FC2ブログ
引越し(荷物出し)
さて、引越し当日、朝からでっかいトラックがアパートの駐車場を占領してました。
  参考)お別れパーティと引越し準備

車2台は、前日に大きなトラックに載せられて、すでにシカゴに向けて出発。

数名の引越し業者の人がどかどかと部屋に入ってきて、
段ボール箱を組み立てます。

次から次に箱につめられていく荷物。
米系の引越し業者です。やっぱり、丁寧さに欠けてます。

「ああ、もうちょっと丁寧にあつかって・・・」

という場面もしばしば。
荷詰めを見ないほうが、安心かも。

洗面所方面の荷物、たとえば、使ったばかりの石鹸とか、
便器を洗うブラシとか、水分が含まれていてもお構いなしに、
どんどん紙につつまれて、そのまま箱の中へ。

「濡れてるんだけど、そのまま入れちゃって大丈夫?・・・」

と言いたくなる様な、そんな光景が目に入る。
見なかったことにしよう。うん。


我が家は、なんだか荷物が多いらしく、
見積もりの箱が少し足りなかったみたい。

布団マットレスなんかは、マットレス用の箱には入れてもらえず、
そのまま折りたたまれて、ガムテープで止められただけ。
「埃かぶらないの~~~?」

そんなこんなで、荷物が無事でありますようにと祈りながら
荷物出しを2日間監督してました。

荷物がでたあとの部屋は、広い。
十数年間の間に、いかに荷物が増えたかが良くわかります。

昔、子供が落書きした壁のあとも残ったまま。
ペンキを塗り替えるだろうから、消さないでそのまま。
ま、消す元気も残ってませんでしたが。

そうして、少し後ろ髪ひかれながら、住み慣れたアパートを後にしたのでした。


  シカゴ着 へ続く


Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ