FC2ブログ
アロマセラピー (1)
久しぶりにすごい人に出会っちゃったみたいです。
                参考) 「かゆい・・・ いいクリームみ~つけた」

アロマセラピストのえつこさん。
アロマセラピーのプロフェッショナルです。

初めて会ったときの印象的な言葉。

  「続けること。続ければ、必ず実現する。」

「続けること」は、私の中ではキーワード。
「おぉっ」と思いました。


そのえつこさんの経歴は・・・

  「語学留学のついでに、なにか勉強しちゃおう!」ということで、
  ユタ州 ブリガムヤング大学 ビジネス 金融学 を専攻。
        ・
  大学卒業後、外資系銀行(UBS)勤務。
  この頃、アロマセラピーと劇的な出会いをする。
  それからしばらくは、NHK文化センターなどでアロマセラピーの
  講座などをうけるようになる。
        ・
  98年ごろ、日本支社からスイス支社へ転属。
        ・
  しばらくして銀行が合併され、リストラスタート。
  これを機に、早期退職して早期退職金をもらい、それを
  学費にあててロンドンのアロマセラピーの学校に入学し、約1年間勉強。
        ・
  学校卒業後、IFA ( International Fedelation of Aroma Therapist )
  に所属し、現在アロマセラピストとして活躍中。

ぱっと見では絶対にわかりません。
話を聞いてみるもんです。ほんとに、いろんな人がいます。


アロマセラピーとの出会いは、銀行勤務時期だったそうです。

毎日のように、ストレス、頭痛、肩こりに悩まされていたころ、
アロマセラピーをやっている会社の同僚にアドバイスを受けたそうです。

明日は寝込んでしまうかもしれない、というくらい調子が悪かった日。
寝る前に部屋中にラベンダーの香りをただよわせて一晩。

次の日、不快な症状がなくなって、スッキリ。もう、びっくり。
それがきっかけで、アロマセラピーの世界に足を突っ込むことになりました。


えつこさんが学んだロンドンのアロマセラピーの学校は、
ホリスティック スクール オブ アロマセラピー(Holistic School of Aromatherapy)。

そこで、

  解剖生理学
  マッサージ理論、実技
  アロマセラピー理論(60種類の精油について学ぶ)
  精油の化学
  アロマセラピー実技

について学び、授業で約220時間、実技や症例などを含めるとトータルで
400時間以上の実績を積んだそうです。


アロマセラピーと聞けば、

 「香りでリラックス」

というイメージが強いのではないでしょうか。
でも実は、

 「精油の分子が嗅覚を通して脳に直接刺激を与え、マッサージすることにより
  精油が皮膚と血管を通して体内に入り血行を促進することで
  ストレスを軽減し、免疫を高め、本来人間が持ち備えた自然治癒力を高め、
  体の不快な症状の改善を促す。」

というのが、アロマセラピーの本来の姿です。

また、アロマセラピーで行われるマッサージは、日本ではトリートメントと呼ばれます。
「アロマセラピートリートメント = アロマセラピーによるマッサージ」 です。

とっても奥が深いです。

       注)精油の効力は、精油のブレンドの比率や個人の体質などに
         よって差がありますので、期待通りの結果が得られない場合もあります。

イギリスのアロマセラピーのスタイルは、 マッサージ+精油のブレンド。
だから、解剖生理学やマッサージ理論、実技が不可欠。

えつこさんが実践しているイギリススタイルのアロマセラピーは、

  「漢方薬を処方するかのように、個人個人の体調、精神状態にあわせて
   精油のブレンドを決め、それを全身マッサージに利用する。」

というもの。日本は、このイギリススタイルをとっているらしいです。

かたや、フランススタイルはというと、

  「医者が精油を処方箋として出し、薬として飲む。
   そのため、アロマセラピストになれるのは医療従事者のみ。」

国によってアロマセラピーのスタイルが違います。


「じゃあ、アメリカでアロマセラピーってどうなのよ?」

                       ということで、明日に続く。



Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ