボタンを押して探してみると・・・。

あった。

最初に見たはずの場所に。
なぜ???見落とし???

そして、初見。

泥水かぶって、汚れてるし・・・。
もとの色がシルバーなので、汚れるとドブネズミ色?
配送途中で雨の中を通ったのかなんだかわからないけど。
まあ、引き渡しのときまでには、洗ってくれるよね・・・。

で、気を取り直して、内装チェック。

一通り見終えて、旦那が試運転。
私は助手席、後部座席にニック。

旦那は、試運転でアイサイトをいろいろ試して
「オモロ~」と喜んでる。

試運転も終わってOKという事で、オフィスに移動。

そして、支払い手続きに入るまで、
オフィスでけっこう待たされる。何してんだ?

やっと、ニックが戻ってきて、書類を見ると、
支払金額の値段が違う。$1000くらい増えてる。
そして発覚したのが、なんと、

「ディーラーの発注ミス!!!」

どうやら、付属するパッケージを間違えて発注したらしく、
注文していない「ムーンルーフ」がついていた。

内装チェックした時は、気づかなかったので、
確認しに戻ってみると、確かについてるムーンルーフ。

信じらんねー(あきれすぎて脱力)

で、ディーラー側の対応はというと・・・
ニックの上司らしき人が出てきて、

「どうしてこんなミスが起きたのかはわからない。
 契約したときの値段にプラス$500でどう?
 それが私たちにできる精いっぱいだ」

と言い出す。もちろん、謝罪なし。つまり、

「ムーンルーフを半額にしてあげるから買わない?
 それが嫌なら、この車を買うのはあきらめてね。」

という事らしい。

思わず、「はぁ???なんだって???」
と、こっちはちょっと切れ気味。

注文してから、ワクワクしながら待つこと約6週間。
その時間を無駄にしろと言うのか???

もし、この車をあきらめて、もう一度、発注しなおしたら、
さらに6~8週間待たないといけないじゃない。

ムーンルーフはいらないから、ミドルグレードの Premium を注文したのに、
勝手にムーンルーフつけられて、値段もあげるってどういうこと?。

ムーンルーフつけるんだったら、最初から 上級グレードのLimited を注文してたよ。

個人で買い足す予定だった、車用のアクセサリー(合計約$250ほど)を
買ってもおつりが来るような金額を、さらに払えと?

ひととおりクレーム言い続けて、どっと疲れが・・・。

ニックの上司は、スーッとどこかへ消え去り、
残されたニックは申し訳なさそうな笑顔でそこにいる。

販売契約担当したのも、発注作業をしたのも、
ニックではないけれど・・・。

とにかく、どうするか決断を迫られる。

そして、気を取り直して、

「後日パーツセンターで買う予定だったアクセサリーをおまけでつけてもらう。」

という交渉開始。

買う予定にしていたアクセサリーは、4つ。
*All-Weather Floor Mats(防水、防塵ラバーフロアマット)
*Wheel Lock Kit(ホイール盗難防止キット)
*Rear Bumper Cover(カーゴステップパネル)
*Door Edge Guards(ドアエッジモール)

最初は全部つけろと言ったけど、

ニック:「4つ全部は無理。普通はひとつ。どれかひとつだけ選んで。」

普通の状況じゃあないでしょ。

で、仕方ないので、どれにしようかと旦那と相談した結果、
ムーンルーフとフロアマットあわせてプラス$500で交渉することに。

しばらく待って、交渉成立。
(本当は、発注したときの金額にも問題があって、
 それの交渉も含まれているのだけど、説明すると長くなるので、
 それについては割愛という事で。)

そして、アクセサリーどれにしようか散々迷っていたのを知っているニックが

「これもつけてあげる」

と追加で渡してくれたのが、Wheel Lock Kit。

いいやつだ、ニック!!!

これでちょっと機嫌が良くなった。でも、これも手の内か?

結局、

「ムーンルーフ、フロアマット、Wheel Lock Kit付で、契約時の金額プラス$500」

という事で決着。

でも、私はムーンルーフは欲しくないので、素直に喜べず、
これが損なのか得なのか、微妙なところ。

まあ、旦那と家で待ってる次女は、ムーンルーフついたから
ちょっとうれしそうなので、良しとしよう。

たくさん書類にサインして、ナンバープレートももらって、
支払いを済ませ、晴れてオーナー。

ニックが、「ガソリン満タンにして、洗車しておいたよ。
わからないことがあったら、いつでも来てね。」
と、カギを渡してくれる。

洗車されてピカピカになって、
街燈のスポットライトを浴びて、
光り輝く Crosstrek が、外で待っていた。

納車に要した時間は、4時間弱。
普通の納車だったら、あり得ない時間。

家に帰りついたのは午後10時すぎ。

疲れた。
クルマの買い足し
夏休みもそろそろ終わり。
長女は大学3年目が始まろうとしています。

専攻が、Elementary Education で、
今年から小学校での研修がはじまるらしく、
そのスケジュールが、1st semester は、週に2~3回、
2nd semester は、ほとんど毎日、小学校に通うことになるとか。

バスで移動すると30分(以上)かかるけど、車だと15分位らしい。

小学校での研修に加えて、大学での授業やバイトが入るため、
かなりタイトなスケジュールで、移動時間節約のために
大学と小学校の移動に車があったらいいなあ・・・
でも、買う金は無い・・・と長女。

今、うちが持っている車は、

TOYOTA シエナ(Sienna) 2002
TOYOTA カローラ(Corolla) 2006

どちらも、10年以上使ってますが、
メンテナンスをきちんとやっているので、
まだまだ使えます。さすが日本車。

TOYOTA カローラ(Corolla) 2006 だと
中古車販売店では、$5000~$7000くらいで売っていて、
クルマ買い替えで下取りに出すとしたら、$3000くらいで
引き取ってくれるようなので、

バイトで稼いだ$3000で長女が買いとったことにして、
カローラを長女専用車にして、その$3000を新しい車の
費用にあてることで、手打ち。

長女が使う11年物のカローラの代わりに、
新しく車を一台買い足すことにしました。

で、7月中は、ひたすら車選びに時間を費やしておりました。

選定基準は、

*安全性
*燃費
*4輪駆動
*子供たちは、カローラくらいの小さい車希望。
*だんなは、SUVのような車高の高い、大きな車希望。

ところで・・・

アメリカでの速度制限は、この近辺だと
住宅街でも 25mph(時速40km)、
住宅街を出れば、45mph(時速72km)~55mph(時速88km)
高速道路は、65mph(時速104km)~
(*およその速度です)


日本でいうと、毎日高速使っているようなものでしょうか。おまけに、
1車線の幅が広いとはいえ、対面2車線で45mph(時速72km)という道が結構ある。

つまり、道路事情が日本とはかなり違います。

以前持っていたカローラ(ワゴン)は、
ピックアップトラックに後ろから突っ込まれて廃車になり、
今のカローラ(セダン)に買い替え。それが2006年のこと。

今回、その11年物のカローラを、長女専用車にすることに。

シエナは、買って1か月目にぶつけられ、
今から1年ほど前に、走行中にぶつけられました。
良く走ってくれてるけれど、2回も修理に出した傷物です。
事故車は、下取り価格も下がるので、15年物の古いシエナは、
いくらにもなりません。

だから、シエナは動かなくなるまで使い倒すことにしています。
(5年後くらいには買い替えを検討することになると思いますが。)

アメリカではクルマは移動手段だから、
我が家にとっては、安全に移動できて、
長く使えて故障が少なくて、燃費の良い事が一番。
贅沢品の高級車は論外。

カリフォルニアからシカゴ郊外に引っ越してきてからは、冬場の雪が難儀。
うちの前の道路とガレージ前のドライブウェイは、なだらかな坂。

雪がとけて道が凍った日には、FWDのカローラとシエナは、
ドライブウェイの途中で止まってしまうと、つるつるすべって前へ進まないので、
ちょっと後ろに下がって平らなところから少し勢いをつけて走り出し、
一気にガレージまで入らないといけなかったことが時々ありました。
(わかるかなあ、この状況)

除雪車が割と早く除雪してはくれるものの、
出かける時までに除雪が間に合わない時もあり、
そういう時は、除雪されているメイン道路に出るまで
運転するのがちょっと怖い。

雪の降り始めとか、雪が多いときなどは、道路のコンディションが
最悪なので、運転もめちゃくちゃ怖い。
そういう状況でも、35mph(時速56km)くらいでみんな走ってるからね。

だから、今度車を買うときは4輪駆動がいいなと思っておりました。


4駆と言えば、SUV。

だけど、SUVは、どれもこれもでかい。
だんなは喜ぶけど、子供たちと私には不向き。

以前から気になっていた、「雪道に強い」と評判のスバル。

全車4駆らしいので、どんな車があるかUSAのサイトを見てみると、
クロスオーバーSUVがあるではありませんか。
しかも、選定基準にばっちり合う2018年グレードアップするのが。

SUBARU Crosstrek 2018。

日本でも、「SUBARU XV」で売り出されたばかりのようで、

日本の自動車評論家という方たちの評価もすこぶる良し。
アメリカのコンシューマーレポートの評価もとっても良し。

試乗した動画を見てみましたが、見てるとこっちまで
運転したくなってくるような魅力あり。

日頃、「クルマは移動できれば良し」と思っている
運転嫌いのこの私が、「これ運転してみたい」と初めて思った車。


他の候補の車とともに、Specやクルマの大きさなどを十分に検討。

実際に大きさなどを見てみたいので、7月末の週末に、ディーラーめぐり。

いくつかディーラーをまわった後、最後にSUBARUに寄って、
2018年モデルは、まだ現物がないから、Crosstrek 2017 を試乗。

で、結局、Crosstrek 2018 を発注しました。

長女と次女の大学費用も確保しておかないといけないし、
5年後くらいに、シエナを買い替えの可能性もあるので、
予算も限られます。sales tax も 10% だし。

ということで、2018 Crosstrek 2.0i Premium  に、

* Maker Option :
  EyeSight + Blind Spot Detection/Rear Cross Traffic Alert

* Splash Guard

をつけて、安全性重視の仕様。

アメリカの標準装備の仕様は、日本のものとはちょっと違うけど、
日本でいうところの「2.0i-L アイサイト」に一番近い仕様でしょうか。

納車まで、6weeks ~ 8weeks という事なので、
手元に来るのは9月中旬から下旬ごろ。

待ち遠しい…。
RKTatting pattern #6(タティングレース)
オリジナルパターン イヤリング。
(RKTatting pattern #E-001)
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.
E001-el

RKTatting レッスンプログラムの
初級後半レベルのパターンです。

基本の中サイズのパターンを少しアレンジすると、
写真ブルー系のように、大、小のサイズが出来上がります。

中サイズの糸の色やビーズの色を変えてたものが
写真ローズ系とシルバー系のもの。

色や大きさで、組み合わせは無限大。


2017年夏休み
最近はタティング記事ばかりで、
ほぼ1ヵ月に1回という超スローペース。

なんだか、もうずいぶん、普段の生活ブログからは遠ざかっています。

その間、何もなかったかと言えば、そういうわけでもなく、

パソコンのディスプレイを見続けるのが辛くなってきた
というのも原因の一つですが、

ただ、ただ、怠慢していただけですね。多分。


大学、高校の夏休みは5月末から始まっています。

次女は、8月から高校のSenior(日本の学齢の高校3年生)で、
9月から大学の願書受付が始まるので、今は、SATやACTなどの
カレッジテストで、いいスコアを取ることがとりあえずの目標。

プラス、大学に提出する予定のエッセイ(小論文)の下書きを仕上げるのが
この夏休み中の課題。

去年の年末から年明けにかけて、どれだけ次女に説教してきたことか…。

受験生という自覚が全く無く、大した勉強もしていないのに
大学には合格したいな、などとふざけたことを言うもので。


長女の方は、8月から大学のJunior(大学3回生)。
夏休み中は、大学近辺でバイトをするらしく、ついでに、
スペイン語の授業をサマースクールで受けることにしたそうで、
夏休み中に家に戻ってくるのは、ほんの数日。

スペイン語は必須科目ではないので、授業を取らなくてもいいのですが、
長女は、Elementary Education が専攻で、ESL教員の資格も取ろうと思っているらしく、
スペイン語は知っているといいかな、程度のノリで、去年、スペイン語を受講し、
その続きをサマースクールで受けようとしているようです。

が、大学のサマースクールは、通常1年間かけて受ける授業を
短期間で修了するもの。

実際サマースクールで出席する日数は、15日間らしい。
その15日間で1年分の授業内容をこなす、しかも、語学。

本人いわく、「サマースクールで語学をとるもんじゃないね」。
と、先日、帰ってきたときに、しみじみ言っておりました。


そんな感じなので、普段とあまりかわりない日々を
過ごすことになるでしょう。

あと最低5年間。
子供たちが大学卒業までは、贅沢は敵だ~!


RKTatting pattern #5(タティングレース)
オリジナルパターン ブレスレット。
(RKTatting pattern #BRL-001 ~BRL005, N005BRL)
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.
BRL01-05


オリジナルパターンネックレスをアレンジしたものや
タティングの基礎技術を使って作ったパターンなど
いろいろ作ってみました。

RKTatting レッスンプログラムの
初級後半~中級レベルのパターンです。

糸の色やビーズの色などを変えただけで、
雰囲気が随分変わります。

個人の好みや、肌の色、服の色に合わせて、
ベストフィットなパターンと色を選び出すのは
至難の業です。

そして、それはタティングレースアクセサリーの
醍醐味でもありますね。
RKTatting pattern #4(タティングレース)
オリジナルパターン ネックレス。

(RKTatting pattern #N-006, N-007)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

Lizbeth #20 : charcoal, brown
pearl beads : white、champagne, yellow brown
seed beads : silver lined crystal beads, gold lined crystal beads
N005-007
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

同じパターンで色を変えて作ったもの(white, brown系)と、
パターンを少し変えて作ったもの(champagne 系)です。

オリジナルと著作権(タティングレース)
去年の暮れあたりから、オリジナルパターンの公開に取り掛かりました。

今年は、アクセサリー系がメイン。

RKTatting のアクセサリーパターンは、

*カジュアルフォーマル
*気軽に普段でも使えるように
*タティング技術を練習することができるもの

をモットーに、デザインしています。

タティングのパターンは、突き詰めると似たようなパターンになりがちで、
もしかしたら、ほかの人が作ったパターンと被っている部分もあるかもしれません。

RKTatting のパターンは、1つのパターンを
作るあげるのに、何日もかけています。

以前から保存していたオリジナルパターンをもとにアレンジしたり、
ベースパターンをメインに、サブパターンを組み合わせたり、
目数などの調整を何度もやってみたり、
似たようなパターンを何種類も試作して、
最終的に一番満足のいくパターンや配色のものを作り上げ、
パターン詳細の説明書を作り上げた時点で、
写真を一般公開しています。

もし、似ているパターンがあったとしても、RKTatting パターンは、
vsp や SLT を多用しているので、詳細な部分は異なるはずです。

オリジナルパターンの写真は、今後もこのブログ内で公開する予定です。

パターンの詳細は、現在は、教室RKTatting でオリジナルパターンの
レッスン受講者にのみ、公開しています。
パターンの詳細の一般公開は、検討中です。

デザインに関しては、細心の注意を払っていますが、
万が一、酷似したパターンがあれば、RKTatting@gmail.comまでご連絡下さい。

著作権に関してのクレームは、オリジナルパターン製作ご本人様のみ
対応いたします。

なお、公開したRKTatting のオリジナルパターンは、
個人で楽しむ分にご使用になるのはかまいませんが、
商用目的で無断に使用することは、お断りいたします。

RKTatting pattern #3(タティングレース)
オリジナルパターン ネックレス。

(RKTatting pattern #N-003)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

ブルー系
Lizbeth #20 2色 , seed beads 3色
ptn-N003
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


材料の色を変えて作ったもののサンプルもあります。
(ブラック系、パープル系、グリーン系、ローズ系)

シードビーズをたくさん入れて華やかに。
RKTatting pattern #2(タティングレース)
01/23/17に公開したもう一つのオリジナルパターンです。

(RKTatting pattern #N-002)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

グレー系
Lizbeth #20 chacoal, silver lined crystal beads, white pearl 2種
wsm-#2 gray swaro-1
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


材料の色を変えて作ったものもあります。

ブラウン系
Lizbeth #20 Fudge Dk, gold lined crystal beads, purple系 pearl 2種
wsm-#2 brown-1 short
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

色は控えめにして落ち着いた雰囲気に仕上げながら、
優雅さを感じさせるように、光物を入れて少し華やかに作りました。

シードビーズをピコに変えれば、ひかえめな感じになります。

こちらのエクステンションを使って、ネックレスの長さを変えられるようになっています。
esm-#2 extentioin-before

esm-#2 extentioin-after

wsm-#2 brown-0


RKTatting pattern #1(タティングレース)
01/23/17に公開したオリジナルパターンの写真を取り直してみました。

(RKTatting pattern #N-001)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

ブラック系
Lizbeth #20 black, gold seed beads, white pearl
wsm-disp #1 black
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

グレー系
Lizbeth #20 chacoal, silver lined crystal beads, white pearl
wsm-disp #1 gray
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


使用した糸は、ミセス向けに色を控えめにして、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

糸の色を変えたり、パールの種類を変えたりして、アレンジも可能。

ステッチをきれいに見せるようなリングの重なり具合と
ビーズの配置にこだわって作ってみました。

反転させるとパターンのパーツの向きが変わるので、
表裏で楽しめるリバーシブルデザインです。

オリジナル(タティングレース)
去年の暮れに、友人からネックレスを作ってほしいと要望がありました。
「こんなのがいい」と、どこかで検索した写真を持ってきてたので、
とりあえず、それをほぼ忠実に再現して作ってみました。

が、

どうも、しっくりこない。

そこで、

いろいろアレンジをしてみたりしているうちに、
ひらめいたデザインをもとに、いろいろ試行錯誤して、
できあがったオリジナルがこちら。
RKTatting-org001
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

リングを重ねてビーズを散らして作った、普段使いにも、
カジュアルフォーマルにも使えそうなもの。
black color の糸に、gold seed beads, white pearl をあしらってみました。

友人は黒が好きなので、黒で作ってみましたが、
真っ黒は、黒以外の服と合わせると少し目立ちすぎるので、
トーンダウンして chacoal color の糸で、silver lined crystal beads,
white pearl でビーズを少し増やして作ったものがこちら。
(写真の画質を落としてあるので、違いがわかりにくいかもしれません)
RKTatting-org001-2
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

友人は、この chacoal color の方を気に入ってくれました。


このオリジナルのほかに、数点作ったものもありまして、
友人と一緒に来ていたもう一人は、こちらのデザインを
気に入ってくれたご様子。
chacoal color の糸、silver lined crystal beads,
white pearl 2種 で少し華やか目に作ってみました。
RKTatting-org002
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

そして、ありがたいことに、これは後日注文が入りました。

どちらもミセス向けに作ったので、落ち着いた雰囲気に仕上げています。
もちろん、若い人も使える一品です。

糸の色を変えたり、パールの種類や色を変えたりして、
若い人向けにアレンジも可能。


冬休み中は、暇があればずっと、
オリジナルパターンにかかりっきり。
何かを始めると、つい、夢中になってしまうたちなので、
他のことはほったらかしになってしまいます。

私は、普段からあまりアクセサリーをつけない人なので、
アクセサリーデザインにはあまり興味がなかったのですが、
誰かをイメージして作ってあげるのは、それはそれで楽しいかも。

という事で、今年は、ちょっとオリジナルパターンに
力を入れてみましょうか。
検索ワード 2016.6-10(タティングレース)
「タティング」という検索キーワードで引っかかって、
このブログにたどり着いた人たちが、
たくさんいらっしゃるようです。

が、

他の検索ワードがピンポイントで
引っかからないことには、
知りたいことを探しようがありません。

そして、それらの検索された言葉は、

*簡単に回答できそうなもの

*ブログ内では、まだ記事になっていないもの

*有料で対応しているから記事にしていないもの

*検索ワードの意味がわからなくて回答できないもの

など様々です。

検索ワードは、ブログ記事を書く上での参考にしています。

そこで、6月くらいからここ数か月の間に検索された
検索ワードを、ご紹介します。

どんな言葉には回答できて、
どんな言葉には回答できないか、
という事の参考にしていただくと良いと思います。


(A)ブログ内で対応していないもの
(B)ブログ内の記事の追加説明可能なもの
(C)造語と思われるもの
(D)検索ワードの意味不明、情報不足で説明不可能


(A)ブログ内で対応していないもの

<*** 検索ワード ***
 ビーズの入れ方、ビーズ通す、中心にビーズ
 デイジー、アリゲータージョイン、はさみつなぎ
 半月ジョセフィンノット
 マジックスレッド
 途中で糸を繋ぐ方法
 糸 足りなくなったら 最後糸始末 ほどく
*******>

これらは、ブログではまだ、記事にしていません。
(記事にしていても、詳細は説明していないものもあります)

記事にしない理由として、次のようなことがあります。

1)記事にすると、かなり長文になる。

2)テクニックとして使われることが少ないため、
  記事にしていない。

3)有料動画レッスン内で、詳しく説明している。
(糸の始末、マジックスレッドなど)

4)教室 RKTatting では、有料で生徒さんに教えているため、
  すべてを無料で一般に提供することはできない。



(B)ブログ内の記事の追加説明可能なもの

<*** 検索ワード ***
  ブリッジング、bridging
  vspとは SSとは
  coverstitchとは?
  ジグザグチェーン
  スプリットリング
  ダブルピコ
  クルーニーリーフ
  モックリング
  ダウンワードステッチ
  リヴァースワーク
  ノードステッチ
  ロックステッチ
  ブリッジング
  ピコット ピコットゲージ、ゲージ、使い方
  ピコットつなぎ シャトルつなぎ
  最後のつなぎ
  最後 繋ぎ方 最後のつなぎ方
  最後のピコットつなぎ 左きき
  全て表目に揃える
  見かけのピコの作り方
  ピコの幅の揃え方
  左手の糸の持ち方親指と中指でだめですか
  目がなかなかそろわない
  リングがねじれる ねじれ
  すきまをあけずにつぎのりんぐをつくるには
  ダブルシャトルの使い方
  リングの繋ぎ方、ピコの繋ぎ方、タティングレースのつなぎ方
  リングをつないだ後のリバースワーク
  ニードルタティングレース
  Celtic knot in tatting
  celtic tatted レース
*******>

これらの言葉は、ブログ内ですでに説明しているものもあれば、
これからブログ記事にしても良さそうなものなどです。
記事にできそうなものは、時間ができた時にでも対応します。



(C)造語と思われるもの

このRKTatting のブログ内で使用している言葉は、
英語表記、英語表現を基準として、
一般的に万国共通で使用されている言葉です。

RKTatting 独自の言葉は、テクニックをわかりやすく
教えるために作られたもので、一般では使用されないため、
そのような言葉については、記事内で定義、説明しています。

日本語のパターン本では、英語が翻訳された言葉が
さらに変化して使われている物もあるようですが、
中には、パターンの作者独自の表現で説明されて
いるものもあるようです。

そのような作者独自の言葉は造語ですので、このブログ内や
ネット検索で見つけることは難しいでしょう。

これらの言葉は、どこで参照したのか、参照元の情報が欲しいですね。
そうすれば、もしかしたら、説明できるかもしれません。

<*** 造語と思われる検索ワード ***
  リングつなぎ、ピコットつなぎ、右つなぎ, 2回折りピコットつなぎ
    =>これらの言葉は、パターン本独自の造語であると思われます。
      タティングでは、モチーフやパーツなどをつなげることを
      ジョイニング(Joining)といいます、ジョイニングは、
      ピコの部分や、チェイン、リングの切り替え部分で行います。


  タティングレースのスプリットの作り方
    => Split Ring や Split chain 等はありますが、
       スプリット(Split 分ける)という言葉単独で使うことはありません。

  スプリット編み、スプリットステッチ
    => パターン本独自の造語であると思われます。
         (確証はできませんが)Split Ring の右半分を作るときの
         ダウンワードステッチのことだと思われます。

  スプリットつなぎ
  スプリットドメ 
  交差アミ
  ねじり編み
    => パターン本独自の造語であると思われます。
****>



(D)検索ワードの意味不明、情報不足で説明不可能

以下は、検索ワード自体、つまり、その言葉自体が
無いものもあれば、何をしたいのか、どういう状態なのか
想像できない検索ワードの文章です。

「 => 」のあとに続く文は、想像で説明をつけてみたり
したものですが、あくまで参考までに。

<*** 意味不明な検索ワード ***

  見かけリング
    => 見せかけのリングのこと?(Mock Ring)

  スピリットリング
    => スプリットリングのこと?(Split Ring)

  二重円
    => オニオンリングのこと?(Onion Ring)

  スプリットブリッジ
    =>スプリットチェインのこと?

  モックチェーン、ホルスチェーン
    => false chainのこと???

  ブリッジの反対側にピコを作る
    => チェインの谷側に下向きのピコを作りたい?

  ピコのつなぎ目の数え方
    => 「ピコのつなぎ目」とは何でしょう?

  28カウント ハーフステッチ => ハーフステッチを28個連続で作りたい?

  シャトル2つをつなぐ方法 => シャトルを2つ一緒にくっつけて使いたい?
                  (ダブルボビンシャトルのようなものが欲しい?)

  ピコを裏側 裏目から => ピコをどうしたいのでしょう?

  リングの途中にリング => Ring on Ring のモチーフのことを聞きたい?

  変形スプリットリング => どんな Split Ring?

  2回折るピコットつなぎがどうしてもできない
    => 「2回折るピコットつなぎ」って何でしょう?

  ジョセフィンノットのジョイント => どの部分のことを指しているのでしょう?

  交差をなくす
  チェーンにレースを通す
  ステッチを2段続ける
  糸玉の糸を添えるレシピ
  重ね方
  立ち上がりのリング
  ブリッチのピコットつなぎ
  ピコット右 のつなぎ方
  2色リングとチェーンを重ねる
  ウロコのターン
  タティングボールの作り方
  リンクとリンクの間が空きすぎる
  あとから中心のモチーフをつける ピコ
  輪にダブルステッチ
  チェーン風スプリットリング
  クリップを使う
  カチューム応用
  リング同士の隙間
  ローゼンチェイン
*****>

これらの言葉や文章では、情報不足で説明ができません。

その言葉が出てきたサイトやパターン本などの情報、
パターンの写真など、詳しい情報がないと、

*何を知りたいのか
*何をしたいのか

がわからなくて、回答できないものが多いです。


コメント欄で、質問するのもいいでしょう、

コメント以外の方法なら、
知りたいこととその他の詳しい情報を、
一緒にメールで送っていただければ、
回答可能な場合もあります。

ブログ内で紹介できるような内容であれば、無料で回答できますが、
そうでないものは、有料でメールレッスンなどで対応しています。

質問、相談などは、無料ですので、
お気軽にお問い合わせください。

相談内容を検討して、有料か無料か返答いたします。

問い合わせ先:
 contact@rktatting.com
  または
 RKTatting@gmail.com

  ジャンクメールとみなされないように、
  件名に「レッスン内容相談」 と書くよう、お願いします。
新学期
今年は、次女の高校が8月15日から新学期が始まり、
長女は、8月17日に大学の寮に入りました。

だから、やっと日中が自由。
(昼食時に旦那がお昼を食べに帰ってくる以外は)

長女の引っ越し準備で散らかっていたリビングを
片付け、ちょっとすっきり。

相変わらず、テーブルの上は書類で埋め尽くされてますが…。


夏は、いろんなものを更新する時期で、
やっと全部更新が終わったところ。
更新費用の出費もひと段落。

車のエミッションテスト、車のレジストの更新、車の保険の更新、
家の保険の更新、AAAメンバーの更新。

車のregistration は、州の予算削減のため、
2015年の夏くらいから更新のお知らせの手紙が
来なくなるというので、

メールでお知らせを受信できるように

https://www.ilsos.gov/greenmail/
Green Mail

でメルアドを登録済み。ちゃんと更新の1か月前に連絡来ました。

エミッションテストが必要な場合は、お知らせは、ハガキで来る模様。
(エミッションテストは、レジスト前に終わらせておきます。)

オンラインでもレジストの更新はできるけど、
クレジットカードを使うため、Feeがかかります。

それが嫌なら、直接DMVに行って、現金か
パーソナルチェックで支払えばよし。

車のLicense numberと、本人確認のID(DLでOK)をお忘れなく。

ちなみに、こちらで車のVINを入力すれば、
registration status と emissions test が必要かどうかがわかります。

http://www.ilsos.gov/regstatus/
Title and Registration Status Inquiry

イリノイ州在住の方、
車のレジスト忘れてないか、ご確認を。

スリル再び

最近、ブログの更新が1ヵ月おきくらいになってしまいました。
すっかりさぼっています。

夏休みや冬休みなど、学校が休みの間
というのは、いつもよりも忙しい。

日中、学校に行っていた子供たちが
家の中にいる時間が長くなるので、
自由な時間が少なくなってしまいます。

長女は、5月半ばに大学から戻り、
近所のカレッジでサマースクールの授業を1つ受けながら、
空いている日はアルバイト。

次女は、午前中は高校のサマースクール、
午後は学校外でドライビング教習を受けるので、
送迎が必要。

*長女はバイト先に行くのに車が必要
*次女のドライビングスクールの送迎
*次女の車の運転の練習
*旦那は会社に行くため
*私の用事

で、ここ1か月ほど、2台の車を誰がいつ使うかの
スケジューリングが大変でした。

ご飯の用意と送迎と家事もろもろで
1日が終わってしまいますね。

今日からは、ドライビングスクールの送迎が
いらなくなるので、だいぶ楽。

そのかわり、次女の運転の練習に付き合わされるので、
血圧が上がらないことを願うばかりです。

3年前の長女の運転の練習のときは、家に帰ってくると、
ぐったりしてたこともあったなあ…。

アメリカでの運転の練習は、公道が練習場。

しかも自家用車を使うので、当然ながら、
助手席にはブレーキついてません。

そのへんのホラーより、よっぽど怖い。
スリルとサスペンス満載の夏休み。


あれ?
いつのまにか6月ではないですか。

暖かくなって、気持ちがゆるみっぱなしです。

ここのところ、散歩、整体で、体調を整えるのに忙しく(本当か?)、
いいわけばかりが脳裏をめぐる・・・。

まだブログに出してないタティング技術の文章おこし、
オリジナルパターンのサンプル作りと、
いろいろやっていたような気はしますが、
どれもこれも中途半端。

いまいち方向性が決まらないのが、
やる気が出ない理由かな・・・。

さて、どうしよう。
のんびりしようよ
春だ! 4月だ!

と思いきや、4月2日に雪が降る。

そんなシカゴ近郊の天気です。

雪が積もりはしなかったものの、
ストームのものすごい風に乗って、
小さい粒の雪が真横に降る。

上から下に落ちるように降るのではなくて、
風に吹き飛ばされるように南から北に向かって横に降る。

雨雲ならぬ黒い雪雲がやってきて吹雪いたかと思うと、
数時間後には青空が広がり、いい天気。
その繰り返しの土曜日でした。

日曜日はいい天気。
でも、月曜日の今日は、どんより曇り空。

まだまだ安定しない春。
今週いっぱいは、まだ寒そう。


ここ数年、いろんな体調不良が続いていたものの、
それもなんとなくマシになってきましたが、
まだまだ本調子ではなく・・・。
(それとも、体調不良に慣れてしまっただけなのか?)


1年前に受けたMRIのフォローアップで、
最近再度MRIを受け、検査結果は、

「以前と変化なし。問題ないでしょう。
 また、ひどい頭痛などが起こるようなら来てね」

ということで、この件は、とりあえず、一件落着。


でも、3月中は、右下奥歯のインプラントの周辺で、
トラブルが続き、毎週違う症状で歯医者通い。

先週からは、顎関節症に悩まされております。

おまけに、ダンナにうつされた風邪のせいで、体調不良。

もうすぐ「半世紀ちゃん」だから、
あっちこっちガタがきてるのが良くわかるここ数年。
軽い更年期障害でしょうか・・・。


最近の目標は、

★無理しない!!!
★怪我しない!!!
★できなくてもいいやん!!!

みたいな・・・。

ゆる~い日々を過ごしています。


検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。