FC2ブログ
大腸内視鏡検査(8) 術後の検査
1月29日の術後、日帰り手術の執刀医Dr.R に
会ったのが2月8日。腫瘍の生検結果を聞き、
投薬は必要ないだろうという事で、一安心。

でも、経過観察のために血液検査などを
受ける必要があるので、oncology(腫瘍学)専門の
Dr.SK のところに送られることになり、
そのアポが2月21日。

で、21日当日、Dr.SK のオフィスで
大量のペーパーワークを終えて、
普通のチェックアップのような診察の後、結局、

*投薬は、必要なし。
*血液検査を受ける。
*尿検査を受ける。
*CTを6か月後にもう一度撮る。
*CTの結果が出る頃くらいに、Dr.SKのアポを入れる。

という事になりました。


血液検査は、その場で採血して検査結果も
すぐに出たので、特に問題なく終わり、

6か月後のCTと再来院のアポは、
Dr.SK のオフィスで、すでに予約済み。


ところが、尿検査は、ホルモンの値を検査するために、
24時間おしっこ収集しないといけないらしく、
「保存用のボトルをもらって、24時間おしっこ集めた後に、持ってきてね。」
とのこと。


帰りに、その保存用ボトルを、家の近くの別の病院に
取りに行くと、ドーンと渡されたのが、
オレンジ色のボトルとおしっこ集め用の受け皿。
bottle-bowl

これを透明な大きなビニールバッグに突っ込んで、
「はい」っと渡される。

一応、プライバシー配慮のためのオレンジ色???
それとも、飲料水のボトルと間違えないようにするためか???
 
中身は見えなさそうだけど、すごい目立つボトル。
ボトルの外側に刻んである目盛りは3000だから、
最高3リットルまで入れられるらしい。

おしっこ集め用の受け皿は、最初はどうやって使うのかと
思ったけど、洋式便座の上にのせて使うのね。こんなふうに。
bowlonseat

これで、もれなく集められて、
どんだけ出たかもわかる、
けっこう便利な代物。

子供のトイレトレーニングの時の
”おまる”を思い出すのは、私だけ?

ビニールバッグに一緒に入れてあった説明書を読んでみると、
「集めたものは、腐らないように冷蔵庫や冷暗所で保管しておいてね。」

さすがに冷蔵庫におしっこ入れるのは、はばかられるので、
小さいビニール袋に水を入れてきつく縛って氷を作り、
それをボトルの周りに置いてできるだけ冷やすようにして、
トイレやガレージで保存。

かくして、日曜日から月曜日にかけての
24時間おしっこコレクションの後、すぐに、
病院にボトルを持って行ったのでありました。

これでやっと、病院通いが終わる~。



ちなみに、マモグラフィーで引っかかった後の、
2月の左胸のウルトラサウンドの再検査は、
結局、「4mm の何か」は大きくも小さくもならずで、
またまた、6か月後に再再検査。


だから、次は、6ヵ月後に、
*左胸のウルトラサウンドの再検査
*おなかのCT

一段落したけど、まだビミョーに続く・・・。

ということで、次回からは、支払った医療費について。

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
プロフィール

 りょうこ

Author: りょうこ
★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

1994年、夏、
 カリフォルニアにやってきて、
2009年、夏、
 カリフォルニアからシカゴへ移住。

節約をこよなく愛す普通の主婦です。
ダンナ1人、娘2人の4人家族

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

タティングレースを教えています。

シカゴ郊外北西部にお住まいで
タティングレースに興味のある方は
 RKTatting@gmail.com
までお問い合わせください。

★..:*:..☆..:*:..☆..:*:..★

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ