FC2ブログ
ほんとに我流?(タティングレース 補足)
ピコゲージの「縦はめ方式」は我流である と、

  11/17/11 ピコゲージ(2) (タティングレース)

で書きました。


その後、コメントが投稿され、

 ”日本のテキスト本には普通に載っている”

とのこと。



気になったので、もう一度よ~く考えてみました。



私がタティングを始めたのは2003年くらい。

そのころアメリカ在住9年目。

周りにはタティングの先生という人はいなくて、
おまけに、日本語のテキストを簡単に手に入れることもできず、
泣く泣く(?)英文でタティングのテクニックを1年間かけて独学しました。

同時期に一緒にタティングをはじめた友人がいて、
その人は、すぐに日本からテキストを1冊取り寄せていたので、
見せてもらったことがあります。
(タティングをはじめたばかりの頃、ずっと昔のことです。)


私が今持っている日本語のテキストは、1冊のみです。(他は全部英語テキスト)
それを手に入れたのは、日本に一時帰国したとき、数年前の2008年くらい。

それまでは、日本語で書いてあるテキスト本は、手元にありませんでした。

私が持っている日本語のテキストは、それに載っているパターンを作るため、
タティングを知らない人にどんなレースかを写真で見せるために、
使っています。(日本語テキストは写真がきれいですからね)

タティングのテクニックを習得した後で、日本語のテキストを手に入れたので、
日本語テキストのテクニック説明の部分は、自慢ではありませんが、
あまりきちんと読んでいません。


だから気づかなかったんですね。

「縦はめ方式」が、すでに日本語テキストで説明されている方法だと。


おもいっきり、言い訳です・・・。


コメントがあってから、自分が持っている日本語の
テキストブックを見てみると、載ってました。
「縦はめ方式」と「横はめ方式」両方とも。

「目分量、手のしわ方式」は載ってませんでしたが・・・。


「ピコゲージ」記事を掲載する前に、日本語のテキストを
確認しておくべきでした。 (ちょっと反省)


そして、「縦はめ方式」は、我流ではなかったのかも・・・
と、今頃になって思い始めました。

もしかしたら、ずっと昔に友達の持っている日本語のテキストで
「縦はめ方式」を見て、それが脳みそのどこかに
へばりついていたのではないかと・・・。

気になりだすと、とことん気になります。

久しぶりにピコゲージを使ってみたら、「縦はめ方式」が「我流だ」
と勘違いした可能性も無きにしもあらず、です。


テキストを見る前にやっていたことなのか、
テキストを見た後でできるようになったのか、
思い出せない。


いいかげんですみません・・・。


記憶がさだかではないので、

 「同じことを考えた人が他にもいたのかも・・・」

ということでお許しください。

11/17/11 ピコゲージ(2)の記事も、文面の都合上、
修正変更はしません。今回の記事をもって、ご容赦ください。

「縦はめ方式は我流だ」ということに関しては、
著作権侵害になるようなことは無いと思うので、
問題ないかな?


☆.。.:*・°☆ 著作権などついて一言 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

  このブログに載せている写真は、パターンを読み取れないように
  少しぼかした写真などを使っています。

  はっきり目を読み取れるものは、誰でも考え付きそうな
  簡単なパターンのみに限定しています。

  著作権などについては気をつけているつもりですが、万が一、
  問題があるようであれば、いつでもご連絡ください。

  このブログはリンクフリーです。
  
  でも、ブログ内で使用している写真などについては、
  転載不可ですので、無断で使用することは、お控えください。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ