スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SSSR(2) (シングルシャトルスプリットリング)
今回は、3種類のSSSR( Single Shuttle Split Ring )のうちの
「 B)Mock Split Ring method 」 について。
SSSR2-00

「 B)Mock Split Ring method 」は、普通のSR( Split Ring )のように
作り出しと作り終わりが異なる、スプリットチェインを応用したSSSRです。

この方法は、SSMSR( Single Shuttle Mock Split Ring )や
Knotting Ring とも呼ばれます。

見かけはリングですが、実は、チェインでできているSRです。

スプリットチェインの作り方とほぼ同じです。
違いは、ブリッジングのためのロックジョインの位置です。
    参考)10/03/13 スプリットチェイン


サンプルパターンは、こちら。
sssr2-01

ベースのチェイン(白)
C: 5 - 5

SSSR サンプル(ピンク)
C: 5ds, LJ, NRW
SSMSR: 7ds / 7cs

*ds : double stitch (ダブルステッチ)
*cs : cover stitch (カバーステッチ)
    参考) 09/20/13 ダブルステッチでカバーする

*SSMSRの部分が、SSSR です。(ピンク)
*ベース用にチェイン(白)を別途作成しておきます。
*パターンの書き方は、個人によって異なります。

1)まず、ベースのチェイン(白)を作っておきます。それから、
別のピンクの糸でチェインを5目作ります。
(ここまでは、サンプルをわかりやすくするための予備準備で、SSSRではありません。)

2)ここからSSSRを作り始めます。まず、ベースの白いチェインのピコに
ピンクのチェインをロックジョインしておきます。
sssr2-02

3)7目分のチェインを作り足します。
sssr2-03

4)カバーステッチ7目分の芯糸の幅(より少しだけ短め)を確保した状態で、
最初にロックジョインしたベースのチェインのピコにロックジョインします。
(SSSR作りはじめの位置にロックジョイン)
sssr2-04

5)ステッチができていない部分(ベアスレッド:bear thread) を芯にして、CSを7目作ります。
LJした部分から、下から上側(右から左側)にむかってCSを作ります。
sssr2-05

sssr2-06


次回は、普通のSRのように作り出しと作り終わりが異なる、
フィンガータティングを応用したSSSR 「 C)Loop over method 」について。


スポンサーサイト
歯のその後
1週間前に歯医者に行って、歯の根元に
crack(ひび、割れ目) があると言われました。
             参考) 10/18/13 歯が・・・

神経を抜いてそれから1週間、抗生物質を投薬しながら様子見。

腫れや痛みはおさまってきたけれど、
また痛くなったらいやなので、右側では噛めません。
(というか、噛みたくないし。)

おまけに、2日ほど前から、水を飲む時に
歯と歯ぐきに水がしみるように痛みだしました。

どうなるんだろうかと、心配しながら今日、再度受診。

結局、歯医者さんは、「歯は残す」ということにしたようです。
良かった、インプラントやブリッジにならなくて・・・。

もともと、子供の頃に虫歯になってクラウンをかぶせていた奥歯です。

クラウンが古くなっては新しく作り変えるといった状態で、
歯の原型はクラウンの土台だけみたいなもんですが、
抜歯するのとしないのでは大違い。

で、なんで痛かったかというと、先週取ったと思っていた神経は、
どうやら一部分だけだったようで、神経はまだ残っていたらしい。

「先週、神経取ったんじゃないの?」と聞くと

「That's first part.」と答えが返ってきました。

知らなかった。神経取るのに、first と second があったのか・・・。


今日は、残り(?) の神経を取り除いて、とりあえず
仮のフィリングで埋めて、次回の受診(7~10日後)まで
腫れや痛みが無いかどうか様子をみるらしい。

問題が無ければ、次回、ちゃんとしたフィリングをつけて終了だとか。
それともクラウン作り直しかな?

神経取るのに、クラウンの一部を削ってるので、
フィリングだけで終わるのか、クラウン丸ごと作り直しなのか、
どっちでしょう。

痛いのを何とかして欲しいのと、今後かかる費用に気をとられ、
crack の部分をどうするのか、聞くの忘れたし。
今度、治療の前にちゃんと聞かなくちゃ。


ついでに、「歯 神経 抜く」で検索して、
神経を抜くとどうなるのか調べてみました。

興味のある方は、調べてみると良いですよ。
歯を大切にしなきゃね、と思います。

子供の頃に奥歯が虫歯になって、結構、歯医者さんに
お世話になった記憶があります。

そのせいか、子供達の歯の健康に関しては、
結構うるさいかな。

アメリカに住んでいることもありますが、
年に2回の歯の検診とクリーニングは必ず受けてます。

できるだけ長く、自分の歯を大事に持っておきたいものです。


SSSR(1) (シングルシャトルスプリットリング)
SSSR(シングルシャトルスプリットリング:Single Shuttle Split Ring)は、
1シャトル(シャトル1個使い:one shuttle)でSR(スプリットリング:Split Ring)
を作る技術です。

普通、SR(スプリットリング:Split Ring)は、
2シャトル(シャトル2個使い:two shattules)で作ります。

でも、シャトルが1個しかない場合、または、何らかの理由で、
1シャトルでスプリットリングを作らなければならなくなった場合、
SSSRが有効です。

SSSRを作るには、主に次の3種類の方法があります。


A) Chain method
作り出しと作り終わりの位置が同じになる、カバーステッチを応用したSSSR
SSSR1-00


B) Mock Split Ring method
普通のSRのように作り出しと作り終わりが異なる、スプリットチェインを応用したSSSR
SSSR2-00


C) Loop over method
普通のSRのように作り出しと作り終わりが異なる、フィンガータティングを応用したSSSR
SSSR3-00

他にも上記3つの方法を応用したSSSRもありますが、
この3種類を覚えておけば、他の応用技術は理解できると思いますので、
ここでは割愛させていただきます。



今回は、A)Chain method でSSSRを作る方法について。

Chain method は、作り出しと作り終わりの位置が同じになる、
カバーステッチを応用したSSSRです。

サンプルパターンは、こちら。
SSSR1-00

R1 : 7ds, half close, NRW
R2 : 5ds - 5ds, close, NRW
R1 : 7cs

*ds : double stitch (ダブルステッチ)
*cs : cover stitch (カバーステッチ)
    参考) 09/20/13 ダブルステッチでカバーする

*R1 が、SSSR です。
*パターンの書き方は、個人によって異なります。

1)まず、リングR1の7目を作ります。

2)残りの7目分のスペースを残して、リングをクローズします。
sssr1-02

3)そのままリングR2を作ってクローズします。
sssr1-03

4)R1のbear thread(ステッチができていない部分) を芯にして、CSを7目作ります。
sssr1-04

sssr1-01


この Chain method SSSRを使うと、次のようなパターンを作れます。

サンプルパターン
R1 : 5ds, half close, NRW
R2 : 7ds, half close, NRW
R3 : 5ds, half close, NRW
R4 : 5ds - 5ds, close, NRW
R3 : 5cs, NRW
R2 : 7cs, NRW
R1 : 5cs, NRW

sssr1-05

sssr1-06

sssr1-07


次回は、B)Mock Split Ring method について。


スロ~
今年は寒くなるのが早いような気がします。

今月はじめごろは、最高気温 80°F(27℃)、
最低気温 63°F(17℃)だったのが、

今週は、とても寒くて
予想最高気温 45°F(7℃)、
予想最低気温 28°F(-2℃)くらい。

来週は、ちょっともどって
予想最高気温 52°F(11℃)、
予想最低気温 35°F(1.7℃)くらい。

気温のジェットコースター。(たとえがなんだか古臭い・・・)

でも、部屋の中は暖房がはいっているから、
「ちょっと寒いかな」くらいにしか感じません。

なにせ、1歩も外に出てないもんで。

天気はいいけど、こんな寒い中、お散歩なんてとんでもない。

最近は、朝の超スローモーションラジオ体操を
日課にしています。(まだ日課になるほどやってないが)

普通にラジオ体操するよりもちょっときつい。
自己流アレンジラジオ体操で、体調を整えるこの2~3日。

ラジオ体操は、ちゃんとやればかなりの運動になるらしいけど、
それを、超スロ~でやったら、結構きたえられるかなぁ、
という”あさはか”な考え。

でも、なんか、いい感じ。

最近何でも 「スロ~化」 しているような気がする。

ホームページ
ずるずると一般公開を先延ばしにしていた
ホームページですが、一応、公開することにしました。

こちらが、その総合サイト。 http://RKTatting.com

rkt-img1

  「タティング教室 RKTatting
   ( http://rktatting.com/RKThome/ )

  「Facebookページ タティングレースtの作り方 by RKTatting
  ( http://www.facebook.com/RKTatting.info )

  「あーるのシカゴ生活記&タティングレース(このブログ)」
  ( http://rinchicago.blog.fc2.com/ )

の3つにたどりつけるようになっています。(2013年10月現在)

ちなみに、このブログの右上の”リンク”にも載せています。


「タティング教室 RKTatting」は、
タティングの作り方に関する情報専用のサイトとして作りました。
rkt-img2

主に、教室情報とタティング技術に関するまとめを集約する予定です。
ブログ形式で技術に関する記事を載せていこうと思っています。

今は、教室情報のみですけどね。

最終的には、このブログのタティング記事も、ホームページのタティング記事
としてまとめる予定。(あくまで予定)

少しづつ、ちょっとずつ。

亀のようにのろいけど、亀よりものろい?


総合サイトおよび教室ホームページに関するご意見、ご感想、
ご要望などありましたら、ホームページの「contact:コンタクト」、
もしくは、このブログのコメント欄からお気軽にお寄せください。


先週末からのんでいる抗生物質のせいか、だるい・・・。

歯が・・・
3~4日前に、何か硬いものを噛んでしまったようで、
右の奥歯に激痛が走りました。(何を噛んだか忘れてしまった)

アイスピックをグサッと突き刺したようなかんじ。

それからというもの、右側では食べ物を噛むと痛くて。

耳の中まで痛くなり、あごからほっぺたにかけて
少し腫れてきている様子。

3日目になると、左側で噛んでいるにもかかわらず
右側が痛くなり、食べ物もやわらかい雑炊や豆腐に。

症状を調べてみると、顎関節症っぽい。

歯医者に電話したけれど予約でいっぱいで、
明日の朝7:45なら予約を取れるといわれ、それまでの間、
何とか痛みをしのがなければなりません。

試しに右あごを温めてみると、痛みがましになってきました。
かまなきゃ痛くないから、大丈夫。

で、今日。痛みも腫れもだいぶ無くなり、朝から歯医者へ。

レントゲンをとったら、なんと、右奥歯から2番目の
下の歯の根元辺りにひびが入っているらしい。
dental-crack

数ヶ月前の歯のクリーニングのときにとったレントゲン写真と比較しながら
説明を受け、「顎関節症じゃないよ、歯の問題だよ」と、あっさり言われました。

で、抗生物質のカプセルをその場で4個も飲まされ、
結局、問題の歯を削って(クラウンだけど)、
歯の根元のひびがどんな状態かを目視で確認し、神経をとって
フィリングをかぶせ、感染しないように抗生物質投与
しながら1週間ほど様子を見ることになりました。

ひびが入った部分が歯の根元の方なので、仮に、
ひびが入ったところまで歯を削ってクラウンを
かぶせ直すとしても、残っている歯が短いらしい。

だから、歯医者としては、ダメージがあった歯を抜いてしまって、
インプラントかブリッジをお勧めしたいようです。

そうなると、抜歯やインプラントは、スペシャリスト行き。
また費用がかかる~。頭痛のタネが増える~。

歯を削っていた時に、どんだけ頭の中を
数字が駆け巡っていたことか。

とりあえず、1週間後に見てもらうときに、
歯を残すか、抜歯するかの相談があるのだろうけど。

予期せぬ出来事は、いきなりやってくるもんだ・・・。

教訓。 「硬いものを食べるときは、気をつけましょう。」

寒くなってきた
今週の予想最高気温は、50~54 °F(9~12℃)、
     予想最低気温は、32~37 °F(1~4℃)。

寒くなってきましたねぇ。

ここ数日、毎朝起きたときの部屋の温度が1°Fずつ下がっています。
部屋の温度は、場所にもよるけど、63~70 °F(18~21℃)くらい。

ついこのまえは、76 °F(24.4℃くらい)以上だったのに。

ヒーターのスイッチを入れようか入れるまいか、
迷ってましたが、昨晩、とうとうヒーターONになりました。

とりあえず、サーモスタットの部屋の温度は約73 °F(23℃くらい)に設定。

でも、部屋の場所によって温度が違うので、
ヒーターを入れても 64 °F(18℃くらい)のところもあり。

もう少し寒くなったら、設定温度も上がる予定。

寒いの我慢して体調崩して病院にかかるより、
快適に過ごして健康でいるほうがいいので、
最近は、寒かったらヒーター、暑かったらクーラーに頼ってます。

本格的に寒くなる前に、エアダクトのクリーニングと
ファーナスのメンテナンスしないとね・・・。


スプリットチェイン(2) (タティングレース)
前回は、 「(A)モチーフの表側からスプリットチェインを作る方法」を説明しました。

今回は、「(B)反転してモチーフの裏側からスプリットチェインを作る方法」について。

作業自体は同じなのですが、モチーフを反転して裏側から作るので、
表側から作るときの逆向きの動きになります。

また、表側から作る場合は、右から左にFHCS、SHCSの順で1目を作りますが、
裏側から作る場合は、左から右にSHCS,FHCSの順で1目を作ることになります。

<<< (B)反転してモチーフの裏側からスプリットチェインを作る方法 >>>

サンプルパターン
SC2-01

ベース(the base)のパターン
   R:10-10-10

スプリットチェイン サンプルパターン
   C : 5、LJ(to the first picot of the base)
   SC: 7/5

  *メインシャトルには、緑色の糸が巻いてあります。
  *セカンドシャトル(またはボール糸)には、ピンクの糸が巻いてあります。
  *わかりやすくするために、パターンではスプリットチェインの左半分は7目、
   右半分は5目にしてあります。


1)スプリットチェインの7目を作った後、ベースの白いリングにロックジョイン(LJ)します。
(ブリッジングまでは、表側から作る方法と同じです。)
SC2-02

2)ブリッジングができたら、モチーフを横方向に反転させ(STRW)、
モチーフを裏側に向けます。
SC2-03

モチーフの裏側で作る場合、表側から作るやり方を裏側から行うので、
SHCS,FHCSの順番で左から右方向に目を作っていきます。

3)作り始めは、シャトル糸を手前から奥に引き抜くSHCSのループを作り、
表側に半回転します。
SC2-04

SC2-05

SC2-06

SC2-07

4)FHCSのループを作るためにシャトル糸を奥から手前に引き抜くと同時に、
SHCSのループを表側から裏側方向に半回転します。
SC2-08

SC2-09

5)SHCSのループを引き締めてSHCSを完成させます。
SC2-10

SC2-11

6)引き抜いたシャトル糸にシャトルを通し、ループを引き締めてFHCSを完成させます。
SC2-12

SHCS,FHCSでカバーステッチ1目分になります。
裏側から作っているため、作り終わりはFHCSになります。
SC2-13

表側から見ると、1目できています。
SC2-14

裏側で2目作ったところ。
SC2-15

これを5目分作り、スプリットチェインを仕上げます。(裏側から見たところ)
SC2-16

A)モチーフの表側から作る方法
B)反転してモチーフの裏側から作る方法

のどちらの方法も出来上がりは同じなので、
自分にあった作りやすい方法を取ると良いでしょう。

次回は、SSSR(Single Shuttle Split Ring)について。


サイト改ざん対策
8月末ごろに、ちまたでは、Wordpressサイトへの攻撃や改ざんの
問題が発生していたようですね。

定期的にというより、以前の問題を忘れて気がゆるんだ頃に、
新しい問題が起きているのかな?

手軽に素人でもサイトを作れるのは良いことだけど、
悪いヤツは、素人の知識の甘さをついてくるか・・・。

そんな人のサイトをのっとるような詳しい知識があるのなら、
もっと別のことにその才能を使えばいいのに。


夏休み中に仕上げたかったタティング教室のホームページは、
一応出来上がっています。(たいしたボリュームではないけれど)

でも、まだ一般公開はしていません。

念入りに安全確認。サイトを見に来てくれる人に、
迷惑はかけられません。

要は、「外部からサーバー内のファイルを読み書きできないようにして、
ログインは、ベーシック認証などで2重チェック。」ということを
しっかりやれば良し。

現在、主に、.htaccess と、他の重要ファイルのファイル属性の設定、
.htaccess でのアクセス制御を中心に、メンテナンス時のリダイレクトや
各種設定、テスト、確認、などを続けております。

続けているというより、ほったらかしにしているような気もするが・・・。
(ほったらかしだな、うん。)

robots.txt も、まだ Disallow のままなので、
インデックスされないから今は検索しても出てこないし。

さて、どのタイミングで一般公開しようかな。

と、あれこれ考えているうちに、おっといけない、
もう10月も半ばを過ぎているではありませんか。

ちょっとのんびりしすぎたな。


インスレーション、やっと終わり
8月初旬からはじめた、インスレーションの総取替え&追加プロジェクト。
      参考) 08/22/13 インスレーション

毎週ちょっとずつやって、先週末にやっと終わりました。

結局、ハンディマンのLさんには、消毒剤や廃棄物処理の相談と
道具の借り出しでお世話になり、インスレーションの取り付け作業などは、DIY。

費用もほぼ材料費だけですんで、かなり節約できました。

ちょうど、寒くなってきたところ。予定通りに終わってよかった。

今年の冬は、足元暖かいといいなあ・・・。


秋の天気
昨日までは、いいお天気だったのに、
今日、明日は、T-Storms(サンダーストーム)の予報が出ています。

weather100313


秋は青空が気持ちいいのにね。

しかも気温もやや高く、
  予想最高気温 80°F(27℃)、
  予想最低気温 63°F(17℃)。

でも、週末になるとこれが
  予想最高気温 60°F(16℃)、
  予想最低気温 44°F(7℃)。

この気温差は、体に悪い。
体調崩さないようにしないと・・・。

もう10月だし、冬が近くなってきたのね。


スプリットチェイン(タティングレース)
スプリットチェイン(SC : Split Chain)は、ダブルステッチを左から右方向に作り、
残りをカバーステッチで右から左方向に作って、1本のチェインに仕上げるものです。
spc-00exp

左半分を普通のダブルステッチ、右半分をカバーステッチで作ります。
(パターンによっては、左側と右側の目数が異なる場合もあります)

スプリットチェインは、次のようなときに使います。

  1)糸を切ることなく(糸処理しないで)、次の段を作り始める時。
  2)スプリットチェインで作るパターン。(めったにありません)
  3)SSMSR(Single Shuttle Mock Split Ring/Knotting Ring) への応用など

作り方としては、

 A)モチーフの表側から作る方法
 B)反転してモチーフの裏側から作る方法

の2種類があります。

<<<スプリットチェインを作り始める前に>>>

まず、カバーステッチ(CS)の作り方を覚えておいてください。
  参考)09/20/13 ダブルステッチでカバーする

    *カバーステッチの作り方、表記方法などに
     ついての説明です。なお、カバーステッチ 
     関連の表記方法は一般的に使われているものではなく、
     タティング教室 RKTatting 独自の表記方法です。

カバーステッチ表目(FHCS: First Half Cover Stitch)は、
シャトル糸を奥から手前(裏側から表側)に引き抜きます。

カバーステッチ裏目(SHCS: Second Half Cover Stitch)
シャトル糸を手前から奥(表側から裏側)に引き抜きます。

そして、カバーステッチは、

 ★最初に作ったハーフステッチのループを
  表側から裏側(手前から奥)に1回転させる。

 ★1つ目に作ったループを半回転する作業と、
  2つ目のループを作りかける作業を同時に行う。

ということを、念頭においてください。


<<< (A)モチーフの表側からスプリットチェインを作る方法>>>
spc-00sub

サンプルパターン

ベース(the base)のパターン
   R:10-10-10

スプリットチェイン サンプルパターン
   C : 10、LJ(to the first picot of the base)
   SC: 7/5

  *メインシャトルには、青色の糸が巻いてあります。
  *セカンドシャトル(またはボール糸)には、ピンクの糸が巻いてあります。
  *わかりやすくするために、パターンではスプリットチェインの左半分は7目、
   右半分は5目にしてあります。

1)まず、ベースのリング R:10-10-10 を作っておきます。
 そしてスプリットチェインサンプルパターンの C:10 を作り、ベースの1つ目のピコに
 ロックジョイン(LJ)しておきます。ここまでは、サンプルをわかりやすくするための
 前準備です。スプリットチェインの作り方とは直接関係ありません。
spc-01

spc-02

2)ここからスプリットチェインを作り始めます。
まず、普通にダブルステッチでチェインを7目(ピンク)作ります。
spc-03

3)メインシャトルの糸(青)を カバーステッチ5目分の芯糸の幅(より少しだけ短め)を
確保した状態で、ベースの2つ目のピコにロックジョイン(LJ)します。
spc-04

    ★以降、説明上、タティング教室 RKTatting では、この「芯糸を固定する作業」
     のことを「ブリッジング(Bridging)」と呼びます。
     (公式な呼び名が特に無いので、人によっては、違う呼び方をする場合もあります。)

4)ブリッジング(Bridging)した芯糸に、カバーステッチを
右から左方向に作っていきます。カバーステッチの目と芯糸の色は青になります。

ペーパークリップなどを覆うカバーステッチは、
”左から右に” FHCS、SHCSの順番で目を作ります。

スプリットチェインの右から左に作っていくカバーステッチは、
パターンの表側で、”右から左に” FHCS、SHCSの順番で目を作ります。

作業手順としては、以下の通りです。

シャトル糸を裏側から表側(奥から手前)に糸を引き抜いてループを作る。(FHCS)
spc-05

spc-06

spc-07

spc-08

ループ(FHCS)をモチーフの表側(手前)に半回転させる。
spc-09

シャトル糸を表側から裏側(手前から奥)に引き抜く。
spc-10

最初に作ったループ(FHCS)をモチーフの表側から裏側(手前から奥)に半回転させ、
写真の赤丸部分を引っ張って、ループを引き締める。
spc-11

引き抜いたシャトル糸にシャトルを通し、ループをしっかり引き締める。(SHCS)
spc-12

spc-13

このとき注意しなければならないのは、写真の黄色矢印のように
シャトル糸を、常に「左側から上側方向」に配置するということです。

シャトル糸の配置が悪いと、シャトルが通る道筋を間違えたりして、
下手をするとループがうまくできません。

このままでは、作業がやりづらいので、上記のやり方を
タティング教室 RKTatting では、以下のように教えています。
この方法をとると、シャトル糸が常に右側に配置され、作業がやりやすくなります。

4-1)まず、作業を容易にするために、モチーフを水平方向に
右に90度くらい回転させてから作業をはじめる。
spc-20

4-2)シャトル糸を裏側から表側(奥から手前)に糸を引き抜いてループを作る。(FHCS)
spc-21

spc-22

4-3)ループ(FHCS)をモチーフの表側(手前)に半回転させる。
spc-23

4-4)シャトル糸を表側から裏側(手前から奥)に引き抜く。
spc-24

4-5)最初に作ったループ(FHCS)をモチーフの表側から裏側(手前から奥)に半回転させ、
写真の赤丸部分を引っ張って、ループを引き締める。
spc-25

spc-26

spc-27

4-6)引き抜いたシャトル糸にシャトルを通し、ループをしっかり引き締める。(SHCS)
spc-28

spc-29

spc-30

spc-31

これでカバーステッチ1目分ができました。


5)あとは、カバーステッチ4目を作り足し、ブリッジングした芯糸を
 カバーステッチで覆います。


ポイント(1)
ブリッジングする芯糸は、カバーステッチの目数の幅よりも”やや”短めにします。
こうすることで、出来上がりのときにダブルステッチとカバーステッチの間の
すきまができにくくなります。

ポイント(2)
ペーパークリップをカバーステッチで覆う場合、ステッチの芯がプラスチックやワイヤーなどの
素材なので、すべりやすくてループが回転しやすいです。

でも、スプリットチェインの場合、ステッチの芯が糸なので、
すべりが悪くてループが回転しにくいです。

そのため、最初のループ(FHCS)を作ったときには、ゆるめに締めてください。
はじめからきつく締めるとループが回転しにくくなります。回転した後で、
しっかり締めてハーフステッチを完成させます。

ポイント(3)
2色使いのとき、ダブルステッチとカバーステッチの部分の目の色が異なります。
これを防ぐには、ダブルステッチを作り終えて、ブリッジングをする前に、SLTを
して糸を交換します。必要なら、スプリットチェインが出来上がったところで、
もう一度SLTします。(これについては、また後日、説明する予定です。)

次回は、もう一つの「(B)反転してモチーフの裏側からスプリットチェインを作る方法」
について、説明します。

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。