スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しすぎる
ここのところ、毎日、時間単位でスケジュールを
書いておかないと、時間管理ができないほど忙しい。

イベントが重なってる・・・。
あ~~~~。

・・・。
スポンサーサイト
パンダが
デジカメで撮った写真をダウンロードしようと見てみると、
子供たちが勝手に取った写真が数枚。

この前、子供の友達がうちに遊びに来たときに撮ったもののようです。

その中に、パンダのバランスゲームの写真がありました。

なんのことはない、パンダを積み上げていくだけの単純なゲームです。
パンダ転がってるし・・・。
pandagame01

2度と同じ形にはつみあげられないし、転げ落ちた状態も、2度と同じものはない。
つまり、これは貴重な1枚?

こっちのパンダは休憩中か?
pandagame02

これにはなにか意味があるのでしょーか・・・。
pandagame03

ん~~~わからん。



隠すリス
ふと裏庭をながめると、リスがちょろちょろ。

自分の頭よりもでかい赤い木の実をくわえてるな~と思ったら、
りんごでした。

どこで拾ってきたんだか・・・。

しかも半分なくなってるし。

そのままどこかへ行ってしまいましたが、すぐに
もどってきました。手ぶらで。


あのりんごは、どこかに埋められたのでしょうねぇ。

食べようと思って掘りおこしたときには、きっと腐ってるだろうなあ。

というより、隠した場所をちゃんと覚えているのだろーか?

寒くなってきた
今日の予想最高気温 55°F(13℃)、
     予想最低気温 35°F(2℃)。

今朝のガレージの温度は、47°F(8.3℃)。

今週あたりから、毎日少しづつ気温が下がってきています。

朝起きると温度チェック。
ガレージの温度と部屋の温度を確認。

ヒーターを入れているので、部屋の温度は約 68°F(20℃)
くらいだけれど、ガレージの温度は、ここのところ
毎日 1°F づつ下がっています。

ということは、外の温度は、もっと下がってる。
部屋の温度は20℃でも、なんだか冷や冷やして寒い。

冬は、すぐそこ・・・。
表と裏(タティングレース)
表と裏の見分け方、それはピコの部分で判断します。

ダブルステッチの目の分かれ目がはっきりわかるほうが表。
OmoteuraOmote

ピコの間に、1本すじが入っているほうが裏。
OmoteuraUra

リーバースワークをする関係上、

 * リングが表のときはチェインが裏

 * チェインが表のときはリングが裏

になってしまいます。


では、どうやってモチーフの表裏を決めるかというと、それは、ピコの数。

リングにピコがたくさんある場合は、
リングが表になっているほうがモチーフの表。

チェインにピコがたくさんある場合は、
チェインが表になっているほうがモチーフの表。

というのが、基本です。

でも、一番外側の段が、ピコ入りのチェインで終わることが多いので、
チェインが表になるようにするほうがいい場合もあります。

段を変えるときも、表と裏を考えながら作り始めると、
表裏をそろえられます。

糸換えやモチーフの作り終わりのときなどに作られる結び目は、
できるだけ裏側に持ってくる(裏側で結ぶ)ようにするといいでしょう。

Food Packing
友人と子供ともども行ってきました。
フードパッキングのボランティア。

こちらは、ボランティアサイトのパンフレット表紙。
FoodPacking01

こんな白いヘアキャップをかぶってきれいに手を洗い、
米、乾物、顆粒のチキンブロスを流れ作業で袋に入れていき、
最後に袋をシールすると、
FoodPacking03


こんなパッケージができあがり。
FoodPacking02


このパッケージは、食糧不足の地域に送られるそうです。
ちなみに、3月の日本の震災時にも、日本へ送られたそうです。
日本でこのパッケージを見たことがある人がいるかも。

作業員は、すべてボランティア。
費用もたぶん、全部寄付金でまかなわれているのでしょう。

作業したい人は、オンラインでサインナップすればできます。
   ( www.fmsc.org )

作業自体も面白かったので、「またやりたいね」 と、
子供たちも言っておりました。
ガレージセール
土曜日に、4軒合同でガレージセールをしました。

いい天気だったけど、風が強かったので、外においているものの上には
風でとばされた葉っぱが大量にふりかかり、ちょっと大変。

前準備は大変だけど、のんびりできたセールでした。

今回は、ほんとに、”がらくた市”風のセールだったので、
目玉商品はありませんでしたが、まあ、売り上げもこんなものでしょう。

次回は、いい品揃えをもう少し増やしてできるかな・・・。
ピコの作り方(タティングレース)
モチーフに華をそえるピコの作り方。
ピコは、ダブルステッチとダブルステッチの間にできます。



この記事はこちらに移動しました。

Tutorial blog 「ピコの作り方
http://rktatting.com/RKThome/technique/basic-teq/how-to-make-picot.html




Picot14


きつつき また来た
とまってます。家の壁に。
kitutuki01

つついてます。
kitutuki02


なにすんの~~~

去年の2010年 9月ごろ、はじめて気がついた「きつつき被害」。

    参考) 02/09/11 壁に穴?

最近しょっちゅうやってきて、家の北側の壁をつついています。

追い払っても30分くらいするとまたやってきてコンコン。

そんなにおいしいのかい? うちの壁は・・・。
(虫がついてるの?)

それとも巣を作るためなのか。

どっちにしろ家にダメージを与えてしまうから、何とかしないと。
でも、きつつきは、保護鳥。かってに駆除することはできません。

壁の修理もアソシエーションにしてもらわないといけないので、
きつつきよけのスプレーなどをまいてもらえるかどうか不明だし。
(一応、リクエストはしましたが、返事はまだ)


で、苦肉の策。「ボールで脅かそう作戦」。

握力養成用のやわらかいグニグニボールをきつつきの近くに
ぶつけて脅かそう、というもの。ん~、原始的。

コンコン音が鳴り出したときに、すかさず外へ出て、
射程距離までそーっと近づいて、ボールを投げ~る。

脅かすだけで、きつつきにあてるつもりはなかったのだけれど、
ちょっとあたっちゃったかも。

それから1日半ほどたつけれど、戻ってきた形跡は無し。

また、コンコンしにくるかな~。
来ないといいな~。

と思っていたら、また来ました。
でも、今度は、西側の壁をコンコン。

北側をつつくのは、やっぱり怖かった?


すかさず、グニグニボールをまた投げてみたけど、
効果はあるのでしょうか・・・。
ダンパ
Home Coming Party

High School に入学後、最初にあるダンスパーティ。
10月1日(土) 7:30pm-10:30pm にありました。

(もう10日も前なのね。忘れないうちに書いておこう・・・。)

もちろん、女の子はドレス、男の子はスーツ。

中学校卒業のときのドレスを使えば、と思うのだけれど、
女の子はそうはいかないらしく、みんな、この日のために、
また、新しいドレスを買うそうで・・・。

たまたま買い物に出かけた先で、サイズがピッタリの
ドレスが見つかったので、お買い上げ。

毎回ドレスが変わることを考えると、出費が・・・。
ま、それはおいといて。

前もってチケットを購入する必要があり、一人だと高いけど、
ペアで買うと1人あたり$10だそうで、今回は、

 「何人か集まった中で適当にペアを作って安いチケットを購入」

という手を使ったらしい。


会場である学校まで長女を送って行ったのだけれど、
まあ、みんなすごいかっこうしてること。

女の子はみんな、肩を出したイブニングドレス姿。
大人っぽいね~。

車で来ているカップルは、男の子が女の子の
腰に手を回して、エスコート。

いや~~~、そんなことしていいんですか!!!
でも、なんかかっこいい。絵になる・・・。

そうかと思うと、ミニバンの中から男の子1人、女の子6人が
ゾロゾロ出てくる場面もあり。

来場者を観察していると面白い。


会場に入場後は、生花で作ったリストバンドをくれたそうで、
これが、また、よくできてる。(チケット支払い済みの印かな)
HC2011Wristband

パーティーの間は

 「ずっとピョンピョンはねっぱなしだった」

らしく、家に帰ってきたら、速攻でベッド行き。

ま、それなりに楽しかったんだろうね。
リングを開ける(タティングレース)
リングをクローズした後に間違いに気づいた場合、
リングを開けないといけません。

「目をほどく」 ことに続いて、これもできればやりたくない作業。
でも、やっぱり、そんな場面に出くわしたりします。

そこで、リングの開け方。

まず、リングのクロージングに一番近いピコのところを開けます。
黄色矢印のように両方向にダブルステッチを離すような感じ。
ReleaseRing01

次に、シャトル糸を引っ張り出すようにして、黄色○の部分を引っ張ります。
ReleaseRing02

このとき、リングの一番最後のダブルステッチ(青色○)が
締まって小さくならないように注意して。

これが締まってしまうと、リングを開けるのがものすごく大変になります。
目が締まってしまいそうなときは、ちょっとゆるめましょう。

人差し指と親指ではさむようにして青色○部分を
しっかり持ち、ピコの部分のシャトル糸をゆっくり引っ張ります。

そうすると、こんなかんじ。
ReleaseRing03

それから、リングのクロージング部分のシャトル糸を
青色矢印 1 の方向に引っ張ります。
ReleaseRing04

それと同時に、ピコの部分で引っ張り出したシャトル糸が
引き込まれます。(青色矢印2)

その作業を続けてピコの部分のシャトル糸を全部引き込むと、
リングを開けた状態になります。
ReleaseRing05


たいがいのパターンにはピコが入っていますが、
万が一、ピコが無いリングである場合は、

 1:クロージングした部分を開ける努力をする。
 2:潔く、間違えたリングを切り取る。

という、つら~い選択になります。

そうならないように、リングをクローズする前に
ミスが無いか確認しましょうね。

窓交換(3)
で、月曜日。窓の外枠を取り付ける作業。

作業員も、元の2人にもどって、静かに作業。
と思いきや、音楽かけてるね~。おもいっきり。

まず、薄い板(多分、厚手の塩化ビニール)を
細長く切って折り目をつけている。
WindowRp03

折り曲げるとこんな感じ。
WindowRp04

これを窓のふちに取り付けていくと出来上がり。
下の窓(白矢印)は、取り付け前。
上の窓(黄色矢印)は、できあがり。
WindowRp05

結局、2階の窓3つとパティオのドアの外装作業が
終わらない状態で月曜日は終了。


火曜日は、午前中までに全部の外装作業が終了。

外壁が壊れていたところも、めでたく(?)隠されて
きれいに出来上がり。
WindowRp06

午後は、内装。窓と壁の間の隙間をうめて、
こちらはすぐにできあがり。

午後3時には作業も全部おわり、
ペーパーワークと残りの代金の支払い。

1日あけて今日、木曜日。市の職員がインスペクション。
窓の質とか、市の規制にひっかかっていないかを
チェックするらしい。

ざーっと部屋の窓を見て回って終了。ちょっと拍子抜け。
インスペクション中に、NFRC Label を見てボソッと

 「いいねえ、この窓」

と言っていたのを聞いて、なんだかちょっと嬉しい。

  NFRC Label : 窓の質を数値で表してあるラベル。
            紫外線透過度、断熱、保温率みたいな
            ものが、数値で書いてあります。

WindowRp07

最後に、窓の業者の責任者と最終調整。
書類などの不備は無いか、窓に不具合は無いかなどを確認。
結局、

 *今はめてあるバスルームの網戸(ハーフスクリーン)を
  フルスクリーンに換える

 *釘隠しのパーツの追加

 *窓のテンションの調整

を後日スケジュールを組んでやることになりました。

やっと、この夏のビッグプロジェクトは、ほぼ終了。
あとは冬をむかえるばかり。
窓交換(2)
日曜日の爽やかな朝10時。

朝からガイーン、ギィー、ガンガンと、うるさい音が響き渡る。
せっかくの休日なのに、ご近所さんに申し訳ない・・・。
ま、そこは目をつむって。


業者は、9時くらいにやってきて、

 「近所の人が起きてから作業をはじめるよ。」

と、まず、ほかの窓の取替え計画を相談中。

土曜日は、2人で作業してたけど、日曜日は3人。
工程の遅れを取り戻したいらしい。


新しく加わった人は、主に窓を壊す(取り外す)のを担当。
これがめちゃくちゃ荒っぽい。ガラスはバキバキに割りまくるので、
ガラスのかけらが散乱。

 「壁壊さないでくれよ~」

といいたくなるくらい、壁がゆれてる・・・。

窓を取り外すときに、壁の一部を壊しちゃってるんですが・・・。
WindowRp02

この壁の部分どうするの? と聞くと、

 「大丈夫!外枠をつけるときにちゃんと隠すから」

隠すんですか・・・。やっぱりか。


あとの2人(土曜日と同じ人)は、主に、ガラスの取り付けと後片付け。
昨日の問題の解決方法が決まったので、今日の作業は早いね~。
結局、窓もドアも全部入れ替えて、4時ごろ終了。

 「明日、外装を仕上げに来るよ、時間があれば、内装もね。」

と去っていきました。

いちおう全部の窓とパティオのドアの入れ替えはおわったものの、
まだ、壁に埋め込まれて周りを専用ののりで埋めてあるだけ。

続く・・・。
窓交換(1)
というわけで、やっとのことで窓の交換がはじまりました。
契約してから約2ヶ月。やっとのことで、着工。

寒くなる前でよかった・・・。

ところが早速問題が。

なんでも、うちの窓は、簡単に取り外しができないとか。

アソシエーションがからんでいるため、外見を変えるわけにはいかず、
かといって、このままでは、古い窓をはずせない。

外装の窓のふちのところに、(多分飾り用の)木枠がはりつけてあり、
窓を取り外すには、その木枠を全部とりはずすか、
窓の大きさにあわせて切るかしかないらしい。

近所で窓を新しくした家の外見を見て回ったり、
あっちこっちに電話をして、1時間半ほど悩んだ挙句、
カーペンター(大工)のおっちゃんは、

 「窓の大きさにあわせて木枠を切る」 方法

をとることにしたようです。
おかげで、普通の窓の取り外しの時間よりも、
余計に時間がかかってしまい、

「28年カーペンターをやっているけど、こんな窓は初めてだ!!!
 人生の中でワーストだよ」

と、ぼやき半分。

ここいら一帯のタウンハウスの窓は、みんなこんなんですけど・・・。

「今日は4時に帰るから。明日また9時くらいに来るね」

ということで、土曜日に交換できた窓は3枚。とりあえず、
古い窓を取り除いて新しい窓をはめ込んで、周りをのりづけ。
WindowRp01

あと窓6枚とパティオのスライドドアが残ってます。
ま、仕事は丁寧なので、よしとしよう。

続く・・・。
まだ来ない
10月1日金曜日は、新しい窓に総入れ替えする日。
のはずなんだけれど、8時を過ぎてもまだ業者は来ない。

何時に来るのか2日前にメールで問いあわせをしたのだけれど、
その返事もなし。

本当に、今日来るんだろうか・・・。
と思っていたら、当日の朝早くに、

「ジャンクメールに入っていたので返事が遅くなってごめんね。
 10時半ごろに来るよ」

という返信。

ほっとして待っていると、10時ごろ業者から電話。

「仕事する予定だった人の奥さんが車の事故にあって、
 警察に呼び出されたので今日は行けなくなった。
 またスケジュールを組みなおす。」

ということらしい。
せっかくいい天気だったけど、結局、土曜日に延期。

そして、土曜日の朝10時から窓の入れ替えがはじまったのでした。

続く・・・。
検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。