スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっしろ
春かなーと思えば冬に逆戻り。

先週の金曜日は、雪が積もってあたり一面真っ白。
枝の上まで雪が積もりました。
022412ura

その雪も、週末の暖かさでとけて、なくなりつつあります。

積もっては消え、消えては積もる、の繰り返し。
まったく、今年は変な気候です。

ま、例年なら、4月くらいまでは雪が降る可能性はありだけど、
いったい、今年の冬は、いつまで続くんだい?

いつからが春?


長女の看病に追われた先週。
結局、気管支炎。マイコプラズマじゃなくて良かった・・・。

スポンサーサイト
ジョイニング(2) ロックジョイン(シャトルつなぎ)
02/17/12 ジョイニング(1) の続きです。

*** B:ロックジョイン(シャトルジョイン) ********

 参考) 07/01/10 ロックジョイン(タティングレース)


基本のジョイニングは、Bridge(人差し指と中指の間の糸)を引き抜きます。

そして、ジョイニングが終わった時点では、
ジョイニング部分はルーズなままなので、
ステッチを作り足してはじめて固定されます。


対して、ロックジョインは、シャトル糸を引き抜きます。
ロックジョインは、シャトルジョインとも呼ばれます。

ロックジョインは、ジョイニングが終わった時点で、
ジョイニング部分が固定されてしまいます。

だから、ジョイニングの前後で気をつけなければならない点があります。


1: 最後に作ったダブルステッチとつなげたいピコを一緒に固定して、
人差し指と親指でつまみます。

 * このとき、つなげたいピコはダブルステッチの下側にあります。
lkj01

 * ダブルステッチとピコを隣り合わせにくっつけた状態でつまみます。
    つまんだ部分は、ロックジョインが終わるまで、離しません。
lkj02


2: きちんとつまんだ状態で、ピコからシャトル糸(赤色)を引き抜きます。

lkj03-1

lkj03-2


3: そのまま引き抜いた糸にシャトルをくぐらせて、シャトル糸を引き締めます。
 緩みが出ない程度までしっかりと糸を締めるといいでしょう。

lkj04-1

lkj04-2

lkj04-3


((( 注意点 )))

* ダブルステッチから離れたところで引き締めてしまうと、ロックジョインは失敗です。
  
lkj05-1

lkj05-2

ダブルステッチとピコをきちんと固定しないでロックジョインをしようとすると、
ジョイニング部分に隙間ができて、こんな風になりやすいです。
確実に固定してつまんだ状態で、ロックジョインを行います。

* 引き締めが足りないと、ジョイニング部分がルーズになります。

lkj05-3

lkj05-4


* ロックジョインが終わった後、最初のダブルステッチを作る際、
  最後に作ったステッチの山のきわにファーストハーフステッチを作ります。

lkj06-1

lkj06-2
lkj06-3

きわに作らなかった場合、ステッチの間に糸のたるみが出て、
小さなピコが入った状態になり、ステッチのつなぎ目がだらしなくなります。

lkj07-1

lkj07-2
lkj07-3


普通のジョイニングとロックジョインの使い分けは
どのようにしたら良いか、と聞かれることがあります。

ロックジョインは、主に、チェインを作っている途中で、
一旦チェインをどこかにジョイニングし、その後そのままチェインを
作り続けるときに使われることが多いです。

パターンによっては、それ以外のときにもロックジョインする場合もあります。


基本は、ダブルステッチの山側でジョイニングするときは普通のジョイニング、
ステッチの下側でジョイニングするときは、ロックジョインをすると考えればいいでしょう。

lkj08

 黄色のリングは普通のジョイニング、
 ピンクのリングはロックジョインでつないであります。


なさけねぇ
週末から昨日にかけていい天気だったのに、
今日は、また雪。

春になったり冬になったり、
今年の冬は一体どうなってしまったのでしょうか。

昨日は、President's Day で学校が休み。

今日は、Teacher work day で、小学校は休み。

今日、高校は通常通りあるけれど、ここ最近
調子が悪かった長女は、週末遊びまくった挙句に、
熱をだして寝込んでしまいました。

学校の先生に風邪をうつされたと豪語しておりますが、
それならそれで、もうちょっと、うがいするとか早寝するとかして、
気をつければいいものを・・・。

そろそろ、自分の体調の管理ぐらい、
自分でできるようになってもらわないと
いけないお年頃なのにねえ。

まったく。

ジョイニング(1) (ジョインする。つなげる)
ダブルステッチ、ピコ、の次に基本になるテクニックがジョイニングです。

ジョイニングができるようになると、いろいろなモチーフを作れるようになります。

ジョイニングは、そのつなぎ目がぐずぐずだと、
モチーフ全体が ”いまいち” になります。

きれいにジョイニングできるようになると、モチーフがきれいに見えます。

ジョイニングは、大きくわけて次の3種類。

 A:基本のジョイニング
 B:ロックジョイン(シャトルジョイン)
 C:ピコが右側(左利きの場合は左側)にある場合のジョイニング

そのほか、このジョイニングを応用したジョイニングもあります。


ここから先は、

 ジョイニングがわからない
 ジョイニングが苦手

という人のために。

少し長くなるので、

 ジョイニングは、もう完璧にできる!!!

という人は、スルーしてください。


*** A:基本のジョイニング ***********

1:まず、最後に作ったダブルステッチの左側(左利きの場合は右側)
 のすぐそばに、つなぎたいピコをもってきて、
JoinBasic01

ピコとダブルステッチを一緒につまんで固定しておきます。
JoinBasic02


2:ピコからBridgeの部分(人差し指と中指の間にかかった部分の糸)を
 引き抜きます。

JoinBasic03

JoinBasic04

3:引き抜いた糸の中にシャトルをくぐらせ、シャトル糸を通します。
JoinBasic05

JoinBasic06

JoinBasic07


4:引き抜いた糸を、中指を使ってひっぱり、元の状態に戻します。

JoinBasic08

JoinBasic09


この時、引き抜いた糸はピコから少し出した状態で
ダブルステッチの高さ分(青矢印)をピコから出しておきます。(黄色矢印)
JoinBasic10

(注意)
  * 引き抜いた糸が長すぎるとジョイント部がだぶつきます。
  JoinBasic11

  JoinBasic12

  * 引き抜いた糸が短すぎるとジョイント部がひきつります。
  JoinBasic13

  JoinBasic14


5:引き抜いた糸がピコから少し出した状態で、
 引き抜いた部分とピコ(青丸部分)を
 親指と人差し指でつまんで固定します。
JoinBasic15

JoinBasic16


6:指でつまんで固定した状態のまま、次のダブルステッチを作り足します。
JoinBasic17

ダブルステッチを作り足した後は、ジョイニングした部分は動かなくなるので、
つまんでいた指を離しても大丈夫です。
JoinBasic18


ジョイニングの作業自体は、1から4までです。

でも、4が終わった時点では、ジョイニングした部分が
まだルーズな状態のままです。

5,6の作業をすることで、ジョイニング部分が固定されます。


ジョイニングのポイントは、

 * 「引き抜いた糸の長さ」を「ダブルステッチの高さ」とそろえること
 * 引き抜いた糸とピコを「固定」した状態で、次のダブルステッチを作ること

の2つ。

この2つをきちんと守れば、基本のジョイニングはきれいにできます。


***ジョイニングの目数について ***

普通、ジョイニングは、目数としてカウントしません。

でも、場合によっては、ジョイニングをハーフステッチと数えることもあります。
また、普段からジョイニングをハーフステッチと数えている人もいます。

ジョイニングをハーフステッチとカウントする場合、
ジョイニング後のステッチは、セカンドハーフステッチのみを作ります。

チョコ
世の中はバレンタインデーという今日。

子供たちは、学校でチョコをあげたりもらったり。

アメリカのバレンタインデーと日本のそれとは
内容が異なりますが・・・。

アメリカでは、男性から本命女性へ、子供たちは友チョコみたいな感じ。

日本は、やっぱり女性から本命男性へ、でしょうか。
今では、義理チョコ、友チョコいろいろあるようですが。

どっちにしても、最終的には商業的策略に
操られていることにはまちがいない!!!


ということで、今日の3時のおやつは、子供たちがもらってきた
チョコのおすそわけでした。

雪、再び
週末にかけて、また寒くなりそうです。
今日は、雪が積もるみたい。

午後3時くらいの外気温は 28°F(-2.2℃) だけれど、
体感温度は、Feels Like 14°F(-10℃)。

風が吹いているので、体感温度は
実際の気温よりとても低い。

ちなみに今日の予想最低気温は、13 °F(-10.6℃)。


午前中、上から下へと素直に降っていた雪が、
今は、風のせいで重力に逆らいまくって、
斜めや真横に降ってます。


午前中。
021012mae1


午後。
021012mae2


まるで使用前、使用後。

降りまくる雪の中には、出て行きたくないですね~。
でも、ちょうど、子供たちが学校から帰ってくる頃に重なりそう。

雪まみれになって帰ってくる子供たちには、
タオルと雑巾がいるな、これは・・・。

仕上げ (2) (タティングレース)
02/02/12 仕上げ (1) の続きです。

仕上げの糊付けをする前に、モチーフの形をきれいに整える必要があります。

マチ針を使って、モチーフを板の上に刺しとめていきますが、
そのマチ針の刺し方について、”私流の仕上げのコツ”を紹介します。


*** 針を刺していく順番 ***

中心から外にむかって、きれいに細かく仕上げたいところは細かめに、
針を刺していくとよいと思います。

  1) はじめに大雑把に、中心と真ん中の段の一部、一番外側など、
     要所要所をマチ針でとめて固定する。
     (正六角形や正八角形の頂点を止めるような感じ)

  2) その後、内側の段から外側の段に向かってマチ針を刺していく。

     1~3段めまである程度とめたら、1段目の針は、はずしても大丈夫。
     2、3段目をそのままにしたまま、4段目をとめる。
     次は、2段目をはずして3,4段目をそのままにしたまま、5段目を止める。
     これを繰り返して、2~3段ずつ内側から外側に針を刺していく。

  3) 一番外側の段は、細かめに針を刺して固定する。

  4) 30センチほど離れたところからモチーフ全体を見て、
     バランスを確認しながら針刺しの調整をする。


*** マチ張りは、板に対して斜めに刺す ***

shiage1

ステッチを押さえる役目もありますし、糊溶液を塗るときに
作業がやりやすいと思います。


*** マチ針は、ピコには刺さない ***

shiage2

モチーフを引っ張りながらマチ針を刺していくため、
ピコの部分にマチ針を刺すと、ピコがとがってしまいます。

ピコの自然な丸みを生かすために、ピコにはマチ針を刺さないほうが
良いでしょう。糊溶液でぬらした後、指や針などを使って
ピコの形を整える程度でいいと思います。


*** 針を刺す位置 ***

チェインの内側(青色点)やリングの内側(黒色点)や、
チェインとリングの切替の部分(黄色点)にマチ針を刺します。

shiage3

ステッチのライン上に不自然な尖りを作らないために、
マチ針を刺す位置に気をつけます。


*** 針刺しの調整 ***

途中で、形を修正したいところがあれば、その部分に針を刺して調整します。

引っ張り加減によって、リングが楕円になってしまった場合、
リングの内側にマチ針を刺して、リングの形を丸く調整します。
shiage4

shiage5


チェインが引っ張られて、ラインが尖ってしまった場合、
ラインの内側に2~3箇所マチ針を刺して、ラインを自然な曲線にします。
shiage6

shiage7


これらの方法は、私の経験からきたものです。

同じような方法で仕上げている方もいるかもしれませんし、
私の方法は、「いまいち」と思う方もいるかもしれません。

あくまで、「こんな風にやっているんだな」という
一例として参考にしてください。

こもる
昨日の午前中、ちらちふら雪が降っていました。

今日は天気も良くて、すっかり、春のような外の景色。

この3日間、家にこもりっきりで、外に出ていないので、
外の寒さがわかりません。

家の中はヒーターで暖かいからね~。
でも、外は 0℃。


家にこもって何をやっているかというと、
家事、調べ物、タティング教室、休憩(?)、etc。

出不精な私にとっては、有意義といえば有意義ですが、
人に会わないと、やっぱりなんか調子が悪い。

”かかわりあい” って、大事です。

1週間の前半は家にこもり、後半は外出している今日この頃。

口角
あ~、口角下がってる~

と、自覚できるようになりました。
右と左の下がり具合が違います。


xx 歳をすぎると、重力との戦いだ!!!


とよく聞きますが、まさにそのと~り。


これはいけないと思い、日々、顔筋を鍛えようと
していますが、なかなかね~。

ご飯の支度中に、掃除中に、洗濯中に、運転中に、
など、あらゆる場面で

 ひょっとこ顔
 ムンクの叫び顔
 チューチューたこかいな顔
 あいうえお顔

などなどをちょくちょくやってますが、効果はあるんだろうか・・・。

人には見せられない、そんなへんな顔だらけ。


この歳になって口角あげてどーすんのって話もありますが、
への字口で不機嫌そうに見えるよりは、

 ”仏の微笑み”

を目指したほうがやっぱりいいでしょう。


めざせ、かわいい婆ちゃん。

(今からめざしていいものか・・・?)

ねむい

今週は、ひたすら眠いです。
眠くて、何に対しても集中力欠如。

毎日5時間半は寝ていると思いますが、
ちょっと足りないみたい。

おまけに、調子ももうひとつ。風邪気味か?

昨日の夜は、台所の片付けを長女にまかせて、
さっさと寝床について、8時間以上は寝ているはずなのに、
まだ眠い。

毎日、半冬眠状態です。

コーヒー、紅茶、緑茶を飲んで、
カフェイン取らなきゃ目が覚めないなんて・・・。

仕上げ (1) (タティングレース)
糸隠しをして糸端の処理が終われば出来上がりです。

小さなパターンの場合は、何もしなくても大丈夫ですが、
パターンが大きくなればなるほど、うねりがでてきたり、
ゆがみがあったりすることがあります。

その場合は、アイロンをかけて平らにならします。

アイロンで修正できないうねりやゆがみは、
マチ針で形を整えて、のりづけをする方法があります。
shiage0

用意するもの、使い方は、以下の通り。

 (1)マチ針
    モチーフを形を整えながら貼り付けるために使います。

 (2)マチ針を突き刺せるような板状のもの。
    板状のものは、ダンボールや発砲スチロールの
    トレーなどを使うと、リサイクルにもなります。
    モチーフより大き目のサイズを用意します。

     上の写真の青い板は、半身のサーモンがのっていた
     大きな発砲トレー2つの端を切り落として、
     つなぎ合わせて作りました。

 (3)クッキングシート
    (2)の板の上に、クッキングシートを貼り付けます。
    シートは、外側のみをセロテープなどで止めるだけで大丈夫です。
    全面をぴったり貼り付ける必要はありません。

    シートを使うのは、糊付け後、モチーフをはがしやすくするためです。

    シートに放射線状の線や円などを書き込んでおくと、
    モチーフを貼り付けるときの目安になります。

    線を書き込んだ面を板側に向けるように貼り付けます。
    (書き込んでいない面に、モチーフを置きます。)

    (2)の板に、直接線を書き込んでもかまいません。

 (4)糊付け用の糊
    糊付け用の糊は、洗濯のりや木工ボンドを薄めて使うと良いでしょう。
    3~5滴の木工ボンドに対して、60ml~100mlくらいの水で薄めます。
    最初に作る糊溶液は、「糊薄め」位のほうが、あとで直しが利きます。

    糊溶液をモチーフに塗った後、よく乾いたら、モチーフの硬さをチェックします。
    自分の好みの硬さよりやわらかいようなら、糊の量を増やすなどして調整し、
    2~3度塗り足すといいでしょう。

 (5)絵の具筆
    (4)の糊溶液を、マチ針で形を整えたモチーフにしみこませる
    ときに使います。



スプレーのりは、のりのつき方にばらつきが
でるため、お勧めしません。

手間がかかりますが、筆を使って丁寧に仕上げてください。

次回は、マチ針の刺し方について。 

続く・・・。

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。