クルマの買い足し
夏休みもそろそろ終わり。
長女は大学3年目が始まろうとしています。

専攻が、Elementary Education で、
今年から小学校での研修がはじまるらしく、
そのスケジュールが、1st semester は、週に2~3回、
2nd semester は、ほとんど毎日、小学校に通うことになるとか。

バスで移動すると30分(以上)かかるけど、車だと15分位らしい。

小学校での研修に加えて、大学での授業やバイトが入るため、
かなりタイトなスケジュールで、移動時間節約のために
大学と小学校の移動に車があったらいいなあ・・・
でも、買う金は無い・・・と長女。

今、うちが持っている車は、

TOYOTA シエナ(Sienna) 2002
TOYOTA カローラ(Corolla) 2006

どちらも、10年以上使ってますが、
メンテナンスをきちんとやっているので、
まだまだ使えます。さすが日本車。

TOYOTA カローラ(Corolla) 2006 だと
中古車販売店では、$5000~$7000くらいで売っていて、
クルマ買い替えで下取りに出すとしたら、$3000くらいで
引き取ってくれるようなので、

バイトで稼いだ$3000で長女が買いとったことにして、
カローラを長女専用車にして、その$3000を新しい車の
費用にあてることで、手打ち。

長女が使う11年物のカローラの代わりに、
新しく車を一台買い足すことにしました。

で、7月中は、ひたすら車選びに時間を費やしておりました。

選定基準は、

*安全性
*燃費
*4輪駆動
*子供たちは、カローラくらいの小さい車希望。
*だんなは、SUVのような車高の高い、大きな車希望。

ところで・・・

アメリカでの速度制限は、この近辺だと
住宅街でも 25mph(時速40km)、
住宅街を出れば、45mph(時速72km)~55mph(時速88km)
高速道路は、65mph(時速104km)~
(*およその速度です)


日本でいうと、毎日高速使っているようなものでしょうか。おまけに、
1車線の幅が広いとはいえ、対面2車線で45mph(時速72km)という道が結構ある。

つまり、道路事情が日本とはかなり違います。

以前持っていたカローラ(ワゴン)は、
ピックアップトラックに後ろから突っ込まれて廃車になり、
今のカローラ(セダン)に買い替え。それが2006年のこと。

今回、その11年物のカローラを、長女専用車にすることに。

シエナは、買って1か月目にぶつけられ、
今から1年ほど前に、走行中にぶつけられました。
良く走ってくれてるけれど、2回も修理に出した傷物です。
事故車は、下取り価格も下がるので、15年物の古いシエナは、
いくらにもなりません。

だから、シエナは動かなくなるまで使い倒すことにしています。
(5年後くらいには買い替えを検討することになると思いますが。)

アメリカではクルマは移動手段だから、
我が家にとっては、安全に移動できて、
長く使えて故障が少なくて、燃費の良い事が一番。
贅沢品の高級車は論外。

カリフォルニアからシカゴ郊外に引っ越してきてからは、冬場の雪が難儀。
うちの前の道路とガレージ前のドライブウェイは、なだらかな坂。

雪がとけて道が凍った日には、FWDのカローラとシエナは、
ドライブウェイの途中で止まってしまうと、つるつるすべって前へ進まないので、
ちょっと後ろに下がって平らなところから少し勢いをつけて走り出し、
一気にガレージまで入らないといけなかったことが時々ありました。
(わかるかなあ、この状況)

除雪車が割と早く除雪してはくれるものの、
出かける時までに除雪が間に合わない時もあり、
そういう時は、除雪されているメイン道路に出るまで
運転するのがちょっと怖い。

雪の降り始めとか、雪が多いときなどは、道路のコンディションが
最悪なので、運転もめちゃくちゃ怖い。
そういう状況でも、35mph(時速56km)くらいでみんな走ってるからね。

だから、今度車を買うときは4輪駆動がいいなと思っておりました。


4駆と言えば、SUV。

だけど、SUVは、どれもこれもでかい。
だんなは喜ぶけど、子供たちと私には不向き。

以前から気になっていた、「雪道に強い」と評判のスバル。

全車4駆らしいので、どんな車があるかUSAのサイトを見てみると、
クロスオーバーSUVがあるではありませんか。
しかも、選定基準にばっちり合う2018年グレードアップするのが。

SUBARU Crosstrek 2018。

日本でも、「SUBARU XV」で売り出されたばかりのようで、

日本の自動車評論家という方たちの評価もすこぶる良し。
アメリカのコンシューマーレポートの評価もとっても良し。

試乗した動画を見てみましたが、見てるとこっちまで
運転したくなってくるような魅力あり。

日頃、「クルマは移動できれば良し」と思っている
運転嫌いのこの私が、「これ運転してみたい」と初めて思った車。


他の候補の車とともに、Specやクルマの大きさなどを十分に検討。

実際に大きさなどを見てみたいので、7月末の週末に、ディーラーめぐり。

いくつかディーラーをまわった後、最後にSUBARUに寄って、
2018年モデルは、まだ現物がないから、Crosstrek 2017 を試乗。

で、結局、Crosstrek 2018 を発注しました。

長女と次女の大学費用も確保しておかないといけないし、
5年後くらいに、シエナを買い替えの可能性もあるので、
予算も限られます。sales tax も 10% だし。

ということで、2018 Crosstrek 2.0i Premium  に、

* Maker Option :
  EyeSight + Blind Spot Detection/Rear Cross Traffic Alert

* Splash Guard

をつけて、安全性重視の仕様。

アメリカの標準装備の仕様は、日本のものとはちょっと違うけど、
日本でいうところの「2.0i-L アイサイト」に一番近い仕様でしょうか。

納車まで、6weeks ~ 8weeks という事なので、
手元に来るのは9月中旬から下旬ごろ。

待ち遠しい…。
Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ