スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RKTatting 独自用語 一覧(タティングレース)
このブログ内で、タティングレースに関する技術の説明を行っています。

基本的に、説明時に使用している言葉や表現は、
「一般的に使われている英語表現」を基準に使っています。

文章で説明しなければならないため、その文が冗長にならないように
気をつけていますが、それでも、重複した表現や内容を省略するために、
教室 RKTatting 独自で使う用語というものがいくつかあります。


一般的な呼び方では無いので、一般的に使われている物と混同しないように
RKTatting 独自用語を書き出しておきます。


<RKTatting 独自用語 一覧>

*bridge( ブリッジ )
左手に糸を持ったとき、人差し指と中指の間にかかった部分の糸のこと。
この部分の糸をトランスファーすることで芯糸にからめとって、タティングの
ステッチが作られます。ブリッジの糸の色がステッチの色になります。
リングを作るときは、シャトル糸(メインシャトルの糸)がブリッジになり、
チェインを作るときは、ボール糸(またはセカンドシャトルの糸)がブリッジになります。

*ステッチの山側、谷側
ステッチの上側を山側、下側を谷側と表現することがあります。
リングの場合、リングの外側がステッチの山側、リングの内側がステッチの谷側になります。
チェインの場合、ステッチを寄せると自然なカーブになります。そのカーブに沿って、
ステッチの上側を山側、ステッチの下側を谷側と表現しています。

*C-Join( シージョイン )
リングだけで作ったモチーフの、最初と最後のリングをつなぐときの
特殊なジョイニングの方法。
この手法には特に名称が無いので、RKTattingでは、この呼び方で統一しました。

*STRW( Side Turn Reverse Work : Turn side to side, )
手前から奥、奥から手前方向に反転する普通のリバースワーク(RW)に対して、
明示的に横方向の反転を示します。
(Turn Work と表現されている例もあります。)

一般的なパターンでは、横方向の反転作業もRWと記載されており、(または記号省略)
文章で、「本のページをめくるように反転する」などと、解説されている場合が多いです。

*ダウンワードステッチ(downward stitch)
下向きのダブルステッチ。 RKTatting では、上向きのステッチに対して
下向きという意味で、この呼び名で統一しています。
一般では、ラークズ ヘッド ノット( lhk : Lark's Head Knot )と呼ばれているものです。

*デイジーステッチ
デイジーピコやパールタティングのときに作るステッチの作り方の一種。
ダウンワードステッチを数目作って、芯糸に沿ってステッチを180度回転させます。

*カバーステッチ
プラスティックやワイヤーのリング(輪)などを、ダブルステッチで覆っているような
見かけになるように作る方法。
この手法には特に名称が無いので、RKTattingでは、この呼び方で統一しました。


★★★ RKTatting 独自用語は、思い出した時点で、順次、追加していきます。★★★



スポンサーサイト
寝込んで、思った 
先週末から、ちょっと寝込んでしまいました。

木曜日の夜に発熱。

それからというもの、夜は発熱、日中は平熱という状態が数日間。

日曜日の夜は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで、夜中一睡もできず、
月曜日の朝はふらふらで、午前中にやっと眠ることができ、

その後、鼻周りがすっきりしてきたので、回復。

4日間ほどのことでしたが、ずいぶん長いこと寝ていたように感じます。

インフルエンザの予防接種を受けていたから、
症状が軽くてすんだのかも。


最近、寝込んだり、怪我したり、体調が悪くなると、
そのたびに、「もう、若くないのね」みたいなことを
ひしひしと感じてしまいます。


若い時はすんなりできていたことが、今同じことをやっても、
前みたいにスマートにできない。

「こうやって、ちょっとずつ、できないことが増えていくのかな」

みたいな、ちょっとした危機感をおぼえ、

「今のうちにできることをやっておかなきゃ」

という、なかば使命感みたいなものもでてきたりして。


「何ができるかな、何を一番にしようかな」

と考えながら、とりあえず、今、目の前に広がる
教育資金、奨学金、税金対策の資料、老後の貯蓄に
ビジネス関連の資料などと日々格闘する、この年末。

もうすぐ2014年も終わりなんですねぇ。


クレジットカードの再発行
アメリカでは、クレジットカードやデビットカードで支払うのが
ごく普通になってます。現金を使う機会がグッと少なくなりました。

だから、財布の中には、銀行のキャッシュカード以外に、
数枚のクレジットカードをいつも入れてます。

普段の生活用品用、特別な買い物用、外食用、出張用などと、
ある程度、使い道によってカードを使い分けてます。


今朝、オンラインで支払いチェックをしていると、
見覚えの無い金額が、クレジットカードで払われたことになっている。

$5と$71。

さっそく朝からカード会社に電話。

不正使用された疑いのあるカードを破棄して、
新しいカードの発行手続き。


よくあることなので、もう、慣れっこになりました。

「よくあること」であってはならないのだけどね。
今年は、3回くらいカードが再発行されたかな?


だから、支払いチェックは欠かせない。


普段から、カードのレシートとオンラインの記録を照らし合わせて、
間違いが無いかどうかをチェックしてますが、年末のセールの時期は、
特に気をつけてます。


表面温度を感知するスマホアプリを使って、キーパッドに残った指の温度から
PINを盗み取る手口があるよと、ニュースで言ってました。

カード番号だけでなく、PINも盗まれるようになってくるとは。
よくもまあ、こりずに、いろんな方法で盗みにくるもんだ。


気をつけませう。


気がつけば師走
なんだか最近、「気がつけば・・・」
という状況が増えてきたように思います。

時間が飛ぶように過ぎていきますねぇ。

いつのまにやら、12月も中旬ではありませんか。

冬眠している場合ではない!!!


教育ってなんだろう
それぞれの家庭にはそれぞれの教育方針があるでしょう。

小さな子供の教育方針と、
ティーンになってからの教育方針とでは、
まったく異なると思います。

善悪を判断できない小さな子供の頃は、

「これは、良いこと」
「これは、悪いこと」
「やっていい事、悪いこと」

と一つ一つ、親が教えていく。

子供同士の交友関係は、親が決めることもある。


自我が芽生えるティーンになれば、

「なにが良くて、なにが悪いのか」

を、自分で考えさせる時期になってくるでしょう。


だから、うちの子供達のような中学生、高校生にもなれば、

「自分で考え、自分で判断して、自分で決断、行動すること」

が、大事だと考えてます。

もちろん、誰とどういう風に付き合うかということに関しても、
自分で決めればいい。それは、親が口を出すことでは無いと思ってます。

だから子供達には、自分で責任を持てる範囲で行動して欲しい。


大雑把に言えば、放任主義。


でもそれは、「何でも好きなようにやっていい」ということではありません。


親が口を出すのは、子供が間違ったことをしているときだけで良い。
感情論や思い込みなどで判断を誤るような材料を一切を取り除いて、
その上で、親がどこまで介入するべきか否かを考えたい。

そして、怒るのではなく、叱る。

人生は選択の連続だから、子供達には正しい選択をできるようになって欲しい。

子供の失敗や間違いに、親がじっくり向き合えるのは、一緒に暮らしている間だけ。
数年後には、親元を離れるのだから、しっかり自立して欲しい。


ただ、何が正しくて、何が正しくないのかは、
人それぞれの価値観によって変わってくるのも事実。

そういう価値観の違いで、ミスコミュニケーションが成り立つことは、多々ある。

小さい子供の頃なら通じてたはずのことが、大きくなると通じなくなる。
半分大人、半分子供の微妙な時期。

そんな矛盾、つまり、自分の中の常識と世の中の常識、非常識がまじりあって、ややこしくなる。

そういうミスコミュニケーションから起きる「ズレ」を、

「子供が納得できるまで、きちんと説明してやるのが、親のやるべき事ではないか」

とも思う。


いろんな考え方があるから、他の人たちの教育方針を否定する気は全く無い。
単純に、私の教育方針についての考え方を述べただけ。


こんなことを書いたとしても、実際に、自分の考えていることが
きちんと正しく伝わるかどうかは、わからない。

同じ言葉を投げかけても、それをそのまま受け取ってくれる人もいれば、
全く異なった意味で受け取ってしまう人もいるし、
そして、それもまた一つのミスコミュニケーション。

正しく伝える事って、難しい。


検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。