スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RKTatting pattern #6(タティングレース)
オリジナルパターン イヤリング。
(RKTatting pattern #E-001)
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.
E001-el

RKTatting レッスンプログラムの
初級後半レベルのパターンです。

基本の中サイズのパターンを少しアレンジすると、
写真ブルー系のように、大、小のサイズが出来上がります。

中サイズの糸の色やビーズの色を変えてたものが
写真ローズ系とシルバー系のもの。

色や大きさで、組み合わせは無限大。


スポンサーサイト
RKTatting pattern #5(タティングレース)
オリジナルパターン ブレスレット。
(RKTatting pattern #BRL-001 ~BRL005, N005BRL)
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.
BRL01-05


オリジナルパターンネックレスをアレンジしたものや
タティングの基礎技術を使って作ったパターンなど
いろいろ作ってみました。

RKTatting レッスンプログラムの
初級後半~中級レベルのパターンです。

糸の色やビーズの色などを変えただけで、
雰囲気が随分変わります。

個人の好みや、肌の色、服の色に合わせて、
ベストフィットなパターンと色を選び出すのは
至難の業です。

そして、それはタティングレースアクセサリーの
醍醐味でもありますね。
RKTatting pattern #4(タティングレース)
オリジナルパターン ネックレス。

(RKTatting pattern #N-006, N-007)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

Lizbeth #20 : charcoal, brown
pearl beads : white、champagne, yellow brown
seed beads : silver lined crystal beads, gold lined crystal beads
N005-007
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

同じパターンで色を変えて作ったもの(white, brown系)と、
パターンを少し変えて作ったもの(champagne 系)です。

オリジナルと著作権(タティングレース)
去年の暮れあたりから、オリジナルパターンの公開に取り掛かりました。

今年は、アクセサリー系がメイン。

RKTatting のアクセサリーパターンは、

*カジュアルフォーマル
*気軽に普段でも使えるように
*タティング技術を練習することができるもの

をモットーに、デザインしています。

タティングのパターンは、突き詰めると似たようなパターンになりがちで、
もしかしたら、ほかの人が作ったパターンと被っている部分もあるかもしれません。

RKTatting のパターンは、1つのパターンを
作るあげるのに、何日もかけています。

以前から保存していたオリジナルパターンをもとにアレンジしたり、
ベースパターンをメインに、サブパターンを組み合わせたり、
目数などの調整を何度もやってみたり、
似たようなパターンを何種類も試作して、
最終的に一番満足のいくパターンや配色のものを作り上げ、
パターン詳細の説明書を作り上げた時点で、
写真を一般公開しています。

もし、似ているパターンがあったとしても、RKTatting パターンは、
vsp や SLT を多用しているので、詳細な部分は異なるはずです。

オリジナルパターンの写真は、今後もこのブログ内で公開する予定です。

パターンの詳細は、現在は、教室RKTatting でオリジナルパターンの
レッスン受講者にのみ、公開しています。
パターンの詳細の一般公開は、検討中です。

デザインに関しては、細心の注意を払っていますが、
万が一、酷似したパターンがあれば、RKTatting@gmail.comまでご連絡下さい。

著作権に関してのクレームは、オリジナルパターン製作ご本人様のみ
対応いたします。

なお、公開したRKTatting のオリジナルパターンは、
個人で楽しむ分にご使用になるのはかまいませんが、
商用目的で無断に使用することは、お断りいたします。

RKTatting pattern #3(タティングレース)
オリジナルパターン ネックレス。

(RKTatting pattern #N-003)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

ブルー系
Lizbeth #20 2色 , seed beads 3色
ptn-N003
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


材料の色を変えて作ったもののサンプルもあります。
(ブラック系、パープル系、グリーン系、ローズ系)

シードビーズをたくさん入れて華やかに。
RKTatting pattern #2(タティングレース)
01/23/17に公開したもう一つのオリジナルパターンです。

(RKTatting pattern #N-002)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

グレー系
Lizbeth #20 chacoal, silver lined crystal beads, white pearl 2種
wsm-#2 gray swaro-1
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


材料の色を変えて作ったものもあります。

ブラウン系
Lizbeth #20 Fudge Dk, gold lined crystal beads, purple系 pearl 2種
wsm-#2 brown-1 short
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

色は控えめにして落ち着いた雰囲気に仕上げながら、
優雅さを感じさせるように、光物を入れて少し華やかに作りました。

シードビーズをピコに変えれば、ひかえめな感じになります。

こちらのエクステンションを使って、ネックレスの長さを変えられるようになっています。
esm-#2 extentioin-before

esm-#2 extentioin-after

wsm-#2 brown-0


RKTatting pattern #1(タティングレース)
01/23/17に公開したオリジナルパターンの写真を取り直してみました。

(RKTatting pattern #N-001)
カジュアルフォーマル用ネックレス。

ブラック系
Lizbeth #20 black, gold seed beads, white pearl
wsm-disp #1 black
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

グレー系
Lizbeth #20 chacoal, silver lined crystal beads, white pearl
wsm-disp #1 gray
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


使用した糸は、ミセス向けに色を控えめにして、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

糸の色を変えたり、パールの種類を変えたりして、アレンジも可能。

ステッチをきれいに見せるようなリングの重なり具合と
ビーズの配置にこだわって作ってみました。

反転させるとパターンのパーツの向きが変わるので、
表裏で楽しめるリバーシブルデザインです。

オリジナル(タティングレース)
去年の暮れに、友人からネックレスを作ってほしいと要望がありました。
「こんなのがいい」と、どこかで検索した写真を持ってきてたので、
とりあえず、それをほぼ忠実に再現して作ってみました。

が、

どうも、しっくりこない。

そこで、

いろいろアレンジをしてみたりしているうちに、
ひらめいたデザインをもとに、いろいろ試行錯誤して、
できあがったオリジナルがこちら。
RKTatting-org001
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

リングを重ねてビーズを散らして作った、普段使いにも、
カジュアルフォーマルにも使えそうなもの。
black color の糸に、gold seed beads, white pearl をあしらってみました。

友人は黒が好きなので、黒で作ってみましたが、
真っ黒は、黒以外の服と合わせると少し目立ちすぎるので、
トーンダウンして chacoal color の糸で、silver lined crystal beads,
white pearl でビーズを少し増やして作ったものがこちら。
(写真の画質を落としてあるので、違いがわかりにくいかもしれません)
RKTatting-org001-2
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

友人は、この chacoal color の方を気に入ってくれました。


このオリジナルのほかに、数点作ったものもありまして、
友人と一緒に来ていたもう一人は、こちらのデザインを
気に入ってくれたご様子。
chacoal color の糸、silver lined crystal beads,
white pearl 2種 で少し華やか目に作ってみました。
RKTatting-org002
Copyright © 2017 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.

そして、ありがたいことに、これは後日注文が入りました。

どちらもミセス向けに作ったので、落ち着いた雰囲気に仕上げています。
もちろん、若い人も使える一品です。

糸の色を変えたり、パールの種類や色を変えたりして、
若い人向けにアレンジも可能。


冬休み中は、暇があればずっと、
オリジナルパターンにかかりっきり。
何かを始めると、つい、夢中になってしまうたちなので、
他のことはほったらかしになってしまいます。

私は、普段からあまりアクセサリーをつけない人なので、
アクセサリーデザインにはあまり興味がなかったのですが、
誰かをイメージして作ってあげるのは、それはそれで楽しいかも。

という事で、今年は、ちょっとオリジナルパターンに
力を入れてみましょうか。
検索ワード 2016.6-10(タティングレース)
「タティング」という検索キーワードで引っかかって、
このブログにたどり着いた人たちが、
たくさんいらっしゃるようです。

が、

他の検索ワードがピンポイントで
引っかからないことには、
知りたいことを探しようがありません。

そして、それらの検索された言葉は、

*簡単に回答できそうなもの

*ブログ内では、まだ記事になっていないもの

*有料で対応しているから記事にしていないもの

*検索ワードの意味がわからなくて回答できないもの

など様々です。

検索ワードは、ブログ記事を書く上での参考にしています。

そこで、6月くらいからここ数か月の間に検索された
検索ワードを、ご紹介します。

どんな言葉には回答できて、
どんな言葉には回答できないか、
という事の参考にしていただくと良いと思います。


(A)ブログ内で対応していないもの
(B)ブログ内の記事の追加説明可能なもの
(C)造語と思われるもの
(D)検索ワードの意味不明、情報不足で説明不可能


(A)ブログ内で対応していないもの

<*** 検索ワード ***
 ビーズの入れ方、ビーズ通す、中心にビーズ
 デイジー、アリゲータージョイン、はさみつなぎ
 半月ジョセフィンノット
 マジックスレッド
 途中で糸を繋ぐ方法
 糸 足りなくなったら 最後糸始末 ほどく
*******>

これらは、ブログではまだ、記事にしていません。
(記事にしていても、詳細は説明していないものもあります)

記事にしない理由として、次のようなことがあります。

1)記事にすると、かなり長文になる。

2)テクニックとして使われることが少ないため、
  記事にしていない。

3)有料動画レッスン内で、詳しく説明している。
(糸の始末、マジックスレッドなど)

4)教室 RKTatting では、有料で生徒さんに教えているため、
  すべてを無料で一般に提供することはできない。



(B)ブログ内の記事の追加説明可能なもの

<*** 検索ワード ***
  ブリッジング、bridging
  vspとは SSとは
  coverstitchとは?
  ジグザグチェーン
  スプリットリング
  ダブルピコ
  クルーニーリーフ
  モックリング
  ダウンワードステッチ
  リヴァースワーク
  ノードステッチ
  ロックステッチ
  ブリッジング
  ピコット ピコットゲージ、ゲージ、使い方
  ピコットつなぎ シャトルつなぎ
  最後のつなぎ
  最後 繋ぎ方 最後のつなぎ方
  最後のピコットつなぎ 左きき
  全て表目に揃える
  見かけのピコの作り方
  ピコの幅の揃え方
  左手の糸の持ち方親指と中指でだめですか
  目がなかなかそろわない
  リングがねじれる ねじれ
  すきまをあけずにつぎのりんぐをつくるには
  ダブルシャトルの使い方
  リングの繋ぎ方、ピコの繋ぎ方、タティングレースのつなぎ方
  リングをつないだ後のリバースワーク
  ニードルタティングレース
  Celtic knot in tatting
  celtic tatted レース
*******>

これらの言葉は、ブログ内ですでに説明しているものもあれば、
これからブログ記事にしても良さそうなものなどです。
記事にできそうなものは、時間ができた時にでも対応します。



(C)造語と思われるもの

このRKTatting のブログ内で使用している言葉は、
英語表記、英語表現を基準として、
一般的に万国共通で使用されている言葉です。

RKTatting 独自の言葉は、テクニックをわかりやすく
教えるために作られたもので、一般では使用されないため、
そのような言葉については、記事内で定義、説明しています。

日本語のパターン本では、英語が翻訳された言葉が
さらに変化して使われている物もあるようですが、
中には、パターンの作者独自の表現で説明されて
いるものもあるようです。

そのような作者独自の言葉は造語ですので、このブログ内や
ネット検索で見つけることは難しいでしょう。

これらの言葉は、どこで参照したのか、参照元の情報が欲しいですね。
そうすれば、もしかしたら、説明できるかもしれません。

<*** 造語と思われる検索ワード ***
  リングつなぎ、ピコットつなぎ、右つなぎ, 2回折りピコットつなぎ
    =>これらの言葉は、パターン本独自の造語であると思われます。
      タティングでは、モチーフやパーツなどをつなげることを
      ジョイニング(Joining)といいます、ジョイニングは、
      ピコの部分や、チェイン、リングの切り替え部分で行います。


  タティングレースのスプリットの作り方
    => Split Ring や Split chain 等はありますが、
       スプリット(Split 分ける)という言葉単独で使うことはありません。

  スプリット編み、スプリットステッチ
    => パターン本独自の造語であると思われます。
         (確証はできませんが)Split Ring の右半分を作るときの
         ダウンワードステッチのことだと思われます。

  スプリットつなぎ
  スプリットドメ 
  交差アミ
  ねじり編み
    => パターン本独自の造語であると思われます。
****>



(D)検索ワードの意味不明、情報不足で説明不可能

以下は、検索ワード自体、つまり、その言葉自体が
無いものもあれば、何をしたいのか、どういう状態なのか
想像できない検索ワードの文章です。

「 => 」のあとに続く文は、想像で説明をつけてみたり
したものですが、あくまで参考までに。

<*** 意味不明な検索ワード ***

  見かけリング
    => 見せかけのリングのこと?(Mock Ring)

  スピリットリング
    => スプリットリングのこと?(Split Ring)

  二重円
    => オニオンリングのこと?(Onion Ring)

  スプリットブリッジ
    =>スプリットチェインのこと?

  モックチェーン、ホルスチェーン
    => false chainのこと???

  ブリッジの反対側にピコを作る
    => チェインの谷側に下向きのピコを作りたい?

  ピコのつなぎ目の数え方
    => 「ピコのつなぎ目」とは何でしょう?

  28カウント ハーフステッチ => ハーフステッチを28個連続で作りたい?

  シャトル2つをつなぐ方法 => シャトルを2つ一緒にくっつけて使いたい?
                  (ダブルボビンシャトルのようなものが欲しい?)

  ピコを裏側 裏目から => ピコをどうしたいのでしょう?

  リングの途中にリング => Ring on Ring のモチーフのことを聞きたい?

  変形スプリットリング => どんな Split Ring?

  2回折るピコットつなぎがどうしてもできない
    => 「2回折るピコットつなぎ」って何でしょう?

  ジョセフィンノットのジョイント => どの部分のことを指しているのでしょう?

  交差をなくす
  チェーンにレースを通す
  ステッチを2段続ける
  糸玉の糸を添えるレシピ
  重ね方
  立ち上がりのリング
  ブリッチのピコットつなぎ
  ピコット右 のつなぎ方
  2色リングとチェーンを重ねる
  ウロコのターン
  タティングボールの作り方
  リンクとリンクの間が空きすぎる
  あとから中心のモチーフをつける ピコ
  輪にダブルステッチ
  チェーン風スプリットリング
  クリップを使う
  カチューム応用
  リング同士の隙間
  ローゼンチェイン
*****>

これらの言葉や文章では、情報不足で説明ができません。

その言葉が出てきたサイトやパターン本などの情報、
パターンの写真など、詳しい情報がないと、

*何を知りたいのか
*何をしたいのか

がわからなくて、回答できないものが多いです。


コメント欄で、質問するのもいいでしょう、

コメント以外の方法なら、
知りたいこととその他の詳しい情報を、
一緒にメールで送っていただければ、
回答可能な場合もあります。

ブログ内で紹介できるような内容であれば、無料で回答できますが、
そうでないものは、有料でメールレッスンなどで対応しています。

質問、相談などは、無料ですので、
お気軽にお問い合わせください。

相談内容を検討して、有料か無料か返答いたします。

問い合わせ先:
 contact@rktatting.com
  または
 RKTatting@gmail.com

  ジャンクメールとみなされないように、
  件名に「レッスン内容相談」 と書くよう、お願いします。
メディアの影響
ちょっと前に、某テレビ番組で、タティングレースのことが
紹介されたようですね。

その影響で「タティングレース」を検索する人が多くなったのか、
このブログや RKTatting の Facebook Page への
アクセス数が増えているようです。

メディア すごし!!!

まあ、それだけタティングを知らない人がいて、
興味を持った人が増えたということなのでしょうけど。

これを機会に、タティングを始める人が
もっと増えてくれるといいですね。

奥が深いよ、タティングは。

そのタティングレースの良さを知ってもらうために、
タティングレース教室 RKTatting は、貴女のお手伝いをします。

RKTatting 総合サイト: rktatting.com


なぜ、タティング
いろんな趣味、手芸がある中、なぜ、タティングレースを選ぶのか?

「タティングレースを作って何ができるの?」
という質問をたまに聞きますが、

それは、他のお稽古事にしても同じこと。

「xxを習って、なにができるの?」

のxxの部分を変えただけ。

作って、飾って、プレゼント、etc ... 。

その先にあるものは、個人個人で違ってくるものでしょう。


それ以外のプラスアルファになる部分は、私の場合、

*手先を動かす(脳を鍛える<その1>)

*考える(脳を鍛える<その2>)

*持ち運び、片付けの楽さ

*作った後も、場所を取らない

*教材費、材料費もそれほどかからない

そんなところでしょうか。

人に見せるため、とかういうわけではなく、
どちらかというと、自己満足的なところに選択理由があります。


さらに付け加えるなら、

”また作ってみたくなる”ようなオリジナルパターンを作れたらなあ。


また、タティングを教えることに関して言えば、

「作れなかったものを作れるようになっていく」のを
見守るのがうれしいし、楽しい。

教室を開いているのは、そんな生徒さんたちの
技術が上がっていく姿を見るのがうれしいし、
作ったものを披露する「場」を提供できればなあ、と。


できないことをできるようになるために、
人に教わるのが、お稽古事の特権。

不器用だからとか、難しそうだからとか言う前に、
まず、とりあえずはやってみてもらいたいものですね。

そのために、無料トライアルレッスンがあります。

続けるかどうかは、やってみた後で決めればいいのです。

何事も。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

★無料トライアルレッスンのお問い合わせ、
  教室 RKTatting に関するお問い合わせは下記まで
contact-el
    タティングレース教室 RKTatting
    教室所在地: Hoffman Estates 北部
                     Illinois.USA

★教室に来ることができない方のために

  RKTatting 動画レッスン Knot & Tat
  RKTatting メールレッスン Mail & Tat
        (総合サイト rktatting.com をご覧ください。)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

メールレッスン(タティングレース)
タティングレースのメールレッスンをはじめました。

   タティングレース教室 RKTatting メールレッスン 「Mail & Tat」

このメールレッスンは、1対1のカスタマイズレッスンです。

教室に通えないから教えて欲しくても教えてもらえない、
独学してるけどわからない、
助言がほしい、

などなど、タティングレースの作り方に関しての
お悩み相談といったところでしょうか。


また、動画レッスン「Knot & Tat」は、中級「基礎編」が追加されました。

   タティングレース教室 RKTatting 動画レッスン 「Knot & Tat」


興味があれば、ぜひ、どうぞ。  (総合サイト rktatting.com からも入れます。)


動画レッスンモニター募集(V1.2)
タティングレース教室 RKTatting 有料動画レッスン

「Knot & Tat (v1.2)」

に、中級基礎編を追加しました。
advance-org01



一般公開前に、「無料1週間動画モニター」を募集します。

詳しくは、RKTatting ホームページ (http://rktatting.com)
の「お知らせ」で、ご確認ください。

応募締め切りは、2015年6月19日です。
皆様のご応募、お待ちしています。

もう少し
あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。

月日のたつのは、なんて早いのでしょうか。

時間が過ぎた分だけ何かやったのかといえば、
そうでもなく、なんだか効率が悪い日々が
過ぎていったように思えます。


さて。


タティングレース中級基礎動画が、やっとできました。

といっても、撮影した動画にナレーションを組み込んだ
22本の短編動画のみ。時間にして合計90分ほどの内容です。

出来上がっている初級短編動画が83本で合計約3時間くらい。
改めて数を数えてみると、良く作ったもんだと、自画自賛です。

2時間ものの劇場映画を撮影するのに
半年かかることもあると聞いたことはあるけれど、
その苦労がちょっとわかるような、わかっていないような・・・。

これから、プログラミングして中級動画をサイトに組み込みます。
それができたら、動作テストをして一般公開。

次の区切りまで、あともうちょっと。


増えてる
2014年11月初旬にタティングレース動画レッスン
一般公開のお知らせをした後、

RKTatting Facebookページ
「 タティングレースの作り方 by RKTatting 」
  
を、全く更新していなかったのですが、

なんと、ページの「いいね」が増えてます。

びっくりです。

11月時点で350くらいだったのが、今日564となりました。

ありがとうございます。

ほったらかしなのに増えているこの不思議。

励みになりますが、その一方で
ちょっとプレッシャーでもあります。

ブログのタティング記事も
最近は全く更新していないので・・・。


でも、それだけたくさんの人たちが、タティングに関する
情報を求めているのかなと。

RKTatting は、「タティングレースの作り方」を主にしています。

”作り方を教えること”がメインです。

デザインしたパターンの公開や製作、販売は、今のところありません。

それでも、検索などでFacebookページやこのブログに
たどり着く人たちがいるということは、
まだまだ作り方に関する情報は不十分なのでしょうね。

はやりすたりで終わらない息の長い趣味として、
たくさんの人に作ってもらえるようになるよう、
これからも続けていけたらと思います。


もう1年経ってしまった(タティングレース)
あと数日で1月も終わりなんですね。
時のたつのが早すぎる。

タティングレース動画レッスンの製作に取り掛かって
もうすぐ1年になろうとしています。

時間がかかりすぎてるかも。

当初の予定では、2014年内に中級の基本までを仕上げるはずだったのに、
結局、出来上がったのは初級の内容のみ。

なぜか、まだ手間取ってます。

「中級の基本」を動画にするのが、めちゃめちゃ難しい。

「ああ、こんな感じなんだな」という感覚的な部分を、
言葉で明確に説明するのが一番難しい部分です。

テクニック云々というよりも、いかに「わかってもらえる動画」を作るか、
というところで、なかなかうまく仕上がりません。

動画とそのナレーション、使うサンプルパターンなどなど、
試行錯誤の連続。

なんとか3月までには「中級の基本」を仕上げたいところです。

でも、動画製作のみをするわけにもいかず、通常の
教室レッスンも開講し、突発的に湧き上がる家の用事を
済ませてからとなると、どうしても後手後手に。

おまけに、時々リフレッシュしないと、
何も思いつかない、何も手につかない、何もしたくない、
というスランプ状態が訪れ、現実逃避・・・。
(というより、ここのところ、ほとんどそんな状態かも・・・)

ブログのタティング技術記事も増やしたいとは思うけど、
なかなかそれまで手が回らない。

そして、言い訳の連続。

そんなジレンマにおちいっております。

こんなのでよければ、どうぞ長い目で、
今後ともお付き合いください。


RKTatting 独自用語 一覧(タティングレース)
このブログ内で、タティングレースに関する技術の説明を行っています。

基本的に、説明時に使用している言葉や表現は、
「一般的に使われている英語表現」を基準に使っています。

文章で説明しなければならないため、その文が冗長にならないように
気をつけていますが、それでも、重複した表現や内容を省略するために、
教室 RKTatting 独自で使う用語というものがいくつかあります。


一般的な呼び方では無いので、一般的に使われている物と混同しないように
RKTatting 独自用語を書き出しておきます。


<RKTatting 独自用語 一覧>

*bridge( ブリッジ )
左手に糸を持ったとき、人差し指と中指の間にかかった部分の糸のこと。
この部分の糸をトランスファーすることで芯糸にからめとって、タティングの
ステッチが作られます。ブリッジの糸の色がステッチの色になります。
リングを作るときは、シャトル糸(メインシャトルの糸)がブリッジになり、
チェインを作るときは、ボール糸(またはセカンドシャトルの糸)がブリッジになります。

*ステッチの山側、谷側
ステッチの上側を山側、下側を谷側と表現することがあります。
リングの場合、リングの外側がステッチの山側、リングの内側がステッチの谷側になります。
チェインの場合、ステッチを寄せると自然なカーブになります。そのカーブに沿って、
ステッチの上側を山側、ステッチの下側を谷側と表現しています。

*C-Join( シージョイン )
リングだけで作ったモチーフの、最初と最後のリングをつなぐときの
特殊なジョイニングの方法。
この手法には特に名称が無いので、RKTattingでは、この呼び方で統一しました。

*STRW( Side Turn Reverse Work : Turn side to side, )
手前から奥、奥から手前方向に反転する普通のリバースワーク(RW)に対して、
明示的に横方向の反転を示します。
(Turn Work と表現されている例もあります。)

一般的なパターンでは、横方向の反転作業もRWと記載されており、(または記号省略)
文章で、「本のページをめくるように反転する」などと、解説されている場合が多いです。

*ダウンワードステッチ(downward stitch)
下向きのダブルステッチ。 RKTatting では、上向きのステッチに対して
下向きという意味で、この呼び名で統一しています。
一般では、ラークズ ヘッド ノット( lhk : Lark's Head Knot )と呼ばれているものです。

*デイジーステッチ
デイジーピコやパールタティングのときに作るステッチの作り方の一種。
ダウンワードステッチを数目作って、芯糸に沿ってステッチを180度回転させます。

*カバーステッチ
プラスティックやワイヤーのリング(輪)などを、ダブルステッチで覆っているような
見かけになるように作る方法。
この手法には特に名称が無いので、RKTattingでは、この呼び方で統一しました。


★★★ RKTatting 独自用語は、思い出した時点で、順次、追加していきます。★★★



動画レッスン改名(タティングレース)
一般公開を始めたタティングレース動画レッスンですが、

そのタイトルを

RKTatting 「Knot & Tat」
(アール ケイ タティング 「ノット アンド タット」と読みます。)

に、改名しました。

KnotAndTat


「おうちでレッスン」というタイトルが
いくつか見つかったため、それらと混同しないように、
というのが、改名理由です。

単純。


そこで、改名記念として、

「特別無料トライアル」の募集をします。


*初級コース「チェインを作る」の無料トライアル。
  基本のダブルステッチの作り方などについてです。

*3日間無料で視聴できます。

*視聴後に、アンケートにお答えいただきます。

*抽選で5名様に。

*申込期限: アメリカ中西部時間で2014年11月21日まで



タティングレース教室 RKTatting 総合ホームページ

rktatting.com の、お知らせ:「無料トライアル」

をクリックして、詳細をご覧ください。

ご応募お待ちしております。

11/21/14 update ---
    「特別無料トライアル」の募集は、締め切りました。
    ご応募ありがとうございました。


動画レッスン公開(タティングレース)
タティングレース教室 RKTatting 有料動画レッスン

おうちでレッスン」 改め (2014/11/19 update)
RKTatting 「Knot & Tat」 (Ver 1.1)

の一般公開を始めます。

KnotAndTat


内容は、

  • タティングレースを知らない初めての方

  • タティングレースを始めたばかりの方


のような初心者向けの初級コースです。

初級コースを終える頃には、こちらのパターン
WL-basic-ptn
Basic pattern RKTatting original by Ryoko Kawahara
( Lizbeth #20 color#:664 )

を作れるようになります。

レッスンメニュー、サンプル動画、動画一覧の目次を、ご覧になりたい場合は

メンバーID: guest
パスワード: guest

で、ゲストログインして見ることができます。

動画レッスンの正常動作確認をした上で、動画レッスンにお申込ください。
(質問などは、メニュータブの「連絡先」までお願いします。)


今後は、中級レベル以降の動画を順次、製作追加予定です。

これからも充実した内容を
お伝えしていきたいと思います。


<著作権についてご配慮お願いいたします>
著作者の許可無く RKTatting コンテンツの画像、動画、文章などを、
カメラ、携帯、タブレット、レコーダー等の撮影機器で撮影をしたり、
営利目的に使用することなどは、一切お断りいたします。

ご家庭で個人的に私的利用の範囲で、ご利用ください。

タティングレース教室 RKTatting 総合ホームページ rktatting.com


モニター募集要項、変更内容(タティングレース)

動画モニター募集に関するお知らせです。

2014年9月22日から28日まで募集を開始していますモニター募集要項

「RKTatting 動画モニター募集」

の一部の表記の変更です。

ビデオチャット等による面接は、オプションですので、
面接できない場合でも、モニターの申込はできます。

面接できない場合は、申込メールの本文中に、
「面接不可」と申告願います。

また、提供していただく写真のサイズは、300 x 300 pix と指定していますが、
写真サイズの変更などができない場合は、写真をそのまま添付していただいて
かまいません。(その場合は、こちらでサイズ加工します)

よろしくお願いします。

★面接の主な目的は、ご本人様と提供された写真の確認のためです。
  写真不正使用防止のため、ご協力いただければ、と思います。
  (不正使用などは、ありえないこととは思いますが、念のためです)

動画モニター募集(タティングレース)
製作過程にあるタティングレース動画レッスンの
無料モニターを、3名募集します。

現在、初級レベル動画レッスンが、90%くらい出来上がっています。
モニターしてもらうことで、より良い動画レッスンに仕上げる予定です。

モニターの募集要項の詳細は、

「RKTatting 動画モニター募集」
http://rktatting.com/HM/notice-Sep2014.html

を参照してください。

申し込み期限は2014年9月28日です。

ご応募お待ちしています。

アンケート結果(タティングレース)
先週、タティングに関するアンケートを行ったところ、
今日までに、61件の回答をいただきました。
    08/13/14 アンケート調査(タティングレース)

ありがとうございます。
いろいろなご意見をいただき、これからの励みにしたいと思います。

このアンケートは2014年8月30日に終了します。
(もし、未回答の場合は、アンケートに参加していただけると
 ありがたいです)


現在までのアンケート結果の一部を公開しますと、


まず、「★タティングをどこで知りましたか?」という質問に対する回答は、

1)その他 (54%)
2)メディア(雑誌、テレビなど) (33%)
3)友達 (13%)

の順番になりました。

「その他」の内わけとして、

手芸店で見かけた
販売されているキット
ホビーショー
手つくり市
本屋の手芸コーナー
図書館
小説に出てきた
大学
ネット
2チャンネル
レース教室
電車の中でみかけた

等がありました。


そして、「★年齢層」。
survey-age

子育てが一段落した頃の41歳~50歳の層が多いですね。
ゆっくり自分の時間が持てる世代に、タティングは好まれるのでしょうか。

10代、20代が少ないのは、他にもたくさんやりたいことがあるからかな?
タティングに出会う機会も少ないでしょうね。

「タティングの目が小さいから見えないかも」と言う理由で、
タティングを敬遠する方もいらっしゃるので、
50代以上の方は、少ないかと思っていましたが、
作りたい人にとっては、年齢は関係ないですね。


「★どこでタティングを学んだか」という質問の回答(複数回答可)は、

パターン本 (30%)
Youtube 等の動画 (20%)
日本のサイト (14%)
RKTating のブログ&サイト (11%)
その他のタティングレース教室 (9%)
海外のサイト (8%)

(xx%):61件の回答のうちのパーセンテージ

のような感じです。

動画のパーセンテージが多いのは、
それだけ動画の数が増えてきたと言うことでしょうか。
数年前は、動画など無かったので、便利になったものです。

「海外のサイト」が少ないのは、やはり、言葉の問題でしょうか。


「★受講してみたいレッスン内容」(複数回答可)。
survey-lesson
このブログにたどり着いた方は、独学している方が多いようなので、
回答者の半数以上は、中級レベル位ではないでしょうか。

「できない部分だけ、レッスン内容を選択」という回答が多いのは、
興味深いですね。どんなことができないのか、知りたいのか、
その部分をもう少し掘り下げてみたいところです。


他の結果、ご意見などは、ここでは割愛させていただきます。

アンケート回答数も限られますし、あくまでも、一方的な質問の中での回答なので、
もっと細かく調査すれば、また、違った答えも見えてくるかもしれません。


皆様の貴重なお時間をさいて、アンケートに回答していただき、
ご協力ありがとうございました。



--- 09/01/14 update start -----------

タティングレースに関するアンケート調査は8月30日で終了しました。
皆様のご協力ありがとうございました。
(全部で、77件の回答をいただきました)

--- 09/01/14 update end -----------


アンケート調査(タティングレース)
--- 09/01/2014 update start ------
このアンケート調査は、2014年8月30日に終了しました。
ご協力ありがとうございました。
--- 09/01/2014 update end ------


タティングレースに関するアンケート調査を実施します。

タティングを知っている、知らない、やっている、やった事が無いなど関係なく、
幅広いご意見を伺いたいと思います。

集めたアンケート内容は、今後のサイト運営などの参考にする予定です。


こちらのサイトで、アンケートにお答えください。

http://rktatting.com/survey.html
タティングレース教室 RKTatting アンケート

survey081314


質問に対する回答をクリック、または書き込みして、
一番下の部分の「送信」をクリックしてください。

(なお、「その他」を選択した場合は、必ず、内容の書き込みをお願いします。)

皆様のご協力、よろしくお願いいたします。


質問回答 07/02/14(タティングレース)
作り方について、6/29/2014 にコメントで質問を受けたので、その回答です。

作り方がわからない部分に関する文章の説明は、以下のようになっています。
pb0714-ptn-00

ダイアグラムの一部(パターンの5段目)はこちら。
赤い部分で囲ったところが、わからない部分のようですね。
pb0714-ptn-01

説明文を読むと、なにがなんだかよくわかりませんが、
ダイアグラムを見れば、作り方は、わかります。


これは、モックリング(MRまたはSCMR)とフローティングリング(FR)で作ります。
pb0714-ptn-02

pb0714-ptn-03

1)まず、緑の糸をチェインを作る持ち方で持ち、赤いシャトルでチェインを5目作ります。
 (赤いシャトルがワーキングシャトル)
pb0714-01

2)リバースワークします。
pb0714-02

3)ペーパークリップを緑の糸にかけておきます。(ジョイニングのためモックピコ:MRの作り始め)
pb0714-03

4)赤い糸を左手にチェインを作るときの持ち方で持ち、緑のシャトルで 3 - 2 - 2 のチェインを作ります。
pb0714-04

5)赤い糸を、糸渡しして(ピコの高さ、またはそれ以上の長さの分だけ離れたところを左手でつまみ直し、)
  リングを作るときの持ち方で持ち直し、赤いシャトルでリング 3 - 3 を作ります。(FR)
  (糸渡しの長さは、お好みでアレンジしてください)
pb0714-05

6) 赤い糸を、5)で糸渡しした長さの分だけ離れたところを左手でつまみ直し、
チェインを作るときの持ち方で持ち直し、緑のシャトルでチェイン 2 - 2 を作ります。
5)と同様にして、もう一つのFRを作り、FR: 3-3, C: 2-2-3 を作ります。
pb0714-06

pb0714-07

7)ペーパークリップをはずして、3)のモックピコに緑のシャトルでロックジョイン(LJ)します。(MRの作り終わり)
pb0714-08

pb0714-09

8)リバースワークして、緑の糸をチェインを作るときの持ち方で持ち、赤いシャトルでチェインを作ります。
pb0714-10

pb0714-11


3)-7)がモックリング(MR)になります。もし、SCMRで作る場合は、3)のモックピコを
大きくとり、7)のLJのかわりに、モックピコにシャトルを通して、引き締めます。
pb0714-12

pb0714-13


Mock Ring(MR) での作り方のパターン例
S1:: C: 5, RW, SS
S2:: C: mp(for MR), 3 - 2 - 2, SS
S1:: leave the thread( 3 mm or more ), R: 3 - 3, leave the thread( 3 mm or more ), SS
S2:: C: 2 - 2, SS
S1:: leave the thread( 3 mm or more ), R: 3 - 3, leave the thread( 3 mm or more ), SS
S2:: C: 2 - 2 - 3, LJ( to mp ), RW, SS
S1:: C: 5

S1=working shuttle : red shuttle( 赤い糸が巻かれている )
S2=working shuttle : green shuttle( 緑の糸が巻かれている )
RW=reverse work(リバースワーク)
SS=switch shuttles(ワーキングシャトルの切り替え)
mp=Mock Picot
MR=Mock Ring
LJ=Lock Join(Shuttle Join)

タティング動画の進捗
いつの間にか6月ではないですか。

5月に雪が降ってからは、気温がグーッと上がって、
ほうっておいたら部屋の温度は 80 °F(26℃)以上。

春無しで、いきなり夏?みたいな今年の気候です。

おかげで体調がボロボロ・・・。

気候のせいか、はたまた、更年期か?

このブログもほったらかしです。


そんな絶不調な中、3月くらいから、ぼちぼちと、
タティングレース初心者用の動画を製作中です。

途中で、子供の学校関連のことや、その他いろいろ、
いろんなイベントが突発的に起きるので、
動画製作だけに専念することはできず、なかなか思うように進みません。

動画サイト自体は、一応できて、基本のUIはデザインの見直しくらい。
セッション管理(ログイン対応)も一通りOK。
でも、データベース対応がまだ。

プログラミング関連は、夏休み中にできあがるといいなあ・・・。

スマホでも見ることができるように、対応はしたけれど、
PC用の各ブラウザや、スマホ用のブラウザの動作確認は、まだ。
(とりあえず、Google Crome のみOK)

チェックには、ある程度時間をかけないとね。


動画自体は、50%位のできあがり。
まだ全部できあがってない。

今は、教室の補助教材程度の出来上がりかな。

メイン動画は一通り作ってみたけれど、
出来上がりに満足できないところなどの修正や変更に手間取り、
なかなか、すんなりすすみませんね。

画像の明暗、見る角度、見やすい色、ナレーションの内容、
などなど、何度も取り直し。

自分でできる範囲でやれば、時間もかかるわな・・・。

サイト製作も、動画作成も、プロにたのめば早くきれいに出来上がるかもしれないけど、
そんな予算は無いので、自分で作るしかない!!!

というより、これを外注したら、どんだけ費用がかることか。
内容も特殊だから、軽く見積もっても、100万円以上かかるだろうな、きっと。


そんなレアなシステムを、教室に通ってもらっている生徒さんの一部には、
出来上がっている動画のみ、公開中。

見やすくてわかりやすいと言われ、一安心。

生徒さんのお子さん(小学6年生)が、タティングに興味を持って、
お母さんと一緒にやっているというので、
作ったものの出来上がりを見てあげる約束で、
お子さんに無料動画モニターを依頼。

子供にも誰にでもわかりやすい動画の作成が目的。


ただ、メイン動画だけで全部を理解できるかどうかというと、そんなことはなく、
そのサポート動画をどのくらい、どの程度まで作りこむか画策中。

目標は、教室に通えない人たちのために、
まるでその場で直接レッスンを受けているような、
そんな動画を作ること。

いいかげんなものは作りたくないし、かといって、
時間がかかりずぎるのもねぇ。

完成は一体いつになるんだろうか。

秋には一般公開できるといいなあ・・・。(ものすごい希望的観測)

冬かなあ、それとも1年後?

検索ワード(タティングレース)
しばらくタティングレースの技術関連記事の更新をお休みしています。

というのは、タティングレース初心者向けに、
タティングレース動画サイトを作っているからです。

基本的に、教室に来ている生徒さんの補助教材として作っています。

ゆくゆくは、教室に来たくても来ることができない人たちも
動画で技術を習得できるように、会員制のサイトに仕上げようと思っています。

安全で見やすくわかりやすいサイトを作るために、
いろいろと勉強しなければならないことがあるため、
かなり、てこずっています。

ま、そのせいで、ここのところ、ブログの更新自体も
ままならない状態です。

タティング教えている方が、ずっと楽・・・。

ということで、まだ記載していない技術についての記事の更新は、
いまのところ、いつになるかわかりません。あしからず。


ところで・・・。


このブログにたどりつくまでに、
皆さん、タティング用語などを検索しているようですね。

このブログには、アクセス解析を入れているので、
どんなキーワードで、ここにたどりついているかが
大まかにわかります。

中には、

「それはどんな意味ですか?」

「どこでそんな用語が使われていたのですか」

と、逆に聞きたくなるような検索ワードがあります。

タティング用語が統一されていない弊害ですね。
「聞きたいけど、どう表現すればいいかわからない」など、
文章での説明が難しいということもあります。

ブログ右上の「リンク」の

「タティング技術一覧」で、

このブログ内で今まで記載したタティング技術の内容が
ある程度わかります。

「タティング技術一覧」を見ても、やっぱりわからない
ということ等があれば、ブログ内のコメントなどで質問してもらったり、
FaceBookページ(リンクのところにあります)のほうで、
写真つきで質問してもらえると、答えられることもあります。

どうしてもわからないことがあれば、
コメントで質問してくださいね。

パターン本(タティングレース)
久しぶりの、タティング関連記事です。
今回は、ブックレビュー。


私が開講しているタティングレース教室 RKTatting の生徒さんの一人が、

「暮らしの中のタティングレース」 藤重すみ 日本ヴォーグ社
book-review01

を持っているということで、ちょっとだけ借りましたので、
今回は、そのレビューと作り方に関する解説を少し。


「絶版になった「かわいいタッチングレース」「やさしくタティングレース」
 の中からセレクトしたものを編みなおしたリニューアル本」

ということで、日本のタッターには、うれしいパターン本でしょうね。

藤重さんのパターンは、かわいらしいイメージがあります。
この本のパターンも、きれいなかわいいパターンが揃っていますね。

パターンのほとんどは、初心者向けですが、
少しだけ、中級、上級者でないとわからないようなものもあります。

本の中の作り方の説明で、気になった部分があったので
解説をしておきます。


本の中で使用されていた言葉ですが、

「ブリッジ、ジョセフィンリング、左ピコットつなぎ」

は、RKTattingの説明用語(英語で定義されているもの)では、

「チェイン、フローティングリング、ノーマルジョイン」

にあたります。

RKTattingでは、英語表現をメインに、日本語表現を必要に応じて教えています。
英語でのジョセフィンリングの定義は次の通りです。

ジョセフィンリング
  ハーフステッチの目数が多いジョセフィンノット。(ハーフステッチ20目以上くらい)

ジョセフィンノット
  ハーフステッチ5目~20目くらいで作るリング、

ドット(dot)
  目数が6目以下の小さなジョセフィンノット。


それから、「ブリッジ」は、

「Bridge(ブリッジ):左手の人差し指と中指の間に張られている糸」

とRKTattingでは定義しています。


リバースワークについての記述は特にありませんでした。
ビーズの入れ方についての説明も、流す程度。

シャトル1個使いの基本、ボール糸とシャトル糸の関係の
くわしい説明などがないまま、シャトル2個使いのパターンも
作ろうとしているので、初心者だとわかりにくいパターンもあります。
(これは、他のタティング本にも該当することだと思います。)


特に、アネモネのドイリー(24ページ)、コデマリのドイリー(25ページ)は、
テクニック的には、中級、上級者向けです。

本の中の説明と写真だけでは、初心者には、理解できないかも知れません。

一応、以下に解説しておきますが、説明内容は、中級、上級者向けです。
(説明に使用している用語は、RKTatting で定義している用語です。)

<アネモネのドイリー(リングの根元につなぐ)>

これは、以下のような順番で作ります。
(細かいパターンは省略して、RW,NRW,SSの使い方だけ、記述します)

Ring, RW, chain, RW を6回繰り返す(花のモチーフの部分)
SS, Join(一番最初のリングの根元に), NRW,
chain, SS, FR, SS, chain, RW, ring, RW
chain, SS, FR, SS, chain, RW

1)花のモチーフの最後のチェインを作ったら、
  リングの根元につなぐ前にRW(リバースワーク)。

2)SSして(ワーキングシャトルを切り替えて)、左手にチェインを作る持ち方で糸を持ち、
  リングの根元にノーマルジョイン(Bridgeを引き抜く通常のジョイン)。

3)NRW(リバースワークしない)で、そのまま次のチェインを作る。

4)SSして左手にリングを作る持ち方でワーキングシャトルの糸を持ち、
  FR(フローティングリング)を作る。
  再度SSして、左手にチェインを作る持ち方で糸を持ち、チェインを作る。

5)つづけて、次のように作る。
  RW、リング
  RW、チェイン、SS、FR,SS、チェイン、RW
  再度、花のモチーフを作り出す。1)~5)の繰り返し。


<コデマリのドイリー(右ピコットつなぎ)>
本の中の写真の説明では、

  RWしてから、チェインが裏側の状態でつなぐため、
  セカンドシャトルの糸を引き抜いてロックジョインしている。

といった感じでしょうか。これを詳しく書くと、

  モチーフをつなげる前のチェインを作った後、
  STRW(サイドターンリバースワーク)、SSしてから、
  モチーフにチェインを LJ(ロックジョイン)し、
  モチーフの周りのチェインを作り始める。
  ( chain -> STRW -> SS -> LJ -> chain -> LJ ....... )

  その後、モチーフのまわりに、チェインを LJ でつなげていく。
  6個目のリングにロックジョインしたら、STRW、SSして、チェインを作り始める。
  ( ....... chain -> LJ -> STRW -> SS -> chain )

となります。


<フローティングリングについて>

タティングは、リバースワークをしながら作るため、
通常、リングは、メインシャトルで作り、チェインのダブルステッチの谷側にできます。

フローティングリングは、チェインやリングの上に作るリングで、
通常、シャトル2個を使って作ります。
ベースになるチェインやリングのダブルステッチの山側にできます。

チェインの上にフローティングリングを作る場合は、
リバースワークせずに(NRW)、
ワーキングシャトルを切り替えて(SS)、
セカンドシャトルで作ります。
( chain -> NRW -> SS -> FR -> SS -> chain )

シャトル1個で、チェインの上にフローティングリングを作る場合は、
フローティングリングの作り出しと作り終わりで、SLTをする必要があります。
( chain -> NRW -> SLT -> FR -> SLT -> chain )

リングの上にフローティングリングを作る場合は、
MR,SCMR,SSSRなどのテクニックを使います。


以上、ざっと目を通して、気になった点の解説でした。

タティング技術一覧(タティングレース)
2014年2月時点での、ブログ内のタティングレース技術関連記事の
リンク一覧をまとめました。(コラムや紹介などの記事は省略してあります)

今後も、少しずつ、中級、上級者向けの技術関連記事を
記載していく予定です。

所用により、新しい記事への対応は、
亀のようにのろのろと遅くなりそうですが、
気長にお付き合いください。


現在までに記載した記事が、お役に立てると幸いです。


このリンク一覧へは、ページ右側の「リンク」からも
たどりつけるようにしました。

なお、これらの記事は、最終的には、
タティング教室 RKTatting ホームページの「Tutorial blog」
へ移行されます。(現在、移行中です)


☆☆☆ 一覧内容は、予告無く更新されます。 最終更新日 04/01/14  ☆☆☆


*** 初心者向け(シャトル1個使いの基本) ***

02/11/10 タティングレースの道具

06/30/11 糸の太さ

04/05/12 シャトルに糸を巻く
       糸の巻き方

04/12/12 糸の持ち方

04/19/12 シャトルの動かし方

04/08/10 タティングレース 左手の中指くん (1)

04/22/10 タティングレース 左手の中指くん(2)

05/06/10 タティングレース 左手の中指くん(3)

09/22/11 目を移す(トランスファー)

10/14/11 ピコの作り方

04/01/10 タティングレース ピコの長さ

11/18/10 目数を数える-ピコの場合

09/29/11 目をほどく

03/25/10 タティングレース 締め具合

04/26/12 ダブルステッチを作る練習(1) (結い方、編み方)
      チェインの作り方のまとめ

05/04/12 ダブルステッチを作る練習(2)
      リングの作り方のまとめ、リングの輪の調節

05/27/10 タティングレース リング

06/03/10 きわで締める

01/19/12 リングの持ち直し

01/12/12 リングのねじれ

10/07/11 リングを開ける

05/10/12 最初の1目

10/20/11 表と裏

11/11/10 リバースワークとねじれ

01/20/11 根元で締める

05/17/12 締め具合、寄せ具合

02/17/12 ジョイニング(1) (つなぎ方)
      一番基本的なジョイニング(つなぎ方)について

06/10/10 どっちをかける?

12/02/10 目数を数える-ジョイニングの場合

02/23/12 ジョイニング(2) (つなぎ方)
       ロックジョイン(シャトルつなぎ)について

12/02/11 ロックステッチ

12/10/11 モックピコ(みせかけのピコ)

09/15/11 最初と最後のリングをつなぐ (つなぎ方)
       3つ目のジョイニングについて

03/01/12 ジョイニング(3) 
       3つ目のジョイニングの補足説明

07/15/10 糸隠し(1)(糸始末の方法) 

07/22/10 糸隠し(2)

07/29/10 糸隠し(3)

09/01/11 糸隠しの練習

09/08/11 糸換えの場所

11/10/11 ピコゲージ

11/17/11 ピコゲージ(2)

02/02/12 仕上げ (1)

02/09/12 仕上げ (2)

05/24/12 略図記号

05/31/12 ダイアグラム(編み図)と裏表

09/16/10 目数の見積もり

02/10/11 糸がクルクル
     糸のねじれを、とりあえずなくす。

12/16/11 糸がちょっと足りない時

06/24/10 こま結び

03/08/12 チェインからはじめるとき



*** 以降 中級、上級向け(シャトル2個使い) *******************

*基本的にシャトル2個使いの技術。
*シャトル1個使いの応用。

01/12/11 リバースワークとシャトルスイッチ

09/13/12 SS (シャトルを切り替える)

10/25/12 SSする?

09/20/12 RW と NRW
      リバースワークをする場合としない場合について

10/18/12 RW と NRW (2)

09/27/12 SLT (1)(シューレーストリック:糸の交差)

10/04/12 SLT (2)(シューレーストリック:糸の交差)

11/01/12 RWとSTRW
      横方向にリバースワークする場合について

11/15/12 RW と STRW (2) 

11/29/12 サンプルパターン1(RWとSTRW)

02/07/13 糸の出方

02/14/13 ダイアグラム(編み図)で判断(1)
      反転するのか、しないのか(RW、STRW、NRWの判断方法)

02/22/13 ダイアグラム(編み図)で判断(2) 
      どの方向に反転するのか(RWかSTRWかの判断方法)
      どの方向に反転したらよいかわからない場合の対処法


===================================
11/14/13 ノードとスパイラル
      スパイラルスティッチ( Spiral Stitch )
      ノードスティッチ( Node Stitch / リックラックスティッチ Rick Rack Stitch )


=== ジョセフィンノット(Josephine knot) ===

09/09/10 ジョセフィンノット

01/26/12 ジョセフィンノット(2)


=== オニオンリング(Onion Ring) ===

06/16/11 オニオンリング

06/23/11 オニオンリング(2) 

12/13/12 Onion Ring(1)

12/21/12 Onion Ring(2)

01/17/13 Onion Ring(3)

01/24/13 Onion Ring(4)

01/31/13 Onion Ring(5)


=== スプリットリング(Split Ring) ===

03/07/13 ダウンワードステッチ( lhk : Lark's Head Knot )

03/14/13 スプリットリング

03/21/13 スプリットリング(2)


=== ダブルピコ(Double Picot) ===

04/16/13 ダブルピコ(1)

04/25/13 ダブルピコ(2)

11/03/11 ダウンジョインとアップジョイン

01/27/11 ダブルピコ


=== モックリングとセルフクロージングモックリング ===

05/02/13 MRとSCMR(1)

05/09/13 MRとSCMR(2)


=== ブロックタティング(Block Tatting) ===

05/16/13 ブロックタティング(1)

05/22/13 ブロックタティング(2)

05/30/13 ブロックタティング(3)


===クルニーリーフ(Cluny Leaf)===

06/06/13 クルニーリーフ(1)

06/13/13 クルニーリーフ(2)

06/20/13 クルニーリーフ(3)


== スプリットチェイン(Split Chain)とカバーステッチ、===

09/20/13 ダブルステッチでカバーする

10/03/13 スプリットチェイン

10/17/13 スプリットチェイン(2)

03/10/11 Climbing out (糸を切らずに次の段に進む)


=== SSSR(シングルシャトルスプリットリング) ===

10/24/13 SSSR(1)

10/31/13 SSSR(2)

11/07/13 SSSR(3)


===パールタティング(pearl tatting)、マルチーズリング(Maltese Ring) ===

11/21/13 パールタティング

12/05/13 パールタティング(2)

12/19/13 パールタティング(3)

01/16/14 マルチーズリング

* リンク先がうまく対応できていない場合は、
 コメントでお知らせください。

日本語表現(タティングレース)
私が教えている タティング教室 RKTatting では、
英語表現を基準にして日本語表現についても説明しています。


タティングレースは、もともと西洋文化であるため、
その情報ソースは、英語などが多いです。

日本で、タティングが説明される場合、
その元の英文などが翻訳されます。

今まで、英語ベースでタティング関連の用語を見てきたので、
日本語に訳されている一部の用語の中には、
違和感のある日本語訳があったりします。


もともと、タティングの用語は、「同じこと」であるにもかかわらず、
複数の呼び名があることがあり、そのためか、
その翻訳された言葉にも、ばらつきがあるようです。

例えば、英語で、 Lock join (ロックジョイン)と表現されているもの。

つないだ後、固定されてしまうため、Lock (ロック)と
名づけられたのではないかと思います。

ちなみに、普通のジョイニング(Joining or Join)は、
ブリッジ(左手の人差し指と中指の間に張られた糸)を
引き抜く普通のつなぎ方で、つないだ後は、
次のステッチを作り終えるまで固定されません。


Lock join (ロックジョイン)は、シャトル糸を引き抜くジョイニングであるため、
Shuttle join (シャトルジョイン)という表記もありますが、
大抵、Lock join (ロックジョイン)と表記されているのが普通です。

このLock join (ロックジョイン)が日本語に訳されるとどうなるかというと、

「シャトルつなぎ」
「ロックつなぎ」
「重ねつなぎ」

という具合になります。

--11/12/14 update start --------------

「重ねつなぎ」は、見た目はロックジョインのようですが、
実は、普通のジョイニングです。

オニオンリングを作るときに使われる
ジョイニングの方法を、「重ねつなぎ」と呼ぶようです。

--11/12/14 update end --------------


普通のジョイニング(Joining or Join)は、

「つなぐ」
「ピコつなぎ」

などと訳されているようです。

(これらのほかにも、違う表現の日本語訳があるかもしれません。)


パターン本製作者によって表記が異なるため、
同じ内容であるにもかかわらず、初心者にとっては混乱のもとです。


このような問題がおきないためにも、今後の課題として、
新しいパターン本を発刊する場合は、他の呼び方も
一緒に記載するなどの対応を、お願いしたいものです。


参考)
02/17/12 ジョイニング(1)
12/02/10 目数を数える-ジョイニングの場合
02/23/12 ジョイニング(2)
09/15/11 最初と最後のリングをつなぐ
03/01/12 ジョイニング(3)
マルチーズリング(タティングレース)
リング状のパールタティングを
マルチーズリング(Maltese Ring)といいます。


このマルチーズリングの作り方は、
パールタティングの作り方の一つ

「 A)シャトル2個を使い、ダブルステッチとダウンワードステッチで作る方法 」
  参考) 11/21/13 パールタティング

と基本的に同じです。


サンプルパターン
MLTR00


A) sh2 : C : 5ds, SS

B) sh1 : MLTR : pp, 3ds, WP, SS
C) sh2 : MLTR : pp, 3dws, UWP, SS
      必要なだけ B) と C) を繰り返す

D) sh1 : MLTR : pp, 3ds, cl, SS

E) sh2 : C : 5ds


    C: chain
    MLTR: Maltese Ring
    pp: pearl picot
    SS: switch shuttles
    cl: close
    ds: double stitch
    dws: downward stitch (lhk)
    sh1 : シャトル1(青色の糸)
    sh2 : シャトル2(ピンクの糸)
    WP: 薬指にsh1の糸を巻きつけて固定する
       (Wrap the sh1 thread around the ring finger)
    UWP: 巻きつけた sh1 の糸をはずす。(Unwrap sh1 thread)

*パターンの書き方は、個人によって異なります。

*シャトル1には青色の糸、シャトル2にはピンクの糸が巻いてあります。

*マルチーズリングは、パターン B),C),D) の部分です。
 パターン A) と E) は、マルチーズリング作成前後の普通のチェインです。

*説明用の写真では、「パターン A)のチェイン5目」は省略されています。

1)まず、シャトル1の糸(青い糸)をリングを作るときの持ち方で左手に持ち、
リングのダブルステッチを3目を作ります。
MLTR01

*後述しますが、一番最初のFHSはシャトル2個を同時に持って作ります。
  詳細については、5)を参照してください。
  慣れないうちは通常どおり、普通にダブルステッチを作ってもかまいません。

2)リングの輪はそのままにして、シャトル1の糸を薬指に(2~3回)巻きつけ、
つまんでいる部分と薬指に張られた糸がたるまないように、ピンと張って固定します。
これをダウンワードステッチの芯糸とします。
MLTR02

MLTR03

3)シャトル2に持ち替え、2)で用意したダウンワードステッチの芯糸に、
シャトル2でダウンワードステッチを3目作ります。ステッチの糸はピンクです。
その際、1目めを作るときにパールピコを入れます。

4)シャトル1に持ち替えて、ダウンワードステッチの芯糸を薬指から離し、
MLTR04

通常のリングのダブルステッチを3目作ります。ステッチの糸は青です。
その際、1目めを作るときにパールピコを入れます。
MLTR05


5)必要なだけ 2)、3)、4) を繰り返します。

リングのダブルステッチの最後のSHS(セカンドハーフステッチ)を作るときは、
シャトル1とシャトル2を2つ同時に重ねて持ち、そのままSHSを作ります。
MLTR06

MLTR07

MLTR08

MLTR09

MLTR10

こうすることで、シャトル2の糸がリングの最後のステッチの部分で固定され、
最後のパールピコ(ピンクの糸)ができあがります。
MLTR11

ピコの高さは、フックで引き出すなどして調節します。
MLTR12


同じ様に、1)のリングの一番最初のFHS(ファーストハーフステッチ)を作るとき、
シャトル1とシャトル2を2つ同時に重ねて持ち、そのままFHSを作ります。
こうすることで、シャトル2の糸がリングの最初のステッチの部分で固定され、
最初のパールピコ(ピンクの糸)の根元がきれいに仕上がります。
この作業は必ず入れなければならないものではありません。
普通にFHSを作ってもかまいません。

MLTR13

MLTR14

6)最後に、シャトル1の糸を引っ張って、リングをクローズします。(閉じます)


マルチーズリングの内側のパールピコは小さめ、外側は大きめに作ると、
リングをクローズしたときにバランスが取れると思います。

MLTR15

上記写真のサンプルは、左から

 *外側ダブルステッチ2目、内側ダウンワードステッチ3目、
   ピコの長さは外側も内側も同じくらい

 *外側ダブルステッチ3目、内側ダウンワードステッチ3目、
   ピコの長さは外側より内側が短め

 *外側ダブルステッチ2目、内側ダウンワードステッチ4目、
   ピコの長さは外側より内側が短め

のようなパターンになっています。
 
ダブルステッチやダウンワードステッチの目数を変えたり、
パールピコの長さを調節したりして、アレンジしてみると良いでしょう。

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。