スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい天気
Crawl Basement のインスレーション作業は
未だに終わりません。    参考) 08/22/13 インスレーション

なにせ、週末にだんながちょっとづつやっているもので。
昨日は、私も手伝いで1時間ほど地下にもぐって、
ごそごそやってました。

ま、10月中旬ごろまでに出来上がればいいと
思っているので、のんびりやってます。

昨日は、その材料の買い足しに買い物に
出かけましたが、まあ、いい天気。

久しぶりの爽快な秋晴れというかなんというか。
カリフォルニアの青空を思い出しました。

今日も、続けていい天気。
この快晴がずっと続いてくれればいいな。


スポンサーサイト
ダブルステッチでカバーする(タティングレース)
プラスティックリングやペーパークリップなどをダブルステッチで
カバーする方法があります。見た目はダブルステッチですが、
作り方は全く異なります。

cs00

この「カバーするステッチ」についての名称や表記方法は、
いまのところ公式にはありません。

以降、説明上、この「カバーするステッチ」のことを

  ★カバーステッチ(CS: Cover Stitch)と

呼ぶことにします。また、カバーステッチを構成する半目のことを

  ☆カバーステッチ表目(FHCS: First Half Cover Stitch)
  ☆カバーステッチ裏目(SHCS: Second Half Cover Stitch)

と表現することにします。これらの表現方法、記述方法は、
「タティング教室RKTatting」 独自の表記方法です。


以下の作り方のサンプルでは、赤いペーパークリップに
青い糸でカバーしています。
cs01

1)まず、ペーパークリップの内側で、
奥から手前にシャトル糸を引っ張り出します。
cs02

2)引っ張り出した糸の中に、そのままシャトルを通して引っ張り、
ループを軽く引き締めます。
cs03

cs04

cs05

cs06

cs07


3)上側に引っ張っていたシャトル糸を下側に向けて、
2)でできたループを手前に180度回転させます。
cs08

cs09

4)ペーパークリップの内側で、シャトル糸を、
クリップの手前から奥へ引っ張ります。
cs10

5)シャトル糸を引っ張ると、ループが手前から奥に180度回転します。
 (ここで、ループが手前から奥に1回転したことになります。)
cs11


6)引っ張ったシャトル糸に(オレンジ色の矢印方向に)シャトルを通す前に、
写真の赤丸の部分をひっぱって、ループを左側に寄せながらしっかり引き締めます。
ここで、カバーステッチ表目(FHCS: First Half Cover Stitch)ができました。
cs12

cs13

7)次に、5)で引っ張った糸の中にシャトルを通します。
cs14

8)そのままシャトルを引っ張り、ループをしっかり引き締めます。
ここで、カバーステッチ裏目(SHCS: Second Half Cover Stitch)ができて、
カバーステッチ(CS: Cover Stitch)が1目できあがりました。
cs15

cs16

cs17

あとは、1)~8)を繰り返して、必要な分だけカバーステッチで覆います。

カバーステッチを応用して、こんなパターンも作ることができます。
cs18
Pattern by RKTatting Ryoko Kawahara
Copyright © 2013 Ryoko Kawahara All Rights Reserved.


このカバーステッチを作る方法は、スプリットチェインを作るときの目の作り方と
似ているので、ぜひ、この手法を習得して欲しいと思います。

次回は、スプリットチェインの作り方について。

除湿機のリコール
2013年9月12日。
ポータブル除湿機のリコールがありました。

結構、いろんなメーカー、いろんな種類の除湿機が
リコールになってます。

「火災の危険性があるから、すぐにコンセントから
はずして使わないように」ということで。

Consumer Reports でお勧めされていたモデルもリコール対象。

「recall dehumidifier」 で検索すれば、たくさん情報が出てきます。
除湿機を持っている方は、要確認。

2010年から2012年の間に製造され、
2010年1月から2013年の初め頃まで
アメリカとカナダで販売されていたようです。

この時期に作られた物のみのリコールで、
時期が違えば、同じモデルでも大丈夫らしい。


うちのバスルームは、窓はあっても、換気扇がありません。
だから、防カビ対策のために除湿機を買いました。
それが、先週末の土曜日、14日のこと。

ところが、除湿機を買ってうちに帰ってきてから、
だんなが、除湿機のリコールがあると言うので調べてみると、
同型モデルがボウボウ煙を出して燃えている映像が・・・。

リコールが出たばかリだったようです。

恐ろしい・・・。

でもよ~く調べてみると、買った除湿機は、該当期間外に作られたものなので、
リコール対象ではない模様。とりあえず一安心。

だけど、毎回、「燃えてないかなぁ」と確認しながら
除湿機を使う今日この頃。


以下、リコール対象のメーカーと機種の数です。
メーカー          リコール機種の数
Danby or Premiere      6
De’Longhi or SuperClima  3
Fedders             2
Fellini              2
Frigidaire            13
Gree               19
Kenmore            4
Norpole             1
Seabreeze           2
SoleusAir           28

夏の宿題
この夏休み中になんとかホームページを作り上げるべく、
四苦八苦しておりました。

でも、夏休みって、時間調整が難しい。
子供たちが家にいる時間が長い分だけ、
なんやかんやと用事も増える。

自分だけの時間を長時間使えなくて、
思ったようにはかどらず、いまだ調整段階。


おまけに、普通のHTMLで作ったホームページなら、とっくに
出来上がっているのだけど、Wordpressを使って
カスタマイズサイトを作っているので、なかなか思うように進まない。

このチョイスが正しかったのかどうかがわかるのは、ずっと先のこと。

今はプラグインの調整中なので、サイト立ち上げの最終段階ではあるけれど、
もう少し時間をかけて不具合が出ないように仕上げたいなと思っているところ。

サイトの内容に関しては、3段階のアップグレード構想があるのだけれど、
全部を実現するには、まだまだ時間がかかりそう。


ちょっと時間かけすぎ?
毎日ちょっとずつ、亀の歩みのようだ・・・。

「いつでもやめられる、いやならやめればいいや」という
「甘さ」みたいなものもあるからなのか。

はっぱかけてくれる人がいないから、
常に、自分との戦いですね~。

はかどらないのは、それが一番の原因なのかも。
まあ、もうひとがんばりしてみましょう。


検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。