FC2ブログ
強烈な大寒波
ここのところ、テレビのニュースと気象情報にくぎ付けでした。

27日(日)の夜中、雪が降り続き、
28日(月)の朝は雪だらけ。
5インチ(12センチくらい)ほど積もったらしい。
雪が降るくらいだから、朝はさほど寒くはないけれど、
夕方から気温が下がり始める。

29日(火)の朝8時くらいは、0°F(-17℃)。
正午くらいから気温がどんどん下がり始める。

大寒波の30日(水)の朝はー24°F(-31℃)。
日中でも、最高気温がー15°F(-26℃)
などと、わけわからない数字。

31日(木)の朝もー24°F(-31℃)。
やっと気温が少しづつ上がってきて、
午後2時くらいに最高気温は、-5°F(-20℃)。

大寒波と言われた水曜日は、
過去最低の最高気温の記録を出したらしいです。
最高気温の最低記録?
なんか、文法まちがっているように思えてくる。

うちの表側は雪かきされてるから、道路にそんなに雪はない。
013019-o

でも、うちの裏手は、寒くて解けなかった粉雪が
風で飛ばされてきて、積もりに積もってテーブルやいすが埋まってる。
013919-ura




シカゴダウンタウンのシカゴリバーも
ガチガチに凍ってしまったらしい。

ニュースでちらっと見た映像では、
電車の線路が凍らないように、
ガスコンロみたいに線路から火が出てるし。
rail fire-1

rail fire-2



このあたりの学校は、
*28日(月)は、前の晩の大雪のために閉鎖。
*29日(火)は、普通に授業。
*30日、31日は、気温が低すぎて閉鎖。

風が吹けば体感温度は外気温よりも
さらに低く-30°F(-35℃)くらい。

1月29日午後6時から2月1日正午まで、Wind Chill警報が出てます。
外にいたら30分で凍傷になるから気をつけるようにとのこと。

でも、仕事関係は、寒波だろうが関係なく、
旦那の会社は、普通に出社だったようです。
「来れない、来たくない、なら有給取ってね」だって。
(職種によっては、仕事が休みになるところもあったかも。)

29日午前中の私の病院での検査のために、
旦那は29、30日は有給取って休んでいたので、
タイミング良く(?)と言っていいんだか悪いんだか、
大寒波の中、家でぬくぬくだらだら過ごしていました。

家の中はヒーター全開で動いているので、
暖かいのですが、加湿器3台全稼働しているにもかかわらず、
湿度が35%前後にしかなりません。

夜、加湿器を止めて寝ると、朝方は湿度が27%くらいまで
下がってしまって、あわてて加湿器をつけてます。

今までの一番寒かった時でも、湿度が40%を切ることは
ほとんどなかったのだけれど、ここ数日は、
軒並み30%台の湿度。

今朝、旦那が会社に出かけるときに、玄関のドアを開けると、
あまりの寒さで玄関の入り口付近の空気が一瞬にして凍ったのか、
煙がホワンと入ってきました。外は、強力な冷凍庫です。

ま、29日の午後から一歩も外に出ていない私には、
わからない寒さかも。わかりたくないし。

教育実習のために大学から家に戻ってきている長女は、
今日は学校は閉鎖なので教育実習は無し。
午前11時くらいにバイトに出かけましたが、
外に止めてあった2006年モデルのカローラの
エンジンのかかりの悪いこと。

キュイン キュイン キュイン キュイン キュイン
となんとかエンジンかけた後は、5分(以上)くらい
暖気運転しないとエンジンが温まらず、うなるうなる。

明日金曜日から来週水曜日にかけて、
気温が40°F(5℃)~48°F(8℃)くらいまで上がるようなので、
今度は、雪解けの路面凍結とスリップに
気を付けないといけないでしょう。

と、こんな感じで、わりとのほほんとしてます。

確かに、一部ではニュースで言っているように
深刻なところもあるけれど、アメリカ中西部も広いから。

まあ、なにごともなく無事に過ごせたことが
一番良かったことですね。
スポンサーサイト



大腸内視鏡検査から1年後
1年前に、日帰り手術。
小さい腫瘍を取りました。

参考: おしりが痛い

それから半年後に下腹部CTの再検査。

術後1年の2019年1月29日。
朝の外気温は、0°F(-17℃)。

この冬、最高に冷え込む大寒波が
シカゴに迫ってきている前日の午前中に
術後の状態の内視鏡検査。

検査直後にDr.の説明。

「異常ないよ」

よっしゃ~、これで解放された~。

というわけで、長きにわたった心配事が
一つクリアになりました。

ただ、

この検査の費用はいったいどうなるんだ?
ということだけが心配。

一つクリアになって、また一つ増える心配事。
なんとかならんのか・・・。
顎関節症で苦しむの巻
朝起きて 痛くないって すばらしい


今朝、目覚めたときに思い付いた川柳。

一晩中寝ることができたのは、
いつのこと以来でせうか。

目覚めて、布団の中で一番に思ったことが、
「痛くない~」
でした。

もちろん、まだ痛いです。

でも、夜中に痛みで目が覚めてどうしようもなかった頃に比べれば、
格段の進歩です。

ADVIL(鎮痛剤)を使うタイミングをうまく合わせれば、
夜中に痛みで目が覚めるということがなくなると、
やっと悟った今日この頃。


昨年の11月中旬ごろからこの年末年始にかけて、
顎関節症の痛みと戦っておりました。

特に、年明けてからの2週間ほどは強烈に痛くて、
ADVILが手放せないありさま。

体の不調があると、何もする気が起きず、
ただ、だらだらしていたような・・・。

顎関節症っていうのは、
その原因が一つとは限らないのがミソ。

だから、いまだに痛みと格闘中。

でも、まあ、ブログ書けるようになるまで復活したので、
ちょっとましかな。

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ