スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プログラミングのお勉強
サイトを作ろうかなあと考え、Webプログラミングの
勉強を始めました。

WordPressのテーマをそのまま使えば
きっと簡単なのですが、どうも、ピンとくるテーマがみつからない。

やっぱり、カスタマイズかなあ・・・。
でも、それには、たくさん勉強しないとなあ・・・。

ってんで、数十年ぶりに、勉強をはじめました。


勉強中は、ず~っと、PCの前に張り付きっぱなし。
おかげでドライアイで、目がしょぼしょぼです。

やらなきゃならないことは他にもあるし、
1日のうちでできる時間も限られているので、
なかなか思うように進まない。

おまけに、だんなや子供達の横槍が入るので、
集中できない・・・。

ざーっとHTMLの知識を斜め読み。
ざーっとCSSの知識を斜め読み。
ざーっとWebデザインの知識を斜め読み。
そして簡単なHTMLサイトをテスト作成。

それから、PHPの知識を斜め読み。
以前にC言語を使ったことがあるので、プログラミング言語自体に
拒絶感はないものの、違うところがたくさんあるので、あなどれず。

ついでに、JavaScript もほんのちょっとだけ斜め読み。

全部を完璧に知る必要は無いけれど、
さて、お勉強にどれだけ時間をかけようか・・・。


気づいたらもう1ヶ月くらいたってないか?


勉強してばっかりでは、何にもできあがらないので、
まずは WordPress のテーマ Twentyeleven をざっと解析。

今は、Twentyelevenをカスタマイズ&テスト中。

WordPressのビジュアルエディタにも不慣れなので、
記事の構成をうまく調整できてないし。

お披露目できるものが出来上がるまでには、
もうちょっとかかりそう。


スポンサーサイト
夏休み(タティングレース)
きりがいいので、このへんでちょっと一休み。

8月末まで、タティング記事は夏休みにしようと思います。

夏休みの課題は、タティングサイトを完成させること。
さて出来上がるでしょうか・・・。

秋に向けて充電開始!!!


リンクしすぎ?
Facebookページが検索結果にでてこなくなった理由を
調べていくうちに、もしや、と思われることが・・・。
        参考) 06/24/13 検索されない・・・


こちらのサイトの記事によると、

  参考サイト) http://www.masteraxis.com/linkpenalty.html

  Googleペナルティーになる被リンクの基本条件と判断基準
  1.Googleにインデックスされていない
   2.日本語以外の言語で書かれたページ
   3.外部ドメインへの発リンクが全体の30%以上ある

ということらしいです。

で、調べてみると、インデックスはされているようです。
ページはもちろん、日本語で書かれているので大丈夫。
(多少英語表記が混じってますが)

問題は、「外部ドメインへの発リンクが全体の30%以上ある」というもの。

Facebookページからこのブログのタティング記事を直接見に行けるようにと、
タティング記事更新ごとにそのリンクも一緒に掲載していたのが、
もしかしたら原因になっているかもしれません。

別に、SEOをねらってリンクをたくさん載せているわけではないのですが・・・。

ページを見に来てくれた人に便利に使ってもらいたいためにリンクを載せたのに、
それが逆に悪影響を与えているかもしれないなんて、なんとも、歯がゆい限りです。

でも、しかたない。その可能性があるのなら、対策立てないと、
検索してたどり着いてもらうためのFacebookページを作った意味がありません。

ということで、しばらくは、Facebookページからのこのブログへの
リンクは必要最小限に抑えてみようと思います。


American Goldfinch
裏庭のテーブルをふと見ると、なにやら黄色い物体が。

なんと、まっ黄色の野鳥ではありませんか。

AmericanGoldfinch


あわててカメラを引きずり出して、逃げないでねと願いつつ、
望遠でなんとか撮れました。

つがいらしきもう一匹の黄色い鳥がそばに来ましたが、
こちらは写真を取れず、残念。色がちょっと薄かったので、メスかな?

オレンジがかったくちばしに、黒い頭。黒い羽に白い模様が入ってて、
黄色いおなかの曲線のぷっくり加減は、たまらなくいいですね~。

調べてみると、American Goldfinch(アメリカンゴールドフィンチ)
という鳥らしい。

カリフォルニアからシカゴ近郊に引っ越して3年になりますが、
この黄色い鳥を見るのははじめて。

ほんの数秒の出来事。

ちなみに、赤い鳥のカーディナルは、時々見かけますが、
いまだに写真に収めることはできてません。


検索されない・・・
Facebook ページのアクセス状況を確認しようと、
Facebook にログインしてページに切り替えると、
なんとタイムラインが表示されないというアクシデントが・・・。

あせりました。

なんで~~~。

普通にページのURLにアクセスしたら、ちゃんと見ることはできる。
でも、ログインすると見れない。

で、気を取り直して、きっと不安定な Facebook のことだから、
なんかの調整をしている最中に変なことになってるのかなと思い、
とりあえず、どこに問い合わせしたら良いか調べることに。

でも、結局それがわかる前に、なおってしまったみたいです。

一体なんだったんだ・・・。人騒がせな。


ところが、もう一つ問題が発覚。


「タテイング」や「タティングレース」で検索しても、Facebookページが
検索結果に出てこなくなっているではありませんか。

つい2日前までは、検索結果の2ページ目に出てきていたのに、
今日は、どこにもでてきません。

考えられる原因は、今のところ3つ。

  1)上記のタイムラインが表示されなくなる状況の
    Facebook の調整が関係している。(サイト側のシステムエラー)

  2)テスト的に作っているサイトに、数日前に Facebookページの
   リンクをはってしまったため?
   テスト用のサイトを検索されたくないために、robots.txt でクローラーに
   検索されないように設定しているけれど、それが影響してる?

  3)何らかのガイドライン違反がある。または、一部のページやカテゴリの
    スパムが問題視された


1)に関しては、もうなおっているようなので、考える必要はなさそう。
3)は心当たり無し。

2)に関しては、とりあえず、テストサイトにはったページのリンクを削除。
これで、検索結果に反映されるようになると良いのだけど・・・。

2~3日たっても反映されないようなら、どうしたらよいのでしょうか。
(ちょびっと涙目)


ついでに言うと、この記事を編集しているときに、あっちこっち
全角文字の下に赤い波線がついている。スペルミスだとは思えないし。
今までこんなことはなかったのに、なぜでしょう・・・。

波線がつくのは、記事の編集中だけのようだけど、なんだろな。
FC2ブログも、なんかちょっと変更かかっているようだし。


不測の事態は、ある日突然訪れる。


06/26/13 update ******

★あとでよく調べると、テストサイトにはこのブログのリンクものせていたから、
 robots.txt とは関係ないかも。

★検索結果に出てこなくなったのは、リンクのしすぎかも?
===> 06/26/13 リンクしすぎ?

★自動アップデートでいつのまにかIE9からIE10に変わってた。
 赤い波線が出るようになったのは、これが関係しているのか?
 IE10になってから、いろいろとうまくいかない事が多くて困るなあ。
 (今は、IEとGoogle Crome と交互に使用中。)

*********************


クルニーリーフ(3)(Cluny leaf)
前回までに、ルームの作り方とクルニーの織り方について説明しました。
      参考 06/06/13 クルニーリーフ(1)
          06/13/13 クルニーリーフ(2)

今回は、左手の人指し指、中指、小指に
かかっているルームの糸の処理について。



1)まず、ABにかけていた糸を取り除いて、左側に寄せておきます。
cluny20-1

cluny20-2

cluny20-3

2)小指にかかっている糸の赤点部分を赤矢印の方向へゆっくり引っ張ります。
(黒点部分を引っ張ると、シャトル側の糸が引き込まれます)
cluny21

cluny22

すると、中指と薬指にかかっていた糸(ピンクの点線)が引き込まれます。
cluny23-1

cluny23-7

糸が入っていく部分(A)、クラニーの葉の部分(緑色)、
それから、糸が出てくる部分(C)は、
親指と人差し指で平らにおさえておきます。

全部引き込まれると、このようになります。
cluny24

次に、ルームの糸を巻いたシャトル(または、赤点部分)を引っ張ります。
すると小指にかかっていた糸が引き込まれます。
cluny25-1

糸が入っていく部分(C)、クラニーの葉の部分、
それから、糸が出てくる部分(A)は、親指と人差し指で平らにおさえておきます。

全部引き込むと、クルニーの出来上がりです。
cluny26

cluny27

cluny10sample


Pattern : hexagonal cluny motif by Mimi Dillman
cluny motif01

いいね100人 !!
4月下旬、約2ヶ月ほど前に始めたFacebookページ。
  参考) 04/19/13 Facebookページ

おかげさまで、「いいね」が100人になりました。

ありがとうございます。

現在、このブログでは、中級、上級の技術についての掲載を続けています。

初級レベルの技術に関しては、2012年6月以前の記事で
一通り説明しています。

今後も、タティングレース普及のために、
使えて、ためになるコンテンツを出していきたいと思います。

タティングレースをまだ知らない人たちに、
タティングレースの存在をアピールしましょう。

Facebookのアカウントをもっていない方でも、
このブログの記事は読めます。

タティングレースを広めるために、
このブログがお役に立てると幸いです。



クルニーリーフ(2)(タティングレース)
前回、ルームの作り方について説明しました。
      参考 06/06/13 クルニーリーフ(1)

今回は、クルニーの織リ方について説明します。
(サンプルパターンは、Lizbeth #10 の糸で作ってあります。)
cluny10sample

*** クルニーを作る糸(ピンク)の通し方 ***

説明上、ルームの3本の糸をそれぞれ
X、Y、Z とします。

はたおりの要領で、糸をルームに通していきます。
手前から奥に、Xの下、Yの上、Zの下を通るように、
シャトルを通し、糸を渡します。
cluny10-1

cluny10-2

次に、奥から手前に、Zの上、Yの下、Zの上を通るように、
シャトルを通し、糸を渡します。
cluny10-3

cluny10-4

これが、1ターン(1往復)になります。(黄色矢印)
cluny10-5


もし、手前から奥に、Xの上、Yの下、Zの上に通した場合は、
奥から手前は、Zの下、Yの上、Zの下を通るようにします。(黒色矢印)
cluny10-6



*** クルニーの形を作る ***

パターンによりますが、クルニーは、だいたい
10ターンから20ターンで作ります。

パターンに「ターンの数(往復数)」が明記してある場合は、
その数で作りますが、使用する糸の太さや個人の糸の締め具合で、
クルニーの大きさが変わってきますので、ちょうど良い大きさに
なるように、ターンの数を調整すると良いでしょう。

はじめの1ターンは、Aの位置(ルームを作ったときに、
糸をつまんだ位置)でしっかり締めます。
cluny11-1

cluny11-2

cluny11-3

cluny11-4

2ターン目からは、クルニーの長さのまん中にむかって、
徐々に幅を広くしていきます。
cluny12-1

渡した糸を適度にひっぱたリ、フックを使ってAの位置に寄せたり
して、織り目をきれいにそろえます。
cluny12-2

cluny12-3

クルニーの長さのまん中くらいから、徐々に幅を狭くしていきます。
クルニーを作る際の往復数によって、幅は臨機応変に調整し、
cluny13wrt

cluny13

最後の1ターンは、しっかり締めます。
cluny14



*** 糸を渡すときのポイント ***

* 幅のもたせ方によって、クルニーの形が変わってきます。
  最初に出来上がりの形をイメージして、クルニーの幅を
  決めておきます。

* すべりが良い糸の場合、しっかり締めたつもりでも自然に
  ゆるんでくる場合があるので、糸を締めてクルニーの形を整えた後、
  人指し指と親指に間に挟んで固定しておくと良いでしょう。

* 糸を渡すときは、少しゆるめに渡します。
  はじめから引っ張りすぎると、後で調整が難しくなります。

* 往復した後で、織り目に隙間がある場合は、フックを使って下側に
  糸を寄せて、織り目をそろえると良いでしょう。

* 糸を下側に寄せるときに、クルニーの外側のラインが
  きれいな曲線になるように、糸を適度に引っ張って調整します。


クルニーの外側のラインをスムーズにそろえるのが、
クルニーをきれいに仕上げるポイントです。

クルニーを織り上げたら、左手の人指し指、中指、小指に
かかっているルームの糸を処理します。

次回は、クルニーのルームの糸の処理について。


クルニーリーフ(1)(タティングレース)
小さな葉っぱの形をしているクルニーリーフ( Cluny Leaf )は、
織物を織るようにして作っていきます。
Cluny02


向かって左側に位置する糸で、左手に、はたおりの
ベースとなる部分であるルーム( Loom)を作り、
向かって右側に位置する糸で、クルニーを形作っていきます。
cluny01-1

今回は、ルームの作り方(左手の糸の持ち方)について。
(サンプルは、ルームを青い糸、クルニーリーフをピンクの糸で作っています。)


*** ルームの作り方(左手の糸の持ち方) ***

1)作り出しの部分を、親指と人差し指でつまみます。
 この部分を A とします。
cluny01-2


2)ルームの糸(青)を中指と薬指の外側にかけて、
  人差し指の横(親指側)を通って、Aに戻してつまみます。
  (赤矢印の向きに沿って、糸をかけます)
cluny01-3

cluny01-4

3)そのまま、人差し指の下側(指の腹側)を通って小指にかけ、
人差し指の下側を通って、Aに戻してつまみます。
  (黄色矢印の向きに沿って、糸をかけます)
cluny02-1

4)つまんだ位置(A)から中指と薬指の間に(B)糸を渡します。
cluny03

Aの位置で、3本の糸をつまんだ状態になります。
cluny02-2

cluny02-3


5)AB間の糸は、ピンと張った状態にする必要があるため、
  糸端を指に巻きつけて固定させます。

糸端の固定の方法は、以下のようなものがあります。
自分にあった一番やりやすい方法を取ると良いでしょう。

(1)薬指に2~3回巻きつける(日本語のテキスト本から引用)
cluny06-1

(2)小指に2~3回巻きつける(英語のテキスト本から引用)
cluny06-2

(3)薬指と小指に8の字に巻きつける。
cluny06-3

(4)中指と薬指に8の字に巻きつける。
cluny06-4

(5)中指と薬指に8の字に巻きつけ、さらに小指にも巻きつける。
cluny06-5


    * (3)(4)(5)は、我流です。
    * 指に巻きつける回数も適当です。

ここで紹介している方法にこだわらず、自分の
やりやすい方法で、糸端を固定すると良いです。


それから、左手の中指、薬指、小指は、自然に曲がった状態にします。
(指を伸ばしたままだと、作業中に指がつります。)
cluny07


AB間の糸がゆるんでいると、クルニーを作る作業がやりづらいので、
しっかり固定するようにしましょう。これが、クルニーを作るときの
糸の持ち方の重要ポイントです。


次回に続く。


検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。