スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
診断ついた
長女が寝込んで5日間続いた40度近い高熱の原因は、
マイコプラズマ肺炎でした。

抗生物質が効いてやっと熱が下がり、一安心です。

でも、母はヘロヘロ。

ということで、詳しいことはまた後日。


スポンサーサイト
高熱が続く
引き続き長女の熱は一向に下がる気配がありません。
こんなに高熱が続いたのは、数年ぶりのことです。

中耳炎も併発しているのかと思いきや、
耳が痛いといっていたのは、中ではなく外。
同じ方向を向いて寝ていたため、耳が押しつぶされて痛かったみたい。

のども痛くないといっているので、Strep Throat ではないだろうし。

熱のせいだろうけど、頭痛がずっと続いてる。
髄膜炎なんかになったら大変だし。

ということで、昨日病院に行ってきました。
私の見立てと同じで、風邪のひどいヤツ。
高熱が続くということで、抗生物質と普通の風邪薬を
処方してもらいました。

熱が高いときは、解熱剤を併用。
解熱剤は、一時的なものだから、
薬が切れると、また唸りだす始末。

39度台をうろうろ。
元気そうなら、本人が望めば、解熱剤を与えます。
元気が無いときは、すぐ解熱剤投与。

夜になると、40度以上になることも。
そうなると、速攻で解熱剤使用。

ウイルスに勝つためにも、できるだけ解熱剤を使わないで
自力でがんばってもらいたいけれど、
解熱剤を与えるタイミングって、難しい。



今日はいいお天気。なのに、日曜日の昨日から
長女が熱をだして寝込んでしまいました。

2週間ほど前に、次女が寝込んだから、そのときの
風邪菌が潜伏していたのか・・・。

加えて、ここのところの気候の不安定さ。
暖かいと思っていたら、急に寒くなったり。


熱は40度近い。解熱剤を飲めばさがるものの、
薬の効果が切れるとまた上がる。

昨日、耳が痛いと言っていたから、中耳炎の可能性も
あるかも。

やっかいなことに、39度台のときが一番うるさい。
頭が痛い、体が痛い、眠れない、と次から次に
文句を言っている。

とりあえず、少量だけど食べるものも食べているし、
熱があるわりには元気なのでいいのだけれど、
中途半端な元気にふりまわされる母は、とってもお疲れ・・・。

早く治ってくれないと、こっちが寝込んでしまいます。


出会い
人との縁というのは不思議なものです。
会って、話して、はじめてわかるその人のこと。


 何をしている人なのか。

 どんなことに興味があるのか。

 何をしようとしているのか。

 どんな可能性をもっているのか。


そんなことを感じ、思いました。


目的意識のはっきりしている人からは、
目にみえないパワーをもらえます。

それが原動力になって、またがんばれる。


これからどんな人に出会えるのか楽しみです。


左手の中指くん(2) (タティングレース) 
さて、「 04/08/2010 タティングレース 左手の中指くん(1) 」で
左手の糸のかけ方、調節の仕方についてふれてみましたが、
”仏像の手”は、いたについたでしょうか。

左手の手の形がしっかりしてきたら、
今度は、”中指くん”の動きに注目してみましょう。
(左利きの人は、「左手」を「右手」に置き換えてください)


基本の手の形は、これ。
赤い糸は玉巻き糸、ピンクの糸はシャトル糸。
この時、糸の bridge の部分は、「ピンッ」と張ってます。
ポジ1

この状態から、中指を少し下に下げます。
ポジ2

糸の bridge の部分が 「ふにょっ」 となっていますね。

ダブルステッチを作る場合、この 「ふにょっ」 の時に
右手のシャトルをスッと引っ張ると、目が簡単に移ります。(transfer)

中指くんは、この 「ふにょっ」 と 「ピンッ」 をコントロールする
大事な役目をしています。

だから、左手の形、糸をかける位置はとっても大事。

左手の形が決まらないうちは、なかなかダブルステッチを
うまく作ることができません。

普段使わない左手に、慣れない動きをさせるため、
左手に力がはいって、余計に手がつる。

そこで、イラつく。
うまくできない。
やめちゃいたくなる・・・。

  でも、やめないでください。

ここでやめると、この先の楽しみがなくなってしまいます。
ダブルステッチさえマスターすれば、その後は楽チンです。
でも、練習しないと、うまくはなりません。


イラついっちゃったら、ちょっとお茶でもして休憩しましょう。

そして、クラゲみたいに ふにゃふにゃ~ になったところで、
練習を再開してみましょう。

  左手の形に気をつけて、左手をリラックスさせて。

  指は、自然に内側に曲げて。
  (ピンと立ててしまうと、指がつります)

  肩の力をぬいて。


左手がリラックスした状態で中指くんを動かせるようになったら、
もうこっちのものです。


そしてさらに、中指くんは糸を締める役目もするのでした。

                         つづく・・・。


節約できてない!!!
引越しの後って、色々と物入りで、
出費がかさみます。

だからしばらくの間出費は仕方ないと思って、
家計簿つけをさぼっていたら、なんとまあ、
ここのところずっと貯金ができてない!!!

もう引っ越してから半年以上経つというのにね。

これはいけない・・・。
なんとかせねば!

このままでは、子供の進学費用が~~。
老後のたくわえが~~~。


でも、必要なものは買わないと。
いろんなところで思わぬ出費だらけ。

じゃあ、どこで削る?

最近は、そんなに贅沢してないと思っているのに。

子供関係の出費が多いかな。
おけいこの費用、道具、子供の靴、服が小さくなった、
交際費も増えた、その他もろもろ初期費用。

暖かくなってきたから光熱費がちょっと少なくなったな。
でも、プロパティタックスがあがってモーゲージ費用が
増えたから出費の方が多い?

今回は引越しでややこしくなってるから税金申告も
余計に費用がかかったし。

次女のパスポートの更新手続きもしないといけない。
アメリカのパスポートと日本のパスポートの2冊とも。
2重国籍だから、費用も2倍。

あとなんだっけ・・・。

 う~んんん。

2ヶ月くらい細かく家計簿つけて、どこで無駄遣いしてるか
チェックしないと。

無駄なのか?
必要なのか?
年間予算も建て直し。

節約大好きなんていいながら節約からは程遠い今日この頃。


 教訓。 やっぱり家計簿つけるのは大事です。


鳴き声
朝から鳥の鳴き声が聞こえます。

静かな住宅地の中をすり抜けるように声が通る。
気持ちのいい鳴き声。

 ピュ~イッ  ピュ~イッ、

 ピ~ョッ  ピ~ョッ、

みたいに聞こえたりしています。
裏庭の木のてっぺんに止まって鳴いているみたいだけど、
姿が見えないので何の鳥かわかりません。

なかでも

 「ラーソー ラーソー」

と鳴いているのがいて、それに応えるように

 「シーラー」

と、どこかで鳴く声。

ドレミの音階の ラー ソー と シー ラー 。

ときどき ”ソ” の音がびみょーにはずれる音痴な鳥もいます。
(音痴じゃなくてただの個性?)

ダンナに言わせると

 「アーホー アーホー」
 「バーカー」

だそうです。
趣(おもむき)という言葉からはつくづく縁遠いヤツ・・・。


この前、裏庭の木でなんか鳴いてるな~と思っていたら、
Cardinal がとまっているのを次女が2階の窓越しに見つけ、
しばし、観察。 ほんとにきれいな赤い鳥。鳴き声もきれい。

写真を撮ろうとカメラを取りにいったら、その間にどっかへ
飛んでいってしまいました。

そのうち、赤い鳥、撮れたらいいなあ。


カリフォルニアにいたときは、Bulejay をよくみかけましたね。
こちらは、青い鳥。でも鳴き声は、「ギーッ」って感じでいまいち。

アメリカって、家のすぐそばで手軽な動物ウオッチングができます。
それだけ自然に近いということなのでしょうか。


ところで、すずめみたいな小さな鳥の、ぷっくりしたおなかの
曲線ぐあいがたまらなく好きなのは私だけ?


春だねぇ
すっかり春らしくなった今日この頃。

今朝はちょっと冷え込んで、久しぶりに
ヒーターが「ゴー」っとうなってました。
先週は、初夏なみにあたたかかったのにね。

気がつけば緑。

庭の木は、冬の間葉っぱが落ちて、つんつるてんの
はだかんぼだったのに、いつのまにか葉っぱが出てます。

表の木の花は、白い花びら。
表の花

裏の木の花は、ピンク系の花びら。
濃いピンクと薄いピンクの花が入り混じっています。
裏の花

こちらはまだつぼみ。と言っても、木の上の方の花は開いているので、
2階からみると満開っぽくてきれい。

草木が芽吹いているのも気がつかないくらい、
何に気をとられていたんだか・・・。

気持ちの余裕って大切。


今日はちょっと筋肉痛。

昨日、家族で公園に行って遊んだ
青空テニスが原因かな。

どれだけ運動不足なんだか。


無口で誤解
今から、8年くらい前のことでしょうか。

私と家族ぐるみでお付き合いのあった Yさん が、
友人の Aさん から相談を受けました。

 「りょうこさんって、私のこと嫌いなんですか?」

私には、全く身におぼえがありません。
知らないうちに、Aさんに何かしてしまってたのでしょうか。


私のことをよく知っている Yさん は、

「そんなことないよ。(りょうこさんは)普段からあんまり話す方じゃないのよ」

とナイスフォローしてくれたので、誤解はとけました。


Yさん からよ~く事情をきいてみると、

 「話しかけてくれない、話そうとしない」

というのが理由だとか。
単に、しゃべってなかっただけで、こんなことになるとは・・・。


別に、嫌いだから話さなかったというわけではありません。

私は、どちらかというと無口で話下手。
「女性=話好き、おしゃべり」という存在からはとっても遠い。


4人くらいの集まりなら、そこそこ話そうとしますが、
5人以上いる集まりでは、聞き手にまわってしまいます。
話す人たくさんいるので、私が話す必要もなかろうと・・・。

まあ、人数に限らず、「話そう」というより「聞こう」といった感じです。

おまけに、人見知りが激しいので、なれるまでに時間がかかってしまい、
初対面や数回会った人に対しては、とっても無愛想にみえるかも。

最近とみに記憶力が低下しているので、名前と顔も一致しないし。

それに、話したい事がないときは、黙っていることが多いです。
無理に話そうとするのは不自然だし、疲れる。

心地よい空間というのは、何も話さなくても気まずい空気が流れない、
そんな、話さなくても大丈夫な自然な場所。


私が話していないときは、単に ボ~ッ としているだけです。
あまり意味はありません。

時々、ボ~ッ としている自分にハタと気づいて

 「お~っと、意識がとんでたぜ」

みたいな事は、多々あります。


でもね、Aさんの一件を聞いてからは、
できるだけ話すように、と心がけるようになりました。

話さないことが、マイナスになる。でも、
話しすぎだとそれは自分ではないみたいで、
そのバランスが難しい。

話し上手な人がうらやましいよ。


簡単ストラップ (タティングレース) 
タティングレースをやったことのない初心者の方を対象に
トライアルクラスを開いています。

基本のダブルステッチがどんなものかを体験してもらうためです。

トライアルクラスでは、ダブルステッチを練習するのですが、
そのダブルステッチがくせもの。

だから、トライアルクラスを受けただけでは、作品は作れません。


タティングレースをはじめるとわかりますが、
ダブルステッチをきちんと作れるようになるまでには
結構、練習が必要です。

でも練習ばかりじゃつまらない。なにか物を作りたい。
だけど、トライアルクラスでできるようになったのは、チェインとピコだけ。
しかも、ダブルステッチの目が不揃い。
慣れない動作のため、1目を作るのに時間がかかる・・・。


ということで、超簡単ストラップ。
Basic1_strap


タティングレースを続けてみようかなという人には、
ベーシッククラスを用意しています。

そのベーシッククラスの1回目で作ります。
ダブルステッチを作れるようになった記念の1品です。

ピコにビーズを入れて、ちょっとかわいく。
基本技術のみで作るストラップです。

基本技術のおさらいをかねた”ちゃち”な作りですが、
糸の種類を変えるとか、ちょっと高級そうなビーズを
使うことで、見栄えがちがってくるでしょう。
パターンも好きなように改造OK。

ダブルステッチをたくさん練習してもらって、はじめて、
この超簡単ストラップを作れるようになります。

練習って、とってもつまらない作業です。
でも、これをものにすれば、この先きっと、
すてきな作品を作れるようになります。

ほんのちょっとづつ、ほんのちょっとの時間でいいから、
練習してみてください。

手先が器用、不器用は関係ありません。
必ず、作れるようになります。



★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

  シカゴ郊外にお住まいで、
  トライアルクラスに興味のある方は、

    RK.Tatting@gmail.com

  までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★



空気清浄機
エアダクトクリーニングでダクトがきれいになったあとは、
きれいな状態をキープしないといけませんね。

家探しをしているときに、

 「冬の間は寒すぎるので、窓を開けない」

と、聞きました。

 「え゛っ

です。

窓を開けないと換気できないでしょ。
空気汚れるでしょ。(換気した方が汚れるのかな?)

そこで、いろいろ検討した結果、Sharp 製

  Plasmaclusterで雑菌排除
  加湿もできる
  広い部屋用
  省エネ対応 Energy Star

の空気清浄機を購入。

空気清浄機

ちょっと、ごつい。 まぁ、いっか~。


この空気清浄機、空気の汚れ具合がランブの色でわかります。

空気がきれいなときは、 緑色。
ちょっと汚れていると、  黄色。
汚れてる~というときは、 赤色。

子供たちと、大きな子供のようなダンナは、
”汚れセンサー”に息を吹きかけて、

「黄色2つ~。」
黄色2つ


センサーのところに汚い靴下をぶらさげて、
「今日は、赤4つ~。」
赤色4つ


遊んでます。


センサーで遊ぶな~~~っっっ。


冬の間、各ベッドルームで小さい加湿器を使っていたため、
この空気清浄機で加湿することはありませんでした。

加湿機能がないタイプのものでもよかったかな。
ま、そのうち加湿機能も使うかも。



エアダクトクリーニング
引越し後、1ヶ月ほど、次女はジンマシンが出続け、
私はのどがかゆい、典型的なアレルギー症状がありました。

環境の変化もあるけれど、住み始めた家に問題があってはね・・・、
ということで、エアダクトクリーニング。

寒い冬がやってくる前に、やりました。

いくらきれいに掃除したところで、エアダクトが汚れていては、
なんの意味もありません。
それに、ヒーターを使い始める前までに、絶対やっておきたかったので。

さっそく、広告チェックして、お手ごろな値段のところに頼んでみました。

やってきたのは、陽気なメキシコ出身のお兄ちゃん。
どんな風にきれいにするのか、一生懸命説明してくれますが、
舌がぐるんぐるんまわっているので、発音が聞き取りにくかったな。

どうやるのかな、と観察していると、まず、大きな掃除機みたいなものを
裏庭にセッテング。そのあと、直径30センチ以上はありそうな、じゃばらの
ホースを、窓から引き入れて、バスルームのVent(空気の噴出し口)にくっつけます。
DuctCln2


スイッチONで、グォ~ンというものすごい音とともに、掃除機の袋が
パンパンに膨らんで、クリーニング開始。
Ductcln1


 ジャラジャラジャラ、ズゴゴゴゴ~~~

って、なに吸い込んでるんだい?
一体なにがつまっていたんでしょう・・・。

陽気なお兄ちゃんは何をやるのかなと、あとをついていくと、お兄ちゃんは、
各部屋のVentのふたをとりはずし、ハケでごみをダクトのパイプの
中に入れ込んで掃き掃除。

全部の部屋が終わったら、今度は、小さいハンドクリーナーみたいなものを
各部屋の空気の取り入れ口にびったりとくっつけて、吸い込まずに逆噴射。

ごみをダクトに入れてしまって、大きな掃除機で吸い込ませようってわけね。

そんなこんなで約30分。大きな掃除機は働いてました。
近所迷惑じゃなかったかなぁ。

仕上げに Sanitizing (消毒)。
ファーナス(ヒーター)の埃をきれいにした後、消毒液を

 シュッ シュッ

「15分くらいファンをまわしたままにしといてね」

って、それで、消毒終わりですか・・・。

というわけで、なんだか空気がきれいになったような家で、
生活できるようになりました。

ちなみに、エアダクトクリーニングは2年に1回くらいやればいいそうです。

”空気の取り入れ口”は、掃除をするときに埃をとってやると、
何もしないときよりは、空気もダクトも汚れにくくなります。

”空気の取り入れ口”の掃除は、こまめにね。


迷い道
「失敗は、失って敗れると書く。」

あるドラマを見ていて、こんな言葉がでてきました。

でも、失うより得るもののほうが多いし、決して負けたことにはならない。
(もちろん、致命的な失敗は避けなければなりませんが・・・。)

失敗して学ぶ。学んだことを活かす。そして次につなげる。


「ともかく具体的に動いてごらん、具体的な答えがでるから。」

これは、相田みつを さんの詩の一部です。


「なにもしないで後悔するより、なにかやって後悔するほうがずっといい。」

これは、自論。

周りから見れば失敗でも、自分の中では失敗ではないこともあるはず。

でも、いっぱい迷う。どうするのが一番いいのか。
なんだか、いろんなことでジタバタしている、今日この頃・・・。

がんばり続けられる人って、すごいなあ。


地図と標識
学校が春休み中のとある日、子供たちのテニスレッスンの帰りに
みんなでランチをすることになり、友人達と一緒に 車3台で
Hanover Park から Arlington Heights へ移動することになりました。

Elgin O'hare Expy に入って、Interstate 290 / State 53 を通って
Algonquin Road に出るルート。

まだ、道に不慣れな私は、Cook County の地図を広げてルートチェック。
mapI290_cook

「Elgin O'hare Expy をEast(東)に行って、Interstate 290 をNorth(北)ね。」

ということで、出発。 友人の車の後をついて行きます。

Elgin O'hare Expy は、すんなり入れて、車の量もそんなに無いね。
と思っていたら、I290が近づくにつれ、車がどんどん増えてくる。

で、友人の車との間にもたくさん割り込みが入り、友人の車がどれだか
わからなくなってしまいました。

「まあ、標識どおりに行けば、ちゃんとつくさ」

と気楽に考え、I290の分岐のところにくると、
標識は、I290 West と I290 East のみ。

しかも、State 53 の標識も見当たらない。(たぶん見落とした?)

 「I290 North が無い~~~~~!!!」

分岐は迫る。
でも North はない。
どっちに行けばいいのよ~~~。

軽くパニクっているので、冷静さに欠けてます。
East の方に行っている車の中には、友人の車と似たような車が・・・。

「どっち~?どっち~?」と叫びつつ、右ウインカーを出して、
East に入ろうかとしていたところ、後部座席に座っていた娘が、

 「xxxちゃんの車あっち~」

と West の方を指示。すかさず、左側に戻って I290 West へ。

あやうくシカゴ方面へ行ってしまうところでしたよ・・・。 ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ


あとから確認すると、大きな地図で見ると、I290は東西に伸びている。
だから、今回の場合は、I290 West が正解。
mapI290


でも、Cook County の地図(図の水色内)だけ見ると、I290は南北に伸びている。
ここが、勘違いの原因でした。

まぎらわしい。 どう見たって、I290 North だよ。

State 53 の標識もわかりづらいので見落としやすいらしいです。

気をつけましょう。


あ、ランチはおいしかったな。


左手の中指くん(1) (タティングレース) 
タティングレースをはじめると、まず最初に戸惑うのがダブルステッチの作り方。
ダブルステッチの作り方というより、左手の使い方でしょうか。

でも、これをマスターすれば、タティングレースの八割方はできちゃったも同然です。

シャトルという使い慣れない道具に気をとられがちですが、
ホントは、左手の「糸の持ち方」と「中指くんの動かし方」がとても重要。
左利きの人は右手ね。(左利きの場合は、左右対称で考えてください)

では、どうするのか?

基本の形は、仏像の手。

親指と人差し指で輪を作って「OK」しているみたいな感じ。
左手の形

このとき、中指、薬指、小指は、ボールを持つ時のように、
自然に内側にカーブさせます。

指をピンと伸ばしてはいけません!!!
ここ、ポイントです。

伸ばすのはご自由ですが、そうすると、

 「ヒ~ッ、手がつる~~、手が~~」

という羽目になります。

リングを作るときと、チェインを作るときで、薬指、小指のポジションが
多少変わりますが、親指、人差し指、中指の3本は、この仏像の手の形を
崩さないようにしましょう。

糸は、人差し指と親指で動かないようにしっかりつまんで(写真①)、
手の甲側にまわします。
糸の持ち方

その糸を、中指の第一関節よりちょっと第二関節寄りのところを通るように
引っ掛けます(写真②)。この中指にひっかける糸の位置も大事です。

人差し指と中指の間にかかっている糸(bridge 写真③)は、ピ~ンと張っておきます。
bridge の糸の長さを常に均一に保つように心がけてください。


チェインを作るときは、糸がズルズルずれないように
小指でしっかり押さえます。

英語のテキストに載っている一般的な押さえ方は、
小指に巻きつける方法。
テキスト流

私の自己流の場合、薬指と小指の両方に巻きつけています。
自己流

他にも方法はありますが、糸の押さえ方は、
個人の手の大きさや指の長さも関係するので、
最終的には自分にあった方法を見つけると
いいのではないか、と思います。

リングを作るときは、手にかかっている糸の長さと
指のひろげ具合で糸の調節をします。


そして、さらに大事なのが、中指くんの動き。
中指で bridge をゆるめたり、しめたりします。

「目を移す(transfer or unusual flip)」という作業をするとき、この中指くんがキーマンです。

右手のシャトルは、糸を bridge に絡めて引っ張るだけ。
左手の中指くんとの絶妙なタイミングが、きれいなダブルステッチを作り出します。

さて、仏像の手はマスターできたかな?


道路
シカゴ(&シカゴ近郊)って車が多いです。
(前に住んでいたところが少なかった?)

多いだけじゃない。道はでこぼこ。マナーは悪い。
下道でも、制限速度が結構速い。

こんな対向2車線の道路でも、
制限速度時速45~55マイル(時速約70km~88km)。
Limit45

みんな、たいてい+5マイルくらいの速さで運転してます。
ハイウェイではありません。下道です。

車の量が少ないわけでもありません。
むしろ、車はバンバンきます。
天気が悪い日なんか、めっちゃこわい。

こっちが気をつけてても、対向車が運転ミスしたら・・・、
と思うと、末恐ろしいです。

道路にできた大きな穴ぼこにはまったらどうなるか?
雪に足をとられたら?
凍結ですべったら?

 考えたくない・・・。(ちょっと逃避)

限りなく安全運転するしかありませんね。


動物が横切ったりしたら、もうたいへん。
動物が道路に転がっていない日なんてあったでしょうか。

先日ダンナの帰宅途中、りすが道路を横切ったそうです。
ダンナは、りすが道路を渡りきるまで徐行運転。

りすって、止まって欲しくないところで止まる困ったチャン。
でも、このりすは、ちょっと違った。

りすが道路を渡りきったからと車の速度をあげると、
渡ったはずのりすが逆走して道路に戻ってきた!!!

  ひいちゃったかも・・・。

なぜ、そこで戻ってくる?


このまえは、道路のそばに鹿が4頭くらいいたらしく、

  (こっちに)来るなよ~、来るなよ~。

みたいに、おそるおそる帰宅。
鹿ひくと、廃車の確率がぐーーーーっとあがりますから。


友人は、レンタカーで鹿をひいちゃって、
フロントガラスは鹿の血でスプラッタ状態。

バンパーが吹っ飛んで、鹿がバンパーの部分にスッポリはまったまま、
しばらく走行していたらしい。

その後、一見怖そうなマッチョなおじさんの助けをかりて、その鹿を取り外し、
鹿はおじさんに放り投げられ、どこかに飛んでいったそうな。

車の前面には、ポッコリ鹿が埋まっていた形跡が・・・。

 レンタカーでよかったね~。

って、これ、うそのようなホントの話。



オイルチェンジ
先日、ミニバンのオイルチェンジに行ってきました。

冬の間、あまり走っていないとはいえ、もうそろそろ
かえてあげないと、車がいたみます。

引っ越してきてからはじめてのオイルチェンジなので、
今回はちょっと高くつくけど、ディーラーに持っていきました。

お店について、

 「Oil change please.」

さっそく、担当者が車をチェックしたあと、
「ここにサインして」と見積もり書を出します。

サインしようとしたとき、ふと金額のところを見ると、なんと$100以上。
おかしいやん。 オイルチェンジだけだから$30くらいのはずなのに。

で、なんで? と聞くと、

 「タイミングベルトのチェックを入れてる」

・・・。 そんなの、たのんでないし。

いならいからはずしてくれと言って、待つこと数分。
新しい見積もりを見てみると、$85。

おかしいやん。 で、もう一回 なんで? と聞くと、

 「タイヤのローテーションと、ブレーキチェックを入れてる」

・・・。 そんなの、たのんでないし。

どうして、「Oil change please.」と言っただけで、
タイミングベルトのチェック、タイヤローテーション、
ブレーキチェックがつくんだ!!!

ちょっとこめかみピクピクさせながら、そこは大人なのでにこやかに、
もう一度、いならいからはずしてくれと言って、待つこと数分。

やっと、オイルチェンジだけの見積もりになり、ようやくサイン。


  なめてます。


日本人のおばちゃんだから車のことなんて知らないと思って
ボッタクリするつもりでしょうか。

車のメンテナンスは、定期的にやっているので、今は必要なし。

「ブレーキチェックしなくていいですか?」
と聞くならまだしも、はじめから勝手につけておくなんて言語道断。

何度もオイルチェンジしてきましたが、
こんなことがあったのは、はじめてです。

シカゴという土地柄なのか?
それとも、たんに、なめられた?


こんな調子で高い見積もりにサインをさせられた人、
どれだけいるんでしょうね。

気をつけましょう。油断もすきもありゃしない。


ばんざいワイパー
カリフォルニアからシカゴに引っ越す際に
車2台も一緒に持ってきました。

セダンのカローラとミニバンのシエナ。
どっちも動かなくなるまで働いてもらいましょう。

その車たちですが、冬の間中、ガレージの中で
ワイパーをピコ~ンと立てて、”ばんざい” してました。
ばんざいワイパー


理由は、 「ワイパーのゴムがフロントガラスにくっつくのを防ぐため。」

ゴムの部分が凍ってフロントガラスに張り付いて、ワイパーを動かせなくなる。
寒冷地ならではの現象ですね。

買い物なんかに出かけると、時々、駐車場で、ばんざいワイパーの
車を見かけます。雪がワイパーに積もるのを防ぐ役目もしているようですね。

ガレージにも温度計をおいて、外気温との差を確認していたのですが、
だいたい、外気温に比べてガレージの気温が5℃くらい高いといったところです。

つまり、ガレージでも凍る。
水分があれば、氷ができる。

で、大雑把なのにへんなとこ几帳面なうちのダンナは、

 「ワイパー立てとけ」

と、くちうるさい。

そういうわけで、外出から帰ってくるたび、ガレージの中で
「ばんさいワイパー」 になってました。


一冬越して、感想。

カリフォルニアでは、気温が高くて、ワイパーのゴム、タイヤが傷んでた。
シカゴは、気温が低くて、ゴムが傷む。道路もボコボコだし、タイヤも痛みやすい。

 「どっちもどっちやな~」

どこに住んでも、ゴムは傷むんだという結論に達したのでした。

みんなワイパー立ててるの?


いいまつがい
昨日はエイプリルフールでしたね。
みなさん、どんなうそをついたのでしょうか。

ダンナは朝から、

 「父ちゃん、ぶさいく~」
 「母ちゃん、美人~」
 「xxちゃん、か~わい~い」

などと、騒がしい。

 「だって、今日、うそついてもいい日だもん」

って、すべて反対の意味。つまり、

 「父ちゃん、ぶさいく~」  =  父ちゃん、かっこいい
 「母ちゃん、美人~」    =  母ちゃん、ぶさいく
 「xxちゃん、か~わい~い」=  xxちゃん、かわいくな~い

・・・。

四十路のおっさんがやることか?



ところで、

子供ってよく言い間違いしますよね。

海外生活が長いと、日本語に触れる機会が極端に少なくて、
いい間違いは、しょっちゅうです。

  「雪が降ったよー。あれで遊ぼうよ、あれ。」

  「あれって、何?」

  「雪ですべるやつ。え~と・・・ ”スリ” 」

  「スリ? ・・・あぁ、 ”そり” ね」

そりは、英語で Sleigh(スレイと発音します)。
”そり”と”スレイ”がまじって、 「スリ」。

これは、英語と日本語が混じっちゃった例。
雪降って財布盗んでどーする。


最近、次女は、かぎ針編みでマフラーを作るんだと、
せっせと長いマフラーを作成中。(もうシーズン終わりなんですが)

まだ、完成していないあみかけのマフラーを、お気に入りのパンダの
ぬいぐるみのおなかに巻きつけて、

 「ねぇ、ねぇ、お母さん、見て、見て~。パンダの

  ”はるまき~”  」
パンダと腹巻



 「はるまき?・・・ あぁ、 ”はらまき” ね。」

それは食べられないよ~。

言った本人もなんか変だなと思いながら”はるまき”と言ったみたいで
「間違えちゃった。エヘッ」っと、ごまかしてます。

これは、日本語1文字ちがっただけで、ぜんぜん違うよという例。


他にもいっぱいあります。ありすぎて思い出せません。
というか、いちいち覚えてられない。
ノートに書き留めておくんだった・・・。


友人のお子さんにいたっては、

「ねぇ、ねぇ、お母さん。赤ちゃんが ヨボヨボ 歩いてる!!」

老人みたいな赤ちゃんか?

お母さん、すかさず「ヨボヨボじゃないよ~」と言ったけど、


 「 ヨタヨタ? 」


やっぱり違うし~。「 ヨチヨチ 」だよ~。


こんな ”いいまつがい” を許してはいけないと思いつつ、
「おもしろいから、ま、いっか~」
と妥協する母達でした。

ダメだ。このままでは、子供らの日本語レベルが・・・。


ピコの長さ (タティングレース) 
パターンを作り上げたとき、糸の締め具合のほかに、
ピコの大きさがその見た目に影響します。

ピコは、ダブルステッチとダブルステッチの間に作る
ピョコンと飛び出たループ。その大きさは、自由に変えられます。
ピコ

このピコの大きさを全部同じようにそろえるのは、初心者には
大変かもしれません。

でも、慣れてしまえば、目分量でも同じ大きさのピコを
作れるようになります。あきらめないでがんばりましょう。

これは、そのピコの大きさを変えたもの。
ピコの大きさ

ダブルステッチ自体は、同じ目数で、ピコの数も同じですが、
ピコの大きさによって、印象がガラッと変わります。
写真のピコは、ちょっと大きさが不揃いですね。スミマセン。


こちらは、ダブルステッチの目数は同じですが、ピコの数が違います。
ピコの数

パターンをアレンジするときなどにピコを増やすと、
出来上がりの感じが変わったりしますね。

遊び心で、いくらでも変わります。
そういう楽しみ方も、ぜひ、どうぞ。


本に載っているパターンどおりに仕上げたい場合は、
とにかくパターンと同じような大きさのピコにそろえることです。

がんばって~。



検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。