スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイアグラムと裏表(タティングレース)
パターンがダイアグラムで書いてあるものは、
文章や記号だけで書かれているパターンより
確実にわかりやすいです。

ただ、気をつけなければならないのは、
リバースワークをするため、ダイアグラムを
裏側から見ている図を考えなければならないこと。

一番間違えやすいのが、一つ前の段につなぐときに、
つなぐ位置を間違えていないかどうか、ということです。

各段どうしをつなげるときに、表裏をそろえることにも
気を配る必要があります。

ボーっとしているときに、よくやってしまう失敗のひとつです。

リバースワークをしたり、しなかったりする複雑なパターンのときも、
作っていく方向をきちんと確認しないと、間違えてしまうことがあります。

空間認識能力が、ちょっと必要なダイアグラムです。
男脳の人には、楽勝かも・・・。

スポンサーサイト
つり&BBQ
先週末は、知人から誘われて、数家族合同で魚釣りに。

魚釣りがはじめての子供たちは、十分楽しめた様子。
長女は、ギャーギャー言いながら、

  なまず

を釣り上げた。体長約48センチ。

魚を嫌がっているにもかかわらず、一番大物を釣り上げるとは・・・。


メモリアルデーは、朝から友人宅に集合して、
メモリアルデーパレードを見たあと、BBQ。

たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん楽しんだ週末でした。


なぜか、カメラを持っていっていなくて、
写真がとれなかった・・・。まぬけ。

今度、友人から写真の画像ファイルをもらうことにしよう。


そして今週も、いろいろと毎日忙しい。休む暇が無い。


パターンと略図記号(タティングレース)
パターンは大きく分けて2種類あります。

 1:ダイアグラム( diagram )
 2:文章や略図記号(abbreviation)


タティングは、”結ぶ( knotting )” レースです。
”編む( knitting )”のではありません。

パターンを図で表したものは、「編み図」と呼ぶより「結び図」と
いったほうが正解だと思うのですが、どちらの呼び方も、どうもしっくりこないのです。

だから私は、図で作り方を表したものを、ダイアグラム( diagram )と呼んでいます。
(英語のパターン本は、この呼び方なので。)

日本のテキスト本は、ほとんどがダイアグラムのパターンなので、見やすいです。

英語のパターンだと、古い本は、文章のみのものもあります。

英語のパターンの中には、文章や略図記号で書き表すのが大変なものもあり、
そういうものには、ダイアグラムが必ず使われているようです。

ダイアグラムが無いパターンは、文章で書いてあったり、
略図記号と写真が載っていたりします。

最近のテキスト本のパターンは、写真と略図記号とともに、
ダイアグラムも掲載されているものもあります。


基本の略図記号(abbreviation)はこのようになっています。

abbrevi

ここで紹介したものは一部で、基本中の基本の記号だけです。(他にもあります)

これら以外に、パターン本の著者独自の略図記号もあります。

同じ記号でも、著者によってその意味合いが異なってきますので、
各パターン本のはじめに書いてある独自の略図記号を、
必ず確認する必要があります。


ガレージセール 2012
いい季節になってきたので、ガレージセールもあちこちでやっているようです。

先週末は、8家族合同でガレージセール出店。
木曜日に用意して、金、土曜日に販売。

2日間の売り上げも、予想より多かったので満足。

ほとんど立ちっぱなしだったので、夜には腰にきて
疲れ果てました。


今回は、家の中のいらないものをことごとく出したつもりだったけど、
子供の本などを出し忘れたので、次回にまわそう。

あらいざらい、使っていないものも出してしまって、
とにかく家の中をすっきりさせたい。

捨てるのはもったいないので、できれば買っていってほしいなあ。

断捨離、リサイクル & お小遣いGet。
なんていい響きだ・・・。


でも、そこそこ売り上げても、すぐに使ってなくなってしまうので、
なんだかちょっとむなしい気もしますが。


締め具合、寄せ具合(タティングレース)
ダブルステッチは、芯糸(シャトル糸)に巻きついている状態なので、
左右に自由に動かすことができます。

(動かせない場合は、トランスファーができていません。)


そのため、同じ目数のチェインを作っても、ダブルステッチを
どれくらい引き寄せるかによって、出来上がりのチェインの長さが
変わってきます。
HikiShime01

写真上側のチェインを左に寄せると
HikiShime02

下側のチェインのように、長さがみじかくなります。
HikiShime03

チェインの引き寄せ方にばらつきがあると、同じ目数で作っても
できあがりが異なります。
HikiShime04

だから、チェインからリングに切り替えるとき、
チェインを引き寄せて最適の長さにした後で
リングを作り出すことが必要です。


また、同じ目数のリングのパターンでも、
最後のクロージング時の引き締め具合によって、
リングの大きさが異なってきます。
HikiShime05

同じ目数のリングは、その大きさをそろえることが大事です。


タティングのパターンは、同じパーツの繰り返しでできているので、
最初の1ターンのパターンの長さや大きさを基準にして、
2ターン以降のパターンを基準の長さや大きさにあわせます。


例えば、

HikiShime06

R1: 5-5-5-5
C1: 8-8
R2: 5+5-5-5
C2: 8-8
R3: 5+5-5-5
C3: 8-8
R4: 5+5-5-5

のようなパターンであった場合、

 R: 5-5-5-5
 C: 8-8

が1ターンです。

チェインの長さは、R2を作り始める前にC1の最適の長さを決めます。
以降、C2,C3のチェインは、C1の長さを基準にして作ります。

リングの大きさは、最初に作ったR1を基準にします。そのため、
R2,R3、R4のリングの大きさは、R1の大きさに合わせます。


チェインの長さ、リングの大きさをそろえると、モチーフがきれいに出来上がります。

締め具合、寄せ具合は、とても大事です。

かわりばえしないけど
こうも毎日忙しく同じようなことの繰り返しだと、
書くことも無いなー、と思える日々。

平和だから、それはそれでいいことだ。


忙しくても、それが毎日のスケジュールに組み込まれてしまえば、
それはもう特別な事ではなくなって、普通の出来事になってしまいます。

忙しいということが普通になっているのかな?

忙しいことの内容は、毎日違うけれど、忙しいことには変わりない。

その内容を個別にいちいち記録していくのもめんどくさいから、
「毎日が忙しい」 で終わってしまうのでしょうね。

中学校の説明会だったり、ガレージセールの準備であったり、
子供の勉強見たり、洗濯物もてんこ盛り。

いつもと違うこともあるけれど、すべてひっくるめて

   忙しい。

というのは、ブログを更新していない言い訳かもしれない・・・。
まあ、いっか。

最初の1目(タティングレース)
タティングは、リングとチェインの組み合わせでなりたっています。

パターンはリングから作り始める場合がほとんどです。
(そうではないものもありますが・・・)

シャトル糸とボール糸がつながっていて、
結び目が無い状態から作る場合は、
最初の1目について特に気にする必要はありません。

シャトル糸とボール糸を結んでつなぎ合わせ、
結び目がある状態で作り始める場合は、
結び目のすぐきわに最初の1目を作ります。

Kiwa01

Kiwa02

Kiwa03
 

リングを作り終えてリバースワークした後、
チェインを作り始める最初の1目めは、リングのきわで作ります。
Kiwa04

同様に、チェインを作り終えてリバースワークした後、
リングを作り始める最初の1目めも、チェインのきわで作ります。
(チェイン、リングの切り替え部分)
Kiwa05

もし、きわに1目目を作らないと、結び目との間や、
チェインとリングの切り替え部分に隙間ができて、
見栄えが悪くなります。

Kiwa06

Kiwa07

Kiwa08


切り替え部分は、きわで締めるということを心がけましょう。

(関連記事)
 06/03/10 きわで締める (タティングレース)
 01/20/11 根元で締める(タティングレース)


暇無し
今週は、めちゃめちゃ忙しかった・・・。

急遽、友人のつてで、1週間に3~5時間ほどパートタイムジョブを
することになり、今週から早速トレーニング&仕事開始。

覚えることがてんこ盛りで、脳みそパンクしそうです。

週に1回しか行かないので、せっかく覚えたことを忘れないように、
自分専用のマニュアルみたいなものも作成。

これがないと、きっと来週仕事できない・・・。


新しいことが始まったことに加え、なぜだか、今週は
用事やイベントが重なり、毎日、朝から夕方まで
ずっと忙しかったです。

用事って、重なるときは、どうしてこんなに重なるもんでしょうか。

休む暇は、ほんの数分。疲れる~。

そして、忙しかった今週が、やっと終わった・・・。

ダブルステッチを作る練習(2)
前回、チェインの作り方を練習しました。

  04/26/12 ダブルステッチを作る練習(1)

チェインを作ることにより、ダブルステッチを
きちんと作れるようになったことと思います。

そこで、今回は、リングの作り方について。



この記事はこちらに移動しました。

Tutorial blog 「リングを作る
http://rktatting.com/RKThome/technique/basic-teq/how-to-make-ring.html




PracticeRing01

リングを閉じるときは、

 * ステッチを指の間に平らにはさんでねじれないようにしておくこと
 * 閉じるときのシャトル糸を引っ張る方向に気をつけること
 * 根元をきちんと閉じること

が大事です。

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。