スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語表現(タティングレース)
私が教えている タティング教室 RKTatting では、
英語表現を基準にして日本語表現についても説明しています。


タティングレースは、もともと西洋文化であるため、
その情報ソースは、英語などが多いです。

日本で、タティングが説明される場合、
その元の英文などが翻訳されます。

今まで、英語ベースでタティング関連の用語を見てきたので、
日本語に訳されている一部の用語の中には、
違和感のある日本語訳があったりします。


もともと、タティングの用語は、「同じこと」であるにもかかわらず、
複数の呼び名があることがあり、そのためか、
その翻訳された言葉にも、ばらつきがあるようです。

例えば、英語で、 Lock join (ロックジョイン)と表現されているもの。

つないだ後、固定されてしまうため、Lock (ロック)と
名づけられたのではないかと思います。

ちなみに、普通のジョイニング(Joining or Join)は、
ブリッジ(左手の人差し指と中指の間に張られた糸)を
引き抜く普通のつなぎ方で、つないだ後は、
次のステッチを作り終えるまで固定されません。


Lock join (ロックジョイン)は、シャトル糸を引き抜くジョイニングであるため、
Shuttle join (シャトルジョイン)という表記もありますが、
大抵、Lock join (ロックジョイン)と表記されているのが普通です。

このLock join (ロックジョイン)が日本語に訳されるとどうなるかというと、

「シャトルつなぎ」
「ロックつなぎ」
「重ねつなぎ」

という具合になります。

--11/12/14 update start --------------

「重ねつなぎ」は、見た目はロックジョインのようですが、
実は、普通のジョイニングです。

オニオンリングを作るときに使われる
ジョイニングの方法を、「重ねつなぎ」と呼ぶようです。

--11/12/14 update end --------------


普通のジョイニング(Joining or Join)は、

「つなぐ」
「ピコつなぎ」

などと訳されているようです。

(これらのほかにも、違う表現の日本語訳があるかもしれません。)


パターン本製作者によって表記が異なるため、
同じ内容であるにもかかわらず、初心者にとっては混乱のもとです。


このような問題がおきないためにも、今後の課題として、
新しいパターン本を発刊する場合は、他の呼び方も
一緒に記載するなどの対応を、お願いしたいものです。


参考)
02/17/12 ジョイニング(1)
12/02/10 目数を数える-ジョイニングの場合
02/23/12 ジョイニング(2)
09/15/11 最初と最後のリングをつなぐ
03/01/12 ジョイニング(3)
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。